ふなばし三番瀬海浜公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ふなばし三番瀬海浜公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」は、車椅子利用への配慮がある施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

ふなばし三番瀬海浜公園

○公園全体のバリアフリー状況

都心から一番近い潮干狩り場として有名な公園です。車椅子での潮干狩りは無理がありますが、バリアフリーな施設がある海浜公園です。

ふなばし三番瀬海浜公園

管理事務所棟の中には車椅子で利用できる「環境学習館」があります。

ふなばし三番瀬海浜公園

芝生広場、噴水広場などがあり、フラットな舗装散策路が整備されています。

ふなばし三番瀬海浜公園

海を臨む展望デッキはエレベーターがあり、車椅子で利用できます。

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」

○障害者減免制度

アクセスは車が便利です。来園者用の有料駐車場があります。障害者用駐車区画は、管理事務所棟の近くに2台分用意されています。

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」

駐車料金は障害者減免制度があり、無料に減免されます。一回の利用につき一律料金制で、駐車場入庫の際に駐車料金を支払います。

入庫時にいったん駐車料金を支払い領収書を発行します。領収書と障害者手帳を管理事務所の受付に提示して、現金還付を受ける運用です。

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」

「環境学習館」は障害者本人と介助者1名の入館料が無料に減されます。学習館入口の受付で手帳を提示する運用です。

千葉県船橋市の「ふなばし三番瀬海浜公園」

○展望デッキのバリアフリー状況

車椅子で「ふなばし三番瀬海浜公園」に出かけたら、是非利用したいのはバリアフリーな展望デッキです。東京湾最奥部の1,800haにわたる水深5m以下の浅瀬「三番瀬」と、「関東の富士見百景」に選ばれた風景を楽しむことができます。10月と2月には、気象条件に恵まれればダイヤモンド富士が観られます。

ふなばし三番瀬海浜公園

展望デッキは3フロア構造です。エレベーターが1基あり、2F・3Fの両展望デッキを車椅子で利用できます。

ふなばし三番瀬海浜公園

3Fのデッキは何もない広々した空間です。フラット構造で、車椅子で問題なく利用できます。

ふなばし三番瀬海浜公園

2Fデッキは屋内部と屋外部があります。

ふなばし三番瀬海浜公園

エレベーターを下りると屋内部に出ます。ここには車椅子で利用しやすい可動式フリーテーブル席が用意されています。

ふなばし三番瀬海浜公園

屋外部に出ると、固定テーブル席が配置されています。このテーブルは車椅子の足が入らないタイプです。

ふなばし三番瀬海浜公園

展望デッキのエレベーターは、両サイドに開閉扉があるタイプで、1Fと2F・3Fは反対側の扉が開きます。したがって1Fから乗って、2Fまたは3Fで降りる場合、車椅子の向きを変えずに直線的に乗降できます。

ふなばし三番瀬海浜公園

○環境学習館のバリアフリー状況

環境学習館は2フロア構造で、車椅子で問題なく見学ができるバリアフリー施設です。対象は小学生で、子供向きの展示内容です。

ふなばし三番瀬海浜公園ふなばし三番瀬海浜公園

「ふなばし三番瀬海浜公園」は、車椅子で展望デッキからの眺望が楽しめる公園です。

ふなばし三番瀬海浜公園