古代那須国を知る「なす風土記の丘湯津上資料館」バリアフリー情報

古代那須国を知る「なす風土記の丘湯津上資料館」バリアフリー情報

栃木県大田原市の「なす風土記の丘湯津上資料館」は、「那須国造碑」や「侍塚古墳」が点在する古代那須国の中心地に建つ資料館です。車椅子での観覧は可能のです。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年7月の取材に基づいています。

 

○古墳の横を通る

アクセスは車が便利です。那珂川と並行して走る国道294号線沿いにあります。

国道を挟んだ資料館の反対側に見える小さな丘は「下侍塚古墳」です。車から古墳が見えます。

古墳の横を通る

○駐車場のバリアフリー状況

敷地内には風土記の丘資料館の他に「大田原市歴史民俗資料館」があり、それぞれの建物の前に、障害者用駐車区画が1つ用意されています。

駐車場は無料で舗装路面のフラットな構造。駐車場から施設まで車椅子で問題なく移動できます。

駐車場のバリアフリー状況

○エントランスはスロープ

「なす風土記の丘湯津上資料館」のエントランスは階段ですが、段差回避スロープが用意されています。

出入口は自動ドアで床に段差はありません。

すぐに受付窓口があるので入館手続きを行ないます。有料の施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

 

○那須国造碑が建つ展示室

展示室はワンフロアに1室。入ると正面に「那須国造碑」のレプリカがあります。「那須国造碑」は国宝指定。西暦700年頃建立された碑です。江戸時代に旅の僧に発見されるまで、歴史の中で忘れられた存在でした。

 

○水戸光圀が調査

展示は、那須古墳群からの出品と、各古墳の紹介で構成されます。

「下侍塚古墳」が属する「侍塚古墳」は、「那須国造碑」の謎を解明するべく水戸光圀が発掘を指示した古墳群です。ゆえに「日本考古学発祥の地」といわれます。

このような知識が得られる資料館です。

個人利用に限り資料の写真撮影は一部資料を除き可能ですが、ネットへの掲載は許可が必要です。

 

○障害者用トイレ有り

資料館の中には、展示室の他に休憩コーナーを兼ねた資料室があります。

障害者用トイレ有り

その横の障害者用トイレが用意されています。

障害者用トイレ有り

「なす風土記の丘湯津上資料館」は、古代那須国の息吹を感じる施設。車椅子で利用できます。