袖ケ浦市郷土博物館 車椅子からみたバリアフリー情報

袖ケ浦市郷土博物館 車椅子からみたバリアフリー情報

千葉県袖ケ浦市の「袖ケ浦市郷土博物館」は、古い施設ながら車椅子で利用できる袖ケ浦の歴史と文化を知る博物館です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

 

・大きくて立派な無料施設

袖ケ浦公園内の「袖ケ浦市郷土博物館」は入館無料の施設です。正確な開館年は不明ですが、かなりの歴史を感じる建物です。

この種の施設として、大きくて立派なハード構造。建築面積で約2,000㎡あります。

2フロア構造で「歴史展示室」「民俗展示室」「情報展示室」「産業展示室」などがあります。

袖ケ浦市郷土博物館

・古いながらもバリアフリー

おそらく、開館後に改装されています。

エントランスへの段差はスロープで解消され、最初のドアこそ手動ドアですが、二つ目のドアは自動ドア。館内はフラット構造。エレベーターあり、障害者用トイレあり。

車椅子での利用に大きな問題はないレベルの、バリアフリーが確保されています。

 

・「祝い膳」など食事の展示が面白い

各地の郷土博物館と比較して、面白い企画だと思ったのは「祝い膳」や葬儀の際の精進料理など、特別な「食事」に関する展示。この地方の文化として「七五三祝い膳」「節句の祝い膳」など、サンプル食材によって食事を再現した数多くの展示が「民俗展示室」にあります。どの食事にも「巻きずし」があるのが千葉らしい。残念ながら撮影禁止なので写真はありません。

袖ケ浦市郷土博物館

・障害者駐車場はエントランス前

アクセスは車が便利。身体障害者専用の駐車場がエントランス前に用意されています。

一般駐車場の先へ進み、狭い坂道を下り車で郷土博物館前へ。博物館のエントランス入口には車両通行止めのポールがありますが、そのままエントランス内に車で入ります。

特に駐車区画のない前庭のような空間に適切に駐車する方式です。空いていれば問題ありませんが、混んでいたら駐車場所は博物館スタッフの指示を受けてください。

 

・公園の散策拠点にも

博物館スタッフの話によると、袖ケ浦公園の「上池」の周囲は、なんとか車椅子でも周回できる散策路になっているそうです。今回は冬場で寒かったために散策しませんでしたが、ここは桜の名所で開花の季節はお薦めのコースということ。車椅子での公園散策の拠点にもご利用ください、というスタッフのお話がありました。

 

「袖ケ浦市郷土博物館」は、外観の印象よりもバリアフリーな施設です。エントランスまで車で来れば、車椅子での利用に大きな問題はありません。