半蔵門ミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

半蔵門ミュージアム

東京都千代田区一番町にある美術館です。真如苑が所蔵する仏教美術品を一般に公開するために2018年に設立されました。駅直結のオフィスビルを改装して誕生したミュージアムです。

東京メトロ半蔵門駅4番出口の横がミュージアムのエントランスです。ただし半蔵門駅の地上行きエレベーターは、少し離れた5番出口付近にあります。

半蔵門ミュージアム

来館者用の駐車場が身障者用も含めてありません。

半蔵門ミュージアムは入場無料。常設展の他に特別展示が年に3回から4回開催されます。今回取材時は特集展示「みほとけの姿」が開催されていました。

半蔵門ミュージアム

現在はコロナ対策で、電話による事前予約制です。1時間単位の時間枠で観覧を申し込みます。制限人数に余裕がある場合は、予約なしでも入館可能です。

エントランスはフラットな自動ドアで、車椅子で問題なく入館できます。検温と手指消毒を行い、簡単な記帳をして入館します。

半蔵門ミュージアムは4フロア構造で、エレベーターが1基あります。

メイン展示室はB1。1Fは受付と現代作家による仏教絵画を展示するギャラリー。2Fはラウンジとマルチルーム。3Fはホールとシアターがあります。この内、1Fのギャラリーは階段を上がる構造で、車椅子での利用はできません。その他はすべてバリアフリー仕様です。

バリアフリートイレは2Fと3Fにあります。下の写真は3Fのトイレ。スペースに余裕がある綺麗なトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

半蔵門ミュージアム

B1のメイン展示室は細長い構造で、室内に段差はありません。今回取材時は、常設展として「ガンダーラの仏教美術」と「祈りの世界」。重要文化財「大日如来坐像」や曼荼羅などが展示されています。

特集展示では仏を「如来」「菩薩」「明王」「天」に分類し、さらに「羅漢」を加えて、その姿を紹介します。

B1展示室は車椅子での観覧は問題ありませんが、大変静かな仏教美術空間です。知的あるいはコミュニケーションに障がいがあり騒いでしまう人と同行する場合は、この点は注意してください。

3Fのシアターでは、今回取材時は仏教文化に関する3本の映像プログラムが順次放映されていました。放映開始時間前までに会場に行き、自由席に座り鑑賞します。階段式の席なので、車椅子は最前列付近からの鑑賞になります。スタッフの誘導に従ってください。

美術館として、規模は大きくはなく、展示作品数も多くはありませんが、一つ一つの美術品にしっかり向き合えます。シアターの映像プログラムは高精細な画像と音響。半蔵門ミュージアムは内容が濃い美術館です。

(本稿は2021年9月に執筆しました)