清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

山梨県北杜市清里にあるバリアフリー美術館です。アクセスは車が便利。山中奥深くまで、一部区間は細い道を進む行程です。車椅子から見た現地のバリアフリー状況を紹介します。

○モダンなデザイン建築

1995年に開館した美術館です。宿泊施設とレストランが入る設計ですが、現在は使用されていません。美術館とショップ、そしてロビーや中庭があります。

エントランス横に来館者用無料駐車場があります。舗装路面ですが、デザイン上の問題で、ところどころにスリットがあり、車椅子の車輪が挟まる可能性があります。移動しやすい場所選んで駐車してください。障害者用駐車区画の設定はありません。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

建物全体がデザイン建築です。館内に入る前に、無理のない範囲で、建物の外観を見学することをお薦めします。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○ロビーから中庭を楽しむ

施設全般老朽化現象はありますが、エントランスから館内にかけてフラットな構造で車椅子での利用に大きな問題はありません。

エントランスの造形は独特のデザイン言語。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

館内に入ると、すぐ左側に古い巨大なカメラ機が展示されています。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

正面には広いロビーがありフリーテーブルが配置されています。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

その奥に清里の自然を感じる中庭が広がります。手動ドアを開け、小さな段差を越えれば、車椅子で庭に出ることが出来ます。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

障害者用トイレはロビーの右側奥にあります。広さは一般的なサイズで、ウォシュレット付き、ユニバーサルベッドはありません。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○展示室のバリアフリー状況

「清里フォトアートミュージアム」の観覧料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。ロビー左手の受付で手帳を提示して入館手続きを行います。

展示は展示室とロビー空間を連続して利用しています。ワンフロアで全く段差のない構造なので、車椅子で問題なく鑑賞できます。

今回取材時は「密」が気になるような混雑状況ではありませんでした。

展示室の出口が、小さなミュージアムショップになっています。

清里フォトアートミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

冬季は休館になります。「清里フォトアートミュージアム」は、車椅子で観覧できるバリアフリー美術館です。

(本稿は2020年8月に執筆しました)