新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

全天候型イベント広場が完成して一般開放されました。同時に住友ビルのB1から2Fまでが大規模リニューアル。新しい店舗、障害者用トイレ、そして地下鉄連絡通路が誕生しました。

ただし、車椅子での利用は簡単ではありません。新しく生まれ変わった新宿住友ビル商業フロアのバリアフリー状況を紹介します。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇周囲からのアクセスルート

西新宿は街そのものが段差構造で、車椅子での移動に苦労します。三角広場の開発に伴い、高低差がある西側「都庁通り」と東側「議事堂通り」の高さに車椅子で移動できるエレベーターがそれぞれ新設されました。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

南側「中央通り」からのアクセスルートは、三角広場の正面エントランスは変わらずに階段です。

従来通り、東隣の「新宿三井ビルディング」との間、「議事堂通り」の下にあるスロープ路からです。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

そこから三角広場にはいるドアは、自動ドアです。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇三角広場の概要

住友ビルを囲むように配置される広場の総面積は3,250㎡。高さは最大25m。最大収容人員は約2,000人と公表されています。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

広場に面して新しいグルメ店が5店舗誕生しています。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

こんなオブジェがあります。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇B1商業フロアへのアクセス方法

住友三角街が大規模リニューアルされ、18店のグルメやショップが営業し、住友ホールが整備されました。障害者トイレは2カ所。フロアとしてバリアフリーです。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

B1に行く一般エレベーターは1基だけです。1Fと地下駐車場までを結ぶ、緑のエレベーターです。箱のサイズが小さいエレベーターで、一般的なサイズの車椅子がギリギリで入る大きさです。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇地下鉄への連絡通路

B1から東京メトロ「西新宿駅」と都営「都庁前駅」に直結する地下ルートが誕生しました。ところがどちらも階段またはエスカレーターで、エレベーター及び段差回避スロープはありません。車椅子では利用できない連絡通路です。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇2F商業フロアへのアクセス方法

2Fに3店舗が誕生しました。一般ルートは1Fからエスカレーターです。

2Fに行く一般エレベーターはありません。車椅子では全フロアをつなぐ業務用エレベーターを利用します。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1Fの乗り場はドアが解放されていますが、2Fは手動ドアを押し開けて、商業スペースに出ます。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

全フロアをつなぐので、その気になればこの業務用エレベーターでB1に行くことは出来ます。内装はくたびれたエレベーターですが、箱のサイズは大型です。

 

〇高層レストラン街などへのアクセス方法

高層階への移動は、従来と変わらないエレベーターの利用です。三角広場の一般開放にあわせて、高層レストラン街も新店舗が開業しています。

新宿住友ビル三角広場 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

三角広場は2,000人を収容する大空間です。この開発により新宿住友ビルは、以前よりはバリアフリーになりました。しかし、連絡通路の段差、エレベーターの不備の問題はあります。新宿住友ビルは、リニューアル後も、簡単には車椅子で利用出来ない課題が残りました。

(本稿は2020年7月に執筆しました)