山梨市 根津記念館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

山梨市 根津記念館

東武鉄道などの社長を務め「鉄道王」として知られる実業家、初代根津嘉一郎氏の実家である根津家一族の屋敷が、「根津記念館」として公開されています。住所は山梨県山梨市正徳寺。周囲の住居の多くは「根津」の表札がかかっています。

昭和7年から10年にかけて整備された屋敷なので、基本構造はバリアフリーではなく、車椅子ではすべてを見学することは出来ません。しかし平成15年から5年の歳月をかけて再整備された施設なので、部分的にはバリアフリー化されています。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

山梨市 根津記念館

〇単なる生家ではない

根津嘉一郎氏は万延元年(1860年)に甲斐国山梨郡正徳寺村の農家に生まれました。根津記念館の屋敷が整備されたのは1932年から。したがって嘉一郎氏が72歳のときです。生まれ育った生家、そのままの姿ではありません。

施設の解説によると、この屋敷には3つの機能があります。第一は「迎賓館」。「青山荘」がその中核施設でした。第二が「地主経営の場」。大地主であった根津家の仕事場として役割。そして第三が「居住空間」です。

山梨市 根津記念館

3つの機能を有する屋敷を実際に整備したのは、甥の根津啓吉氏。嘉一郎氏は「関与した」と紹介されています。そして2003年に、根津家から山梨市に寄贈され、2008年から根津記念館として公開されています。

山梨市 根津記念館

〇アクセス方法

徒歩圏に駅はありません。山梨市駅からタクシーで5分の案内です。

来館者用の無料駐車場があります。

山梨市 根津記念館

場所は記念館の裏側。普通車25台、バス2台を収容します。身障者用駐車スペースは1台分。もっとも記念館よりの場所に屋根なしで用意されています。

山梨市 根津記念館

車で来館される場合、記念館北側の道路は狭いので運転に注意してください。対向車とのすれ違いに苦労する道幅で、両脇には蓋のない用水路があります。大型バスは記念館南側からのアクセスになります。

駐車場から記念館の入口までは、100ⅿほどの距離があります。

山梨市 根津記念館

〇長屋門周辺のバリアフリー状況

駐車場から記念館外側を約三分の一周して入口に向かいます。入口は国登録有形文化財「長屋門」です。正面からみて門の右側に受付窓口があります。

根津記念館は有料の施設ですが、観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付に障害者手帳を提示して減免措置を受けます。

長屋門の周囲は舗装路面で、段差はありません。車椅子で問題なく入館できます。

山梨市 根津記念館

〇館内の舗装路面は2系統

根津記念館内の路面は、車椅子がひっかかるタイプの砂利路面です。場所により砂利の深さに多少の違いはありますが、ほとんどの場所で車椅子のタイヤがスタックして動かなくなりました。砂利路面に突入する場合は、前輪を浮かす、あるいはバックで進むなどの工夫が必要です。

長屋門から先の砂利路面には、2系統の舗装通路が整備されています。まっすぐに伸びる舗装通路は屋敷の玄関前まで。左に伸びる舗装通路は展示棟「八蔵」の入口付近まで整備されています。

山梨市 根津記念館

〇バリアフリートイレの状況

バリアフリートイレは、長屋門から左に伸びる舗装通路の先に独立棟で用意されています。外見の印象よりも内部は綺麗です。

山梨市 根津記念館

トイレ内はスペースに余裕があり、設備は新しくフル装備です。ただしユニバーサルベッドはありません。

山梨市 根津記念館

〇展示棟「八蔵」のバリアフリー状況

トイレの先に「旧第八倉庫」の外観と内装を再現した展示棟「八蔵」があります。

八蔵への入口に4段あります。その先まで進むと、段差回避スロープ構造になっている施設です。

山梨市 根津記念館

しかし、舗装通路が段差入口までしか整備されていません。そこからスロープ地点までは、車椅子で砂利路面を通行しなければなりません。この箇所の砂利は深く、通常走行ではすぐに車椅子が動かなくなりました。様々なテクニックを用いて何とか砂利路面をクリアしましたが、砂利が苦手な人は通行が難しいかもしれません。帰り道も同じルートです。

山梨市 根津記念館

段差を回避して入口まで行ければ、展示棟「八蔵」内はバリアフリー仕様です。展示室は常設展示室と企画展示室があり、根津嘉一郎氏の人生を知ることができます。常設展示室の入口に展示されているピアノは、嘉一郎氏が山梨の全ての小学校に寄贈したピアノの1台ということです。

 

〇土蔵の状況

八蔵の段差回避スロープがある正面に「土蔵」があり、土蔵内に根津家に関する資料が展示されています。

土蔵の入口までは、深い砂利路面を通行しなければなりません。また土蔵は段差構造です。車椅子では、無理をせずに、八蔵付近から外観を見学することをお薦めします。

山梨市 根津記念館

〇旧主屋の状況

長屋門から正面に伸びる舗装通路を進むと、旧主屋および青山荘の玄関手前につきます。

山梨市 根津記念館

その先の玄関までのアプローチが、幅が広い段差構造です。段差の高さは低く、段差と段差の間が、車椅子が着地できる幅があるので、一段ずつ車椅子で段差を乗り越えて玄関まで行くことができました。

しかし車椅子ではここまでです。玄関内は段差構造で、スロープはありません。旧主屋と青山荘の内覧が根津記念館の見どころですが、現時点では車椅子対応はありません。

山梨市 根津記念館

〇庭園の状況

青山荘側に庭園が築かれています。庭園に直接入ることができる通路は、大きな岩が敷かれたデコボコ路で、かなり無理をしないと車椅子で通行できません。

山梨市 根津記念館

庭園の手前、長屋門の右側の広いスペースに、「初代根津橋の親柱」「旧主屋の基礎」などが展示されています。この一帯は砂利路面で舗装通路はありません。車椅子では無理のない場所からの見学になります。

山梨市 根津記念館

〇ミュージアムショップの状況

長屋門の正面からみて右側に、門の構造をそのまま活かしたミュージアムショップがあります。ドアは木製で手動。ドアの下には小さな段差がありますが、車椅子で乗り越えることができました。

山梨市 根津記念館

ショップ内では、根津記念館あるいは東京の根津美術館の紹介ビデオが放映されています。またオリジナルポストカードや山梨の名産品などが販売されています。床面にデコボコはなく、通路は車椅子が通行可能な幅なので、その気になれば車椅子で買い物ができるショップです。

 

車椅子での見学には制約がありますが、根津記念館は観覧料の障害者減免制度があり、バリアフリートイレが整備されている施設です。

(本稿は2021年4月に執筆しました)