奈良県庁屋上広場 車椅子で行く奈良公園 バリアフリー情報

奈良県庁屋上広場 車椅子で行く奈良公園 バリアフリー情報

奈良公園に隣接する奈良県庁は屋上が無料開放されています。県庁屋上広場は奈良市街を眺望するビュースポットして人気。車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年6月の取材に基づいています。

○奈良県庁の場所

県庁は近鉄奈良駅から東へ300mほどの場所。興福寺は南側に隣接。東側は奈良国立博物館に隣接し、その先は東大寺です。

奈良公園で鹿と遊び、大仏殿を見るコースのルート上にあります。

○問題なくバリアフリー

奈良県庁はとても立派な建物。その入口までのルートは、歩道から車道へ何度か渡りますが、ポイントでバリアフリー改修されて段差解消があり、県庁のエントランスまで車椅子で快適に移動できます。

県庁中に入るとすぐ左手に屋上行きエレベーターがあります。屋上も全域フラット構造。車椅子での利用に大きな問題はありません。県庁内には障害者用トイレがあります。

奈良県庁屋上広場

○五重塔をみるならココ

360°を眺望できる屋上広場です。

屋上に出た最初の向きは南。興福寺側です。興福寺の五重塔がよく見えます。

東向きでは東大寺や若草山。大仏殿はここからみても大きい。

北向きは奈良の市街地で、高い建物が全くありません。

西向きは平常宮跡や市街地、遠くには生駒山。奈良中心部を360°眺望しました。

奈良県庁屋上広場

○上の展望台へは階段のみ

屋上広場のエレベーターホールの上には、さらに高い位置の展望台があります。ここは階段のみで、車椅子では行けません。

上の展望台からは、絶対的な高さの違いではなく、屋上広場のふちが視野に入らないため、よりよい眺めに感じます。階段は2フロア分相当です。

○職員食堂を一般開放

県庁内の職員食堂は一般利用可能です。セルフサービスのカフェテリア方式。席自体は車椅子でも利用できる、一般的な稼働テーブルと椅子です。

屋上広場開放時間は原則平日が8:30、土日は10:00からで17時まで。例外の日があるので県庁HPで開放時間を確認して利用してください。