立川の複合施設 グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

立川の複合施設 グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

東京都立川市の「グリーンスプリングス」は、グルメ、ショップ、ホテル、ホール、プレイパーク、オフィスなどで構成される複合施設です。そして緑と水があふれる広場からジャブジャブ遊びができるカスケードまで、パブリックスペースが広がります。車椅子から見た現地のバリアフリー状況を紹介します。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

〇アクセスルートと障害者用駐車区画

立川駅北口から徒歩8分、多摩都市モノレール立川北駅からは徒歩4分の案内です。

180台を収容する駐車場があります。施設の1F部、2F広場の下が駐車場です。したがって1Fですが屋内駐車場になっています。

障害者用駐車区画の場所はゲートの手前です。駐車場の入口、駐車券が発行されるゲートを通過して一般駐車場エリアに入ると、障害者用駐車区画はありません。駐車場入口付近にいるスタッフに車椅子利用を申告して誘導を受けてください。現時点では、現地には身障者向けの目につく案内表示はありません。

 

〇1Fのバリアフリー状況

一般公開部は主に1Fと2Fで、3Fと4Fに各1店舗飲食店があります。

1Fスペースの大半は駐車場です。多摩都市モノレール側の歩道は「サンサンロード」と命名され、この道に面してショップ、グルメ、CVSなどが並びます。フラットな構造で車椅子での利用に大きな問題はありません。1Fに障害者用トイレは2つ用意されています。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

今回取材時はまだオープンしていない店舗がありました。したがって全ての店舗の車椅子利用状況は分かりませんが、1Fのラーメン店は、車椅子での利用が難しいカウンター席のお店です。蕎麦屋は車椅子で利用できるテーブル席があります。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

〇2Fへのエレベーター

緑と水の広場がある2Fが施設の中核フロアです。1Fと2Fのメインの動線は階段です。エレベーターは東側に1基、西側に2基、そして立川駅方面のサウスゲート、ウエストゲートにあります。今回取材したのは日曜日で、ベビーカーの来客が多数エレベーターを利用していました。特に混雑が目立ったのは東側のエレベーターです。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

〇2Fのバリアフリー状況

広場は車椅子で気持ちよく散策が出来るバリアフリー仕様です。2Fに障害者用トイレは2つ用意されています。カスケードは階段構造なので、車椅子では下から見上げます。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

2Fのショップとグルメも、まだオープンしていないお店がありましたが、観察する限り車椅子で利用出来ない決定的な構造のお店はありません。ただし、混雑時は車椅子では苦戦しそうな店内スペースに余裕がないお店はありました。

ビオトープ、噴水、アート系オブジェ、フリーテーブル、そして空に伸びるカスケード。とても魅力的なパブリックエリアです。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

〇3Fのバリアフリー状況

3Fは東側に飲食店が1店。飲食店は車椅子で利用できるテラス席があるお店です。店舗外の3Fテラスは自由に散策できます。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

今回取材時、同フロアの障害者用トイレは、施錠されて使用できませんでした。

ステージガーデン側の4Fの店舗は、今回取材時はまだオープンしていませんでした。

 

〇プレイミュージアムとプレイパークの概要

「プレイミュージアム」は体験型の企画美術館。「プレイパーク」は子供向けの遊べる屋内施設です。2Fがエントランスで3Fまである構造。2Fがミュージアムで3Fがパークです。

 

〇ステージガーデンの概要

屋外空間ともつなげられる、コンサートや演劇、パブリックビューイングまで可能な、多目的で多機能な大規模ホールです。現時点では全ての公演は延期または中止になっています。

今回取材時は、1Fのロビー空間が一般公開されていました。もちろんバリアフリーに配慮がある設計のホールです。

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

グリーンスプリングス 車椅子バリアフリー情報

立川駅北口エリアの最後の大規模開発といわれています。グリーンスプリングスは、2Fのパブリックスペースが魅力的なバリアフリー施設です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)