東京都心の桜の名所バリアフリー情報 車椅子お薦めスポット

東京都心の桜の名所バリアフリー情報 車椅子お薦めスポット

東京都心部の主な桜の名所から、車椅子で観桜ができるお薦めスポット、少し注意が必要なスポット、車椅子では苦戦するスポットを紹介します。

サクラテラス

「車椅子での観桜お薦めスポット」

・東京ミッドタウン

ミッドタウンガーデンは、アップダウンの少ない舗装散策路から桜を楽しめます。檜町公園内の散策路は多少アップダウンがあるので、坂道が苦手な人は避けてください。

東京ミッドタウンの桜

檜町公園内の散策路は

例年桜の開花時期にイベントが開催されます。近年は桜のライトアップが行われます。

東京ミッドタウンの桜

・国立劇場

車椅子で散策できる前庭には「神代曙」など10種の希少種桜が植栽されています。開花の時期には「国立劇場さくらまつり」が開催され、お茶の無料サービスや、太神楽の上演などのイベントが開催されます。

半蔵門 国立劇場

・皇居東御苑

苑内には様々な種類の桜があります。「本丸」方面は坂道を上りますが、「二の丸庭園」周辺はフラットな舗装路から桜を鑑賞できます。体力の範囲で、無理のない観桜を楽しめます。

皇居東御苑の桜

・上野恩賜公園

お薦めは「上野の山」のお花見エリアではなく、「不忍池」周辺です。フラットな舗装路から桜を楽しめます。

不忍池

・芝公園

芝公園および増上寺一帯、フラットな舗装路から車椅子で桜を楽しめます。特に港区芝公園はフラットな構造です。

芝公園および増上寺一帯

・代々木公園

「桜の園」は舗装散策路からでも桜を楽しめます。また園内各所に桜があり、そして散策路に限らず、芝生エリアもフラットな路面が多いので、ルートを選べば車椅子で移動しながら桜を楽しめます。

代々木公園

代々木公園

・明治神宮外苑

神宮球場の周囲は、舗装路から桜を楽しめます。

明治神宮外苑

明治神宮外苑

明治神宮外苑

「御観兵榎」周辺は、路面は未舗装ですが、桜が楽しめるスポットです。車椅子では路面のデコボコに気をつけてください。

明治神宮外苑

明治神宮外苑

明治神宮外苑

明治神宮外苑

・日比谷公園

園内通路の再整備が進み、デコボコした路面は減少しました。「三笠山」の斜面路以外は、車椅子で園内を散策できます。園内各所に桜がありますが、心字池周辺などが観桜ポイントです。

日比谷公園

・隅田公園

隅田川沿いに伸びる細長い公園です。園内はフラットで、車椅子で観桜を楽しめます。

隅田川沿いに伸びる細長い公園

・八重洲さくら通り

東京駅前から伸びる通りです。歩道を通りながら頭上の桜を楽しめます。

 

 

「車椅子では少し注意が必要なスポット」

・播磨坂さくら並木

その名の通り、坂道のさくら並木です。車椅子で通行すると、かなり力が必用です。体力に自信のある方向きの観桜スポットです。

 

・新宿御苑

多数の桜の品種が植栽され、長い期間お花見が楽しめる都内を代表する桜の名所です。

実際に車椅子で観桜に行くと、園内の移動ルートは、傷みでデコボコがある舗装路や未舗装路面、荒れた芝生路面、アップダウンなどがあり、車椅子での移動は苦労します。イメージするよりも、園内散策は快適ではありません。

それでも無理のない範囲で、車椅子で観桜を楽しむことはできます。

 

・旧芝離宮恩賜庭園

園内に舗装路はありません。庭園のパンフレットには「車椅子通行可能ルート」として一周可能な案内が載っていますが、あくまで決定的な段差がないというレベルで、快適なバリアフリールートではありません。

 

・浜離宮恩賜庭園

庭園入口から園内にかけて舗装路はなく、砂利路面と小さな段差が連続して続きます。

庭園のパンフレットに「車椅子通行可ルート」が載っていますが、あくまで頑張れば車椅子で通行可能なルートで、舗装路ではありません。

 

・グランドプリンスホテル高輪

庭園はバリアフリールートが整備されていますが、段差路もあるため全域を車椅子で散策することは出来ません。レストラン「ステーキハウス桂」附近までは車椅子で行くことができます。

 

・椿山荘

椿山荘の庭園バリアフリールートは、ホテル棟の1F庭園出入口から、下りは「冠木門」まで、バンケット棟方面は滝までの範囲です。庭園全域が傾斜面で、散策路はほぼすべて坂道です。

 

