東京都現代美術館「石岡瑛子」展 車椅子観覧バリアフリー情報

東京都現代美術館「石岡瑛子」展

「血が、汗が、涙がデザインできるのか」。木場の東京都現代美術館で2020年11月14日から2021年2月14日まで開催。「石岡瑛子」展は、秀でた展示企画が魅力の企画展です。

「石岡瑛子」展の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者2名まで無料に減免されます。会場入口で障害者手帳を提示して入場します。

会場は企画展示室の1FとB2です。最初に1Fの展示を観覧してから、車椅子ではエレベーターでB2へ移動します。会場スタッフの誘導に従ってください。

概ね石岡瑛子氏の作品が年代順に展示されています。数えると19の展示コーナーがあります。すべてのコーナーが、車椅子で問題なく観覧できます。

資生堂やパルコの仕事のイメージが強い石岡瑛子氏ですが、こんなに様々な仕事を、数多く手がけていたのかと、驚かされました。

石岡瑛子氏の仕事を紹介する展示が、よくできています。「石岡瑛子」展は、企画者の企画力が光る企画展です。

展示室内は撮影禁止のため、写真での紹介はできません。ぜひ会場でご覧ください。