車椅子で行く丸の内~丸の内仲通りバリアフリー情報

丸の内仲通り

丸の内仲通りはイベント天国。歩行者天国になる車道はゴツゴツしたブロック舗装で車椅子には不向きですが、歩道は快適なフラット路面。バリアフリービル群に囲まれた快適なストリートです。恒例イベント、過去の面白イベントを題材に丸の内仲通りの魅力をご紹介します。

丸の内仲通り

○イベントの歴史は80年代から

丸の内仲通りは、丸ビルが再開発されるまではただのオフィス街だった、というイメージがありますが、アート系オブジェが設置された「丸の内ストリートギャラリー」は1972年スタート。そして歩行者天国「ランチョンプロムナード」は1985年から。この頃から歩行者天国を利用して各種のイベントが企画されました。バブル期前夜の時代から、イベント天国としての「丸の内仲通り」の歴史は始まっています。

丸の内仲通り

○大ブレークした「東京ミレナリオ」

丸の内仲通りが大ブレークしたのは、1999年の「東京ミレナリオ」。夜の丸の内仲通りが人波で埋まり、東京駅から歩行者の通行規制が敷かれたビッグイベントです。あの当時としては画期的なイルミネーション企画でした。

丸の内仲通り

人気ピークの頃は、あまりの混雑で車椅子では寄りつけないほど。東京駅からの規制されたアクセスルートは、途中地下からの階段ルートでした。まだ1999年は、現在のバリアフリー感覚とは違う時代です。

丸の内仲通り

○2000年代は「牛」の時代

2000年代に数回開催された「カウパレード」。大勢のアーティストが牛をペイント。それが丸の内のあちらこちらに展示されるという企画です。このペイント牛はオークションに出され、収益金は慈善団体に寄付されるという主旨。いまだに、思わぬところで、この企画の牛に出会うことがあります。

丸の内仲通りには多数の牛が展示。「カウパレード」は車椅子で楽しく牛を鑑賞できるイベントでした。

丸の内仲通り

○丸の内イルミネーション登場

現在まで続く恒例企画「丸の内イルミネーション」が始まったのは日韓ワールドカップが開催された2002年。2002年は再開発された丸ビルが開業。この年に丸の内仲通りは改修されて歩道が7mに拡充。そしてLED照明が一般化し、街路樹にイルミネーションを直接まきつける手法が導入されました。

丸の内仲通り

当初は大混雑した「丸の内イルミネーション」ですが、「東京ミレナリオ」の時とは違い、丸の内仲通りのインフラが整備されたので、車椅子では無理、というほどではありませんでした。それでも現在と比べれば、インフラ整備はまだ途上。LEDの輝きも劣り、消費電力は現在LEDの数倍必要でした。

進化した丸の内仲通りの「丸の内イルミネーション」は、現在では車椅子で最も快適に鑑賞できる、冬のイルミネーションイベントの一つです。

丸の内仲通り

○近年の恒例イベント

2004年にはオープンカフェ「アーバンテラス」を実証実験。

2008年からは花壇のイベント「東京丸の内フラワーウィークス」がスタート。

丸の内仲通り

2012年には有名人の彫像と座る「ベンチアートin丸の内」があり、その彫像の出来に賛否両論が起こりました。

丸の内仲通り

夏の恒例イベントとしては「丸の内de打ち水」や「東京丸の内盆踊り」。

スポーツ系では近隣事務所対抗「綱引き大会」や「リレー大会」。

他にエリアコンサートや大道芸。クラフト市の「丸の内ストリートマーケット」など。

丸の内仲通り

丸の内仲通りはイベント天国として大活躍しています。

丸の内仲通り

「オオテモリ」の開発後、丸の内仲通りは大手町方面へ延長されて定義されるようになりました。有楽町から大手町まで、再開発が進んだ先端バリアフリーエリアの真ん中を通る丸の内仲通り。どのビルからでも安心して車椅子でご利用ください。