車椅子で行く岐阜中津川 ちこり村 バリアフリー情報

車椅子で行く岐阜中津川 ちこり村 バリアフリー情報

「ちこり村」は野菜生産大手の「サラダコスモ」社が運営するショップ&レストラン、そして「ちこり」生産工場の見学ができる施設です。

「ちこり村」は車椅子で利用可。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

本稿は2019年4月の取材に基づいています。

 

○「ちこり」の紹介

ヨーロッパ原産のキク科の野菜です。種イモとなる「チコリ芋」を育て、そこから育つ葉が「ちこり」です。日本で大規模にチコリの生産を行っているのは、この「ちこり村」だけ。日本では生食されることが多いのですが、ヨーロッパでは煮る、焼く、炒めるなど、キャベツのような調理方法が主流ということです。

以上「ちこり村」の工場見学で教えていただいた情報です。

車椅子で行く岐阜中津川 ちこり村 バリアフリー情報

○「ちこり村」の概要

「ちこり村」は「ちこり」を屋内栽培する「ちこり生産ファーム」と、収穫後のチコリ芋から焼酎を造る「ちこちこ焼酎蔵」の2つの生産工場があり、無料で工場見学ができます。

そして農家手作り家庭料理レストラン「バーバーズダイニング」、チコリ関連商品を中心に多彩なお土産が並ぶ売店コーナー、そして栗きんとんや創作和スイーツが人気の「新杵

堂」が出店しています。

元々は工場ですが、大規模でかつバリアフリーな観光施設でもあります。

車椅子で行く岐阜中津川 ちこり村 バリアフリー情報

○障害者駐車区画は第一駐車場にあり

場所は中津川インターチェンジの近く。アクセスは車が便利です。無料駐車場があり、第三駐車場まで用意されます。

障害者用駐車区画は施設入口前の第一駐車場に用意されます。

そこから段差回避スロープを上り施設内へ入ります。

車椅子で行く岐阜中津川 ちこり村 バリアフリー情報

○駐車場の周囲にはチコリのオブジェが

面白い装飾、チコリモチーフの施設などがあります。施設内に入る前に周囲を見渡すことをお薦めします。

車椅子で行く岐阜中津川 ちこり村 バリアフリー情報

○施設内はバリアフリー

施設内はフラット構造で車椅子での利用に大きな問題はありません。ショップやレストランの通路幅は余裕があります。ただし売店で団体客の利用とまともにかち合うと、混雑して車椅子での買いものは苦戦するかもしれません。

施設内に障害者用トイレが1つ用意されています。

車椅子で行く岐阜中津川 ちこり村 バリアフリー情報

○工場見学は30分毎に出発

「ちこり生産ファーム」と「ちこちこ焼酎蔵」の工場見学は30分毎に行われます。団体利用は事前予約が必要ですが、少人数なら予約不要でその場で参加できます。所要時間は約20分です。

見学コースはフラットな通路を移動するだけなので、車椅子で参加できます。「ちこり生産ファーム」の作業を窓越しに見るコーナーがあります。この窓越しの見学は車椅子でギリギリ可能な高さと角度です。

工場見学ですが、そのほとんどはチコリの説明です。20分で「ちこり」の知識が高まります。

 

「ちこり村」は大規模で、面白く、バリアフリーな施設です。そして車椅子で工場見学が出来ます。