茂原市の由来 日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

千葉県茂原市の「藻源寺」は、1276年創建の古寺です。山門の前には、日蓮聖人の大銅像の頭部が仮安置されています。高さ25mの白い山門は茂原のシンボル。そして茂原の地名の由来になった寺といわれています。

車椅子でお参りをして確認した、藻源寺のバリアフリー状況を紹介します。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇広大な参拝者用駐車場

アクセスは車が便利です。未舗装の広い駐車場が用意されています。砂利路面ですが、それほどデコボコは激しくありません。この駐車場に日蓮聖人の大銅像の頭部が仮安置されています。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇総門をくぐる

駐車場から境内への入口に建つのは「総門」です。段差なく車椅子でくぐることが出来ます。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

その先に寺務所があります。その手前に日蓮聖人大銅像のミニチュアが建立されています。このようなお姿で高さ32mの大銅像が裏山に建立する計画です。山の高さを加えた高さは40mを超えます。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇白い巨塔は戒壇塚

最も目立つ白い塔は山門です。多宝塔式の「戒壇塚」です。この門は段差があり、車椅子ではくぐることはできません。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

門の中には仁王様がいらっしゃいます。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇本堂は段差の上

山門の先にあるのは本堂である「大堂」です。「祖師堂」とも呼ばれます。日蓮聖人の御影が祀られています。

本堂は階段構造で、車椅子でのお参りは段の手前からです。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

本堂の横には石像の「釈迦如来立像」が鎮座しています。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇鐘楼堂と子育観音

本堂の並びある鐘楼堂は1688年の建立です。その手前には現代的なデザインの子育観音が鎮座しています。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇華経殿は階段の上

本堂と赤い渡り廊下でつながる「華経殿」は、正面からは階段の上です。車椅子ではお参りできません。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇仏殿は段差なし

釈迦如来坐像、多宝如来坐像を祀る「仏殿」は、段差はありません。建物入口前までは車椅子で行くことができます。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇大銅像の頭部はライトアップ可能

日蓮聖人の大銅像は、資金難で建立が進まない状況です。現在も浄財を募集しています。仮安置場にはライトアップ設備があります。確認出来ていませんが、夜間はライトアップされるのかもしれません。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

車椅子では、全てはお参り出来ませんが、藻源寺は見どころの多い古寺です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)