道の駅あいづ 車椅子で行く福島観光 バリアフリー情報

道の駅あいづ 車椅子で行く福島観光 バリアフリー情報

福島県湯川村の「道の駅あいづ」は、会津盆地の真ん中に二つの町村が共同設立した道の駅です。車椅子から見た現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年4月の取材に基づいています。

○大規模な道の駅

メイン棟には産直ショップ、物産館、レストラン、観光情報コーナー。他に独立したトイレ棟。そしてもう一棟、地域住民向けの施設棟があります。

駐車場は広く裏手に第二駐車場まで用意。大型の道の駅です。

 

○名称は「湯川・会津坂下」

道の駅の正式名称は「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」と長い。立地は湯川村ですが、会津坂下町と湯川村が共同で設立した施設です。二つの町村が共同出資した道の駅は、ここが全国で初という情報です。

道の駅あいづ

○施設内にも障害者用トイレ有り

障害者用トイレは独立トイレ棟内に3つ。更にメイン棟の中にインドアトイレが設置され、綺麗な障害者用トイレがあります。

 

○施設内通路幅は普通サイズ

ハード構造はゆとりのある設計なのですが、産直ショップと物産館の通路は、それほど広々していません。といって狭くて車椅子で通行できないわけではありませんが、これほどの施設ならもう一段広い通路に出来るのに、と感じました。

 

○障害者用駐車区画はトイレ棟の前

メイン棟の前は広い屋外空間を確保しています。そのため、障害者用駐車区画は独立トイレ棟の前。屋根付き駐車場で3台分あります。メイン棟の前にありそうな気がしますが、その手前にあります。

道の駅あいづ

○レストランもバリアフリー

メイン棟内にあるレストランも大規模。そしてバリアフリー。フラット構造で広さに余裕があります。一般的な車椅子利用者なら、利用に大きな問題はありません。

「道の駅あいづ」は、新しい施設でバリアフリー構造です。