えこっくる江東 環境学習情報館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

えこっくる江東 環境学習情報館 車椅子バリアフリー情報

東京都江東区清掃事務所内にある「えこっくる江東」は、ゴミ処理を通じて環境問題を学ぶ小学生向けの学習施設です。車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年9月の取材に基づいています。

・アクセスの状況

辰巳駅や潮見駅からは徒歩20分の案内です。

アクセスは車が便利。専用駐車場は5台しかなく、内1台が身障者用駐車区画です。

その横に清掃施設の駐車場が広くあるので、実際には満車で困ることはなさそうです。

入場無料。施設はフラットなバリアフリー構造で、バリアフリートイレがあります。

環境学習情報館えこっくる江東

・土日オープン

ごみ処理施設内の無料の公共施設、それも小学生向けとなると週末は休館していそうですが、土日は開館して月曜日が休館です。

現地で聞いてみると「えこっくる江東」の運営実務は、ほとんど「エコサポーター」というボランティアスタッフが行っているとのことです。

・真面目を面白く装う

こんなにゴミは出されている、大量にエネルギーや水資源が消費されている。現代社会の環境問題の現実を真面目に、小学生向けに面白く、展示している施設です。

今回取材時「エコサポーター」に、一つ一つの展示の製作意図を説明していただけました。それぞれの展示で子ども達に学ばせたいことは、大人も再確認すべき深いレベルの問題です。

環境学習情報館えこっくる江東

・江東区は東京のゴミ処理請負区

高度成長期以来増え続けた東京のゴミ処理を、江東区は受け入れさせられてきました。そしてついにおこった「ゴミ戦争」。その昭和の歴史の展示もあります。

江東区は現在でも他区のゴミ処理受け入れ迷惑料として、それなりの額を都から受け取っています。それが「えこっくる江東」の建設運営資金になっているそうです。

 

車椅子で快適な施設

常設展は1F。通路は広く車椅子での移動に問題はありません。

展示は小学生向けですから車椅子からの目線で高さは合います。

IT系Q&Aマシンがあり問題に挑戦しましたが、途中でマニアックな江東区ローカル問題があり、間違えました。

あくまで小学生向けの施設ですが、夢の島ゴミ埋め立て問題、東京湾の公害問題など、昭和を知る世代には興味深い展示があります。

「えこっくる江東」は、車椅子で利用できる施設です。