益子町と真岡市を車椅子で巡る 栃木県のバリアフリーなドライブコース

益子町と真岡市を車椅子で巡る 栃木県のバリアフリーなドライブコース

陶芸の里「益子」、SLの街「真岡」には、車椅子で利用できるバリアフリーな観光スポットがあります。障がいのある家族と一緒にドライブを楽しめる、北関東自動車道の真岡ICを起点にしたバリアフリーなドライブコースを紹介します。

 

真岡鉄道SLキューロク館

真岡ICから約5km、真岡鉄道の真岡駅に隣接する無料施設です。無料駐車場があり、障害者用トイレの用意があります。

蒸気機関車と客車や貨車などが展示されています。車椅子での見学は可能です。車両に乗り込むのは階段なので車椅子では出来ません。

真岡駅舎の4FにはSLギャラリーがあり、真岡鉄道の歴史などが紹介されています。子供向きの展示が充実しています。

真岡鉄道SLキューロク館

 

久保記念観光文化交流館

SLキューロク館から約1km移動します。2014年に開業した施設で、記念館、美術館、物産館、イベントホール、レストランがあります。

明治大正昭和の真岡の繁栄を伝える観光施設です。この内「久保記念館」は、1Fと2Fとも、段差構造で車椅子では利用できません。

久保記念観光文化交流館

 

益子焼窯元共販センター

久保記念観光文化交流館から東へ約10km移動します。大きな狸がシンボルの陶芸の町益子の中心施設です。共販センターがある通りは「城内坂」で、益子焼のお店が多数並ぶメインストリートです。傾斜はなだらかな坂で、歩道が整備され車椅子で散策できます。

益子焼窯元共販センター

 

益子陶芸美術館

共販センター第三駐車場から急坂を上がります。距離は1kmほどですが、傾斜が強いので車で移動してください。途中に4か所ほど一般駐車場があります。美術館の正面入口前に、縦列駐車で2台分の障害者専用駐車スペースがあります。

美術館はバリアフリー仕様で、車椅子で観覧できます。観覧料は障害者減免制度があります。

益子陶芸美術館

 

道の駅ましこ

陶芸美術館から約7km、益子の郊外に移動します。2016年に誕生した道の駅で、段差のない構造です。

新鮮な農産物、美味しい加工品、地産地消レストラン、陶器をはじめ各種の工芸品などが豊富にあるバリアフリー施設です。

道の駅から北関東自動車道の真岡ICまでは、約10kmの距離です。

道の駅ましこ

車椅子で楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)