リニューアル進行中 原子力科学館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

原子力科学館

原子力科学館は、茨城県東海村にある「原子力に関する総合博物館」です。運営は公益社団法人茨城原子力協議会。1977年に開設されました。

広い敷地内に2階建ての本館と平屋建ての別館があります。施設公開から40年を経過し、老朽化が進んだため、2020年から5か年計画でリニューアルが進められています。

リニューアル第1弾として、2021年春に「ガイダンスシアター」が完成しました。今回取材時はこの時点での科学館の状況です。2022年にはリニューアル第二弾が完成する予定です。

アクセスは車が便利です。来館者用の無料駐車場があり、大型車2台、乗用車26台を収容します。駐車場はリニューアルされていません。身障者用駐車スペースはありません。

原子力科学館

下の写真は駐車場に隣接する別館で、リニューアル最終第5期に研修室が整備される計画です。

原子力科学館

本館の全景です。現時点では展示は事実上1Fのみ。2Fはリニューアル最終第5期に整備される計画です。

原子力科学館

本館のエントランスはフラットな構造の自動ドア。入館すると受付があります。原子力科学館は入館無料の施設。現時点ではコロナ対策で、検温、手指消毒、簡単な記帳を行い入館します。来館予約は不要です。

原子力科学館

最初の見学は、2021年春に完成した「ガイダンスシアター」です。6分間のプログラム「アトミックトラベル‐原子の力‐」がリピート放映されています。シアター内にはベンチシートが配置。空きスペースから車椅子で観覧できます。

原子力科学館

原子の力を解説するのはアインシュタイン。晩年をイメージしたキャラクターです。

原子力科学館

本館1Fには様々な展示物があります。体験型、参加型の展示物も多く、小さな子供でも楽しめます。フロア内はフラットな構造で、車椅子で見学できます。

原子力科学館

イオンパワーでボールを動かす、遊べる展示です。

原子力科学館

電車が走るジオラマ展示。

原子力科学館

これが世界最大級の「霧箱」で、2022年にリニューアルされる予定です。

原子力科学館

学問的な展示解説コーナーもあります。

原子力科学館

1F展示室の最後まで進むと、現在は何も展示がない2Fへ階段で上がり、2F内を移動してまた1Fに下りる見学導線になっています。

原子力科学館

車椅子では「ガイダンスシアター」まで戻り退館します。2Fへはエレベーターではなく、車椅子用の垂直型昇降機が備えられていますが、今回取材時は故障中ということで利用できませんでした。

1F展示室内のトイレは、一般トイレだけです。

原子力科学館

エントランス付近にバリアフリートイレがあります。細長い個室でウォシュレット付き便器が備えられています。

原子力科学館

以上、2021年リニューアル第1弾完成後の原子力科学館の状況です。

(本稿は2021年10月に執筆しました)