鹿沼市花木センター 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

産直・物産館もある 鹿沼市花木センター バリアフリー情報

栃木県鹿沼市の「鹿沼市花木センター」は、高低差がある3つのブロックに、複数のショップがある施設です。車椅子での利用にはコツが必要です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年2月の取材に基づいています。

○複雑なコンプレックス施設

実際に現地に行かないと、どういう施設なのか全貌が掴みにくい施設です。

花木の販売ショップ、産直ショップ、お土産ショップ、園芸ショップ、食事処、催事場、いちご園、温室、石材販売、梅園。これらが高低差のある敷地に、複雑に入り混じり点在します。

車椅子での利用にはコツが必要です。

鹿沼市花木センター

○トイレは低層部

エリアとしては大雑把に表現して、高低差がある3つのブロックに分類できます。道路と同レベルの高さのエリアを、仮に低層部と定義します。ここには「バス添乗員休憩室」「セリ場」「燈籠庭石販売所」と公衆トイレがあります。バリアフリートイレはここの公衆トイレに併設されています。

鹿沼市花木センター

「セリ場」は展示催事場。興味のあるイベントが開催されていればお立ち寄りください。

この低層部の中央がもっとも広い駐車場スペース。健常者はそこから階段で中層部へ向かいます。

鹿沼市花木センター

○各種ショップは中層部

一段高いブロックを中層部とします。このレベルにも狭いながら駐車場があるので、車椅子利用者は車で坂を上ってください。もっとも施設に近い場所が身障者用駐車区画になっています。

鹿沼市花木センター

中層部には「農産物直売所」「鹿沼物産館&売店」「園芸資材販売所」「温室」「鹿沼そば店」、屋外施設で「庭木販売所」などがあります。

直売所は小屋のようなお店。他の屋内ショップや温室のバリアフリーレベルは高くなく、手動ドアや小さな段差があります。それでも一般的な車椅子利用者なら、何とか利用できます。

鹿沼市花木センター

この中層部が「鹿沼市花木センター」の中心ブロックです。車椅子では少し苦労しますが、利用できます。

 

○高層部はイチゴハウス

施設内の山頂部にあるのは、観光イチゴ園「ベリーちゃんハウス」と、催事場の「緑の産業館」です。ここへは健常者でも低層部、中層部から車で移動する距離があります。上層部には駐車可能なフリースペースがあります。

「ベリーちゃんハウス」はバリアフリー対応ではない、昔ながらのイチゴハウスです。催事場はイベント開催時のみの開館になります。

○名産は「さつき」

花木のなかでも鹿沼の名産は「さつき」。周辺にも「さつき」を販売する園芸店が点在します。

「さつき」の盆栽は必見です。イベントが多頻度で開催されるので、スケジュールをチェックしてください。

「鹿沼市花木センター」は、全体的にはバリアフリーレベルは高くはありませんが、中層部のショップを中心に車椅子での買い物は可能です。