バリアフリー施設で開催される 東京都心部 春の恒例イベント情報

バリアフリー施設で開催される 東京都心部 春の恒例イベント情報

桜の咲く季節には、各地で多くのイベントが開催されます。その中から、車椅子で参加できる、東京都心部のバリアフリー施設でのお薦めイベントを紹介します。

なおイベント企画の詳細は、各施設のHPなどで確認してください。

※2020年、2021年は多くのイベントが開催されませんでした。

「コレド室町」

コレド室町を中心開催される「日本橋桜