車椅子で行く神田~ニコライ堂バリアフリー情報

ニコライ堂

神田駿河台に建つ「ニコライ堂」は車椅子で見学できます。車椅子での見学方法と、ニコライ堂に関する予備情報を紹介します。

 

○坂道に建つ協会

ニコライ堂は御茶ノ水駅から徒歩2分、小川町から徒歩7分と紹介されています。距離的には駅から近いのですが、坂道の途中にあり、御茶ノ水方面からは下り坂、小川町方面からは上り坂です。頑張れば車椅子で移動できますが、それなりの傾斜がある坂道です。

また現時点では御茶ノ水駅のバリアフリー改修工事は未完成で、車椅子では利用しにくい駅です。

ニコライ堂

○身体障害者は駐車場が利用可

ニコライ堂には信徒専用の駐車場があります。一般見学者は利用できませんが、身体障害者に限り利用可能です。必ず事前に利用を申請して許可を受けてください。また日時によっては利用できないことがあります。

 

○見学時間は午後

見学可能時間は13時から、夏季は16時、冬季は15時30分までです。拝観献金は一人300円。入口に拝観料を入れる箱がある無人対応なので、お釣りは出ません。ニコライ堂○入口にスロープあり

教会入口は階段です。車椅子利用者は近くにいる教会関係者に声をかけてください。スロープルートに案内していただけます。

 

○見学可能場所は入口周辺のみ

聖堂の中で一般見学者が立ち入れるのは、出入口付近の一部だけです。ドームの下のお祈りの場所は、信徒だけの世界です。見学エリアはフラットなので車椅子で移動できます。ロープが張られているので、立ち入り可能ゾーンは解り易く間違えることはありません。ニコライ堂○教会内部の様子

聖堂の中には数多くの聖人の「イコン」があります。ひとつひとつ、じっくりと見る価値があります。また聖堂の内装もドームやテラスなど見るべきものが多々あります。

使われている十字架は「八端十字」。スラブ系の正教会で使われる十字で、一般的なラテン十字架ではありません。ニコライ堂

○教会の名称

ニコライ堂は通称です。正式な名称は「東京復活大聖堂教会」で「正教会」の教会です。正教会は一か国にひとつの正教会組織を作ることが原則で、この協会は「日本正教会」の教会。さらに「日本正教会」の中心となる教会である「首座主教座大聖堂」でもあります。全国にある“〇〇ハリストス正教会”のトップの教会です。ちなみに「ハリストス」とは、キリストのギリシャ語読み。正教会を「ギリシャ正教会」「東方正教会」と呼ぶのは、正しい別称です。

 

○教会の歴史

大聖堂が竣工したのは1891年。その後、1923年の関東大震災でドームや鐘楼が崩落し、火災が発生。建物は、ほぼ壊滅状態になりました。

1929年に復興。太平洋戦争の空襲では喪失しなかったため、現在の建物はこの1929年に復興されたものです。国の重要文化財に指定されたのは1962年のことです。

 

見学が出来る範囲は狭いですが、ニコライ堂は車椅子で聖堂内部を見学できます。