サッポロビール千葉ビール園 車椅子バリアフリー情報

サッポロビール千葉ビール園 車椅子バリアフリー情報

千葉県船橋市の「サッポロビール千葉ビール園」は、車椅子で出来たてのビールを楽しめるレストランです。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2017年12月の取材に基づいています。

サッポロビール千葉ビール園

・障害者用駐車スペースは工場内に

ビール工場に併設された「サッポロビール千葉ビール園」。車椅子での利用は可能です。ビール園は「銀座ライオン」が運営しています。

アクセスは車が便利。一般駐車場は工場に隣接した敷地外にあり、障害者用駐車区画の設定はありません。

障害者用駐車区画は、工場内の一般車両進入禁止印の先です。守衛所で申告相談してください。

障害者用駐車区画に停めれば庇の下なので、雨の日でも濡れずにビール園に行くことが出来ます。

サッポロビール千葉ビール園

・エレベーターとトイレあり

レストランは2F。1Fエントランスは、2段階のドアがあり、1枚目は手動ドア、2枚目は自動ドアです。

施設はあまり新しくはなく、全般的に設備は旧型です。

エレベーターは小型サイズ。

2Fの障害者用トイレは、やや狭い設計。

それでも、通常の車椅子での利用には大きな問題はありません。

サッポロビール千葉ビール園

・店内は可動式テーブル席

BBQとビールが自慢のレストランです。

2F店内の床はフラット構造。車椅子での移動に大きな問題はありません。

テーブルと椅子は可動式なので車椅子での利用は基本的には可能です。

ただし、テーブルは縦長に配置され、且つ通路幅にそれほど余裕はないので、窓際の席まで車椅子で進む場合、途中の席の人に椅子を引いてもらう必要があります。

店内を見わたして、利用しやすい席を希望してください。

サッポロビール千葉ビール園

・南極観測船を眺めながらビールを味わう

海沿いの工場です。

隣接する岸壁には三代目南極観測船「SHIRASE」が係留中。2008年の引退後引き取り先がなく、いったんは解体されることがきまった「しらせ」。紆余曲折の末、現在はここで余生をおくっています。

「しらせ」から「SHIRASE」へ、標記は変っています。

サッポロビール千葉ビール園

・車椅子での工場見学は制約有り

工場では有料の工場見学が行われています。

そのコースには「SHIRASE」船内見学がありますが、車椅子では無理です。

サッポロビール工場からは、車椅子での工場見学希望の場合は事前にご連絡ください、というご案内があります。ご自身やご家族の障がいの状況を相談の上、見学を予約してください。

サッポロビール千葉ビール園

「サッポロビール千葉ビール園」は、やや施設は古いですが、車椅子で楽しく食事ができます。