・小石川後楽園

園内に舗装路はありません。車椅子でまわれる範囲は限定的です。部分的に砂利が深いところ、階段、車椅子では絶対に通行できない未舗装路などがあります。

しかしながら、銘木「枝垂桜」は、園が定める「車いす通行可ルート」にあります。

小石川後楽園

・六義園

「しだれ桜」は入口の目の前なので、この桜だけをみるならストレッチャーの方でも可能です。園内はほぼ平坦な砂利道の連続ですが、デコボコのある橋や山になっている箇所があります。少し無理をして砂利道を進めば、車椅子で園内の80%くらいを回遊できます。

 

・清澄庭園

園内に舗装路はありません。未舗装路ながら車椅子で通行可能なルートは、お庭の約半分です。入場口からみて「大泉水」の反対側にある「涼亭」の先までが、砂利路面に苦労はしますが車椅子でなんとか移動できる範囲です。

 

・旧古河公園

庭園への入口を抜けると、すぐに砂利道になります。この付近は車椅子でどうにもならないほどの砂利ではありません。洋館にむかって砂利道を進みます。洋館の南側からは階段になります。

洋館の裏側を通る「馬車道」は、庭園のガイドブックでは「車椅子利用可(要介助者)」となっていますが、荒れた路面の未舗装路で車椅子での通行は苦労します。

 

・北の丸公園

北の丸公園から千鳥ヶ淵緑道にかけては、アップダウンのある通路を移動することになります。坂道を通行できる人であれば、お花見散策は可能です。

・外濠公園

飯田橋から四谷まで約2km断続的に続く外濠沿いの散策路です。土手の上の歩行者専用路は、出入口に段差がある箇所や、車椅子が通行できない車止めがある箇所があるので、車椅子で散策できる範囲は限定的です。傾斜路は通りますが、市ヶ谷駅川から土手は、三輪田学園付近まで車椅子で散策できます。

外濠公園

外濠公園

土手の下の車道、または外堀通りの歩道からは、車椅子で桜を楽しめます。

外濠公園

飯田橋側であれば、サクラテラスからはバリアフリーに観桜ができます。

サクラテラス

・靖国神社

参道は距離のある傾斜路で、神門内の桜エリアは未舗装路面があります。また周辺エリアはアップダウンがあり、どの方面からアクセスしても坂道を通ります。

開花のピーク時は駐車場が満車になることが多く、周辺道路に観光バスが停まる影響もあり、道路が大渋滞することがあります。

 

・六本木ヒルズ

毛利庭園周辺は車椅子で観桜できます。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズ

人気の「六本木さくら坂」は、車椅子ではつらい傾斜路です。体力に自信のある方だけの観桜です。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズ

・目黒川沿い

川沿いの散策路への出入口が段差の箇所が多々あります。大混雑している状況だと、段差のある出口に押し出されるような状況になります。段差の無い箇所を選び、その時の混雑状況に応じたルートを考えて観桜する必要があります。

目黒川

・池上本門寺

小高い山の上に建つお寺です。車利用で高台にある参拝者用駐車場に停めるか、池上会館内のエレベーターを利用して境内に進みます。

境内はアップダウンやデコボコした路面があります。車椅子での移動は快適ではありませんが、多少の無理をすれば車椅子で桜を楽しめます。

池上本門寺

 

「車椅子では苦戦するスポット」

・旧岩崎邸庭園

正門から受付までは、車椅子で進むのが困難な、深い砂利路面の長い上り坂のアプローチです。その先も砂利路面が続きます。車椅子での移動は困難です。

ただし庭園に入れば、未舗装路ですが、固い路面なので車椅子での移動は出来ます。

 

・飛鳥山公園

その名の通り山の公園です。

車椅子で上るには「アスカルゴ」を利用しますが、桜の開花時期はたいへん混雑します。

また、山の上の公園スペースは未舗装路面が多く、舗装通路の路面も経年劣化でデコボコがあり、傾斜があります。車椅子で快適に移動出来る公園ではありません。

 

・アークヒルズ周辺の桜並木

アークヒルズ自体はバリアフリー施設です。カラヤン広場周辺や、アークさくら橋から、スペイン坂の桜並木を上から眺めることが出来ます。

桜並木がある桜坂、スペイン坂、泉通りは急坂で、車椅子での通行は困難です。アークヒルズ周辺の桜並木散策は、体力に自信のある方にもお薦め出来ません。

ただし隣接する赤坂インターシティAIRのお庭は、車椅子で観桜が楽しめるバリアフリー歩道が整備されています。

赤坂インターシティAIR

赤坂インターシティAIR

ご自身やご家族の障がいの状況に応じて、都心の桜の名所にお出かけください。

(本稿は2021年3月に加筆修正しました)