江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

東京都千代田区の神田明神は、車椅子で参拝ができる神社です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年3月の取材に基づいています。

神田明神

○車椅子でのアクセス

参拝者用の駐車場がありますが、収容台数が少なく利用できないことが多いので、近隣の有料駐車場の利用、徒歩でのアクセスをお薦めします。

本郷通り側から「隋神門」への参道はフラットです。門の近くの路面は、小さなコブになっている箇所があるので注意してください。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

裏参道は急な階段です。車椅子では通行できません。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

○境内のバリアフリー状況

2017年に境内の路面が全面舗装されました。車椅子で快適に境内の移動が出来ます。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

鳳凰殿を取り壊して「文化交流館」を新設したことにより、本殿への正面参道が広くなりました。

本殿の前は広場のような空間になり、それを取り囲むように「明神会館」、「文化交流館」、本殿の裏側に「資料館」があります。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

「御神殿」前までフラットな舗装路面を通り車椅子で行くことが出来ます。

参拝場所は段の上です。車椅子では段の手前からの参拝になります。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

○文化交流館のバリアフリー状況

2018年12月に開館した「文化交流館」の概要です。地上4階、地下1階の構造で、1Fの外側にお札やお守りの「授与所」、祈祷の「受付所」があります。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

館内は、1Fにはお土産が買える「EDOCCO SHOP」と飲食の「EDOCCO CAFÉ」。どちらもフラットでスペースの余裕があり車椅子での利用は可能です。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

2Fと3Fは700名収容の「神田明神ホール」。4Fは多目的ラウンジ。B1はステージがある「EDOCCO STUDIO」。いずれも基本設計はバリアフリー仕様です。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

障害者用トイレは3Fを除く各フロアに用意されます。

「文化交流館」にはエレベーターが1基あります。1Fは誰でも利用出来るフリースペースですが、B1や2F以上は各施設を利用する人のためのフロア。したがって一般用にはエレベーターを運行していません。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

B1から本殿および資料館へ地下通路が伸びています。この通路も該当施設を利用する人だけの施設。一般には開放されていません。

 

○だいこく様とえびす様

「文化交流館」の正面前には「だいこく様」。入口の横には「えびす様」がいらっしゃいます。どちらも周囲はフラット構造で車椅子での参拝は可能です。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

境内には他にも、数多くのお末社や銭形平次の碑など、見どころが多々あります。

江戸総鎮守 神田明神 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

○神田明神のお守り

主なお守りを紹介します。

「勝守」

「かちまもり」と読みます。

関ヶ原の戦いの前に家康が神田明神に戦勝を祈願して、天下分け目の戦いに勝った、そのご利益があるお守りです。

 

「おねがい兎守」。

因幡の白ウサギのお話で、大黒様は兎のお願いを聞きとどけてくれました。ということは兎になってお願いをすると願いは叶う、という論理構成で、お守りの中には兎マスコットがついた短冊が入り、そこに願いを書くお守りです。

 

「IT情報安全守護」。

平成14年に発売が開始された、情報システム関連のトラブルを防止してくれるお守りです。ウィルス感染、パソコンの突然のフリーズ防止などにご利益があります。電気街が氏子の神社なので、ニーズに応えたお守りということです。

そして2014年には、個人情報保護法の施行にともない、個人情報漏えい防止のご利益も加わりました。

更には、通常のお守りとこの「IT情報安全守護」、これに名刺入れを加えた3点セットの「しごとのおまもり」パックがあります。パックのカバーカラーは3種類から選べます。

神田明神

参拝所は数段の上になりますが、2018年に境内大改修が完了し、神田明神は車椅子で参拝しやすい、バリアフリー神社になりました。