新型コロナウイルス対策 障害者手帳の更新、再認定に関する国からの連絡

新型コロナウイルス対策 障害者手帳の更新、再認定に関する国からの連絡

精神障害者保健福祉手帳の更新、身体障害者手帳の再認定について、およそ1年間延長することが、厚生労働省から各自治体に連絡されました。令和2年4月24日に発信された2通の事務連絡から抜粋して概要を紹介します。なお内容を分かりやすくするために、一部原文から意訳した表現に変更しています。ご承知おき下さい。

 

〇精神障害手帳の更新は延長する

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期限が切れる精神障害者保健福祉手帳は、医師の診断書がなくても有効期限を1年間延長できる。ただし等級は変えない。等級を変更する場合は、診断書が必要です。

また更新手続きは郵送でできるので、その周知を図ること。

 

〇身体障害者手帳の再認定は弾力的に運用

厚生労働省が「技術的助言」をしている身体障害者手帳の再認定または再判定については、外出の自粛要請に反しないように、また該当する障害者に不利益が生じないように、弾力的に運用していただきたい。

自立支援医療の全国の受給者について、国では有効期間の延長が出来るように検討が進んでいます。対象は令和2年3月1日から令和3年2月末時までに有効期間が満了する障害者です。これを参考にして、身体障害者手帳の再認定実施を延期し、その旨を文書で申請者に案内することを検討していただきたい。またそのことを関係機関に周知していただきたい。

 

両障害者手帳とも、新規の申請は従来通りで、手続きに変更はありません。

《生きるちから舎ニュース 2020年4月27日付》