山梨県立フラワーセンター・ハイジの村 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

ハイジの村

山梨県北杜市明野町の「ハイジの村」は、1998年に「山梨県立フラワーセンター」として開業した施設で、2006年に「ハイジの村」として再出発しました。敷地面積は約10ha。茅ヶ岳山麓標高約750mの傾斜地に広がる施設で、園内は坂道が多く、車椅子ではスロープやエレベーターを利用した観光になります。

ハイジの村

ハイジの村のエリアマップは、上が低地で下が高地です。「ペーター館」や「クララ館」、第3駐車場がある低地部から、坂道を上がり第1駐車場に進みます。第1駐車場に近い高地部エリアに「ハイジのテーマ館」「展望塔」などの主要な観光施設があり、低地に向かって傾斜散策路を進むと「ナチュラルガーデン」「ハイジの隠れ屋」などが点在します。傾斜散策路は距離があり、かなりの角度がある坂道なので、車椅子での散策は積極的にはお薦めしません。車で来園して、第1駐車場を利用して、高地部エリアの主要な施設を観光するコースをお薦めします。

ハイジの村

第1駐車場に身障者用駐車スペースが6台分並んでいます。左右のスペースは余裕がある駐車区画です。

ハイジの村

身障者用駐車スペースから下りスロープを通り、ハイジの村の受付に向かいます。

ハイジの村

スロープは急ではありません。第1駐車場から道路までの7段を段差回避しています。

ハイジの村

傾斜地にある施設です。もう一つスロープを通り受付に進みます。

ハイジの村

二つ目のスロープを下りると、受付の高さに出ます。石畳風の路面ですが、車椅子に大きな衝撃はきません。

ハイジの村

受付で車椅子の貸し出しを行っています。

ハイジの村

フラットな路面にある窓口が受付です。ハイジの村の入園料は障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳等を提示して減免措置を受けてください。

ハイジの村

受付の先に進むと広場があり、囲むように観光施設が建ち並びます。路面のデコボコはあまり大きくありません。ゆっくり進めば車椅子に衝撃はきません。

ハイジの村

お土産コーナーやカフェなど、主な観光施設は車椅子で利用できます。また広場には車椅子で利用できるフリーテーブル席が配置されています。

ハイジの村

メインの観光施設の一つ「展望塔」のバリアフリー状況を紹介します。

ハイジの村

展望塔はエレベーターがあります。広場の高さが1F、展望回廊が3F、そして一段低い位置にある広場と「バラの温室」にB1で接続します。

ハイジの村

展望回廊に上がります。開放されているドアを通り、塔を一周する回廊にでることができます。

ハイジの村

回廊から360°の眺望が楽しめます。回廊の壁面の高さは車椅子目線よりも少し低いので、車椅子からでも真下以外は、ハイジの村と周辺の風景を眺めることができます。

ハイジの村

エレベーターでB1へ移動します。この高さに広場とバラの温室があります。

ハイジの村

バラの温室内はバリアフリー仕様です。車椅子でお花を鑑賞できます。

ハイジの村

人前結婚式ができそうなコーナーがあります。

ハイジの村

広い温室です。値札の付いた鉢植えもあります。

ハイジの村

バラの温室を出ると広場に出ます。

ハイジの村

様々な装飾物がある広場です。訪れる価値があります。ここまで車椅子で問題なく移動できます。

ハイジの村

1Fの高さにエレベーターを利用せずに移動できる、段差回避スロープも設置されていますが、車椅子利用者は展望塔のエレベーターを利用したほうが楽です。

ハイジの村

メイン観光施設「ハイジのテーマ館」のバリアフリー状況を紹介します。出入口はメイン広場に面しています。館内に入るとアニメのハイジの世界が展開されています。

ハイジの村

アニメの舞台のジオラマがあります。すべての展示物は車椅子で観覧できます。

ハイジの村

館内に記念撮影スポットが用意されています。車椅子をベンチの手前において撮影するイメージです。

ハイジの村

ハイジのテーマ館の外に、使い込まれた馬車が展示されています。

ハイジの村

ハイジのテーマ館の隣は「レストラン ボルケーノ」です。フラットでスペースに余裕があるお店で、可動式テーブル席があります。車椅子で利用できるレストランです。

ハイジの村

広場に面して建つ教会風の建物は「光のチャペル」です。正面は階段ですが、両サイドにスロープがあります。

ハイジの村

スロープは緩やかな傾斜です。車椅子で問題なく移動できます。

ハイジの村

出入口に段差はありません。今回訪問時はドアが開放されていました。

ハイジの村

内部は教会風のパーティー会場です。新郎新婦席以外は、段差が無い車椅子で利用できる施設です。

ハイジの村

光のチャペルの出入口に、結婚式の衣装のイメージが展示されています。

ハイジの村

最後に広場周辺のバリアフリートイレの状況を紹介します。バリアフリートイレは3か所用意されています。受付の横に最初のバリアフリートイレがあります。広いスペースの個室で子供用の便器が備えられています。設備はシンプルなトイレです。他のトイレもほぼ同様の設備構成です。

ハイジの村

展望塔B1のバリアフリートイレです。鳥が入るので注意、とされています。

ハイジの村

このトイレも子供用の便器が備えられています。

ハイジの村

3つ目のバリアフリートイレは光のチャペルの近くにあります。設備はほぼ同様のトイレです。

ハイジの村

山梨県立フラワーセンター・ハイジの村は、傾斜地にあるので車椅子での観光は高低差が問題です。坂道が苦手な人でも、園内高地部にあるメイン施設の一帯は、それほど苦労せずに車椅子で利用できます。車椅子ではある程度エリアを絞った観光をお薦めします。

(本稿は2022年8月に執筆しました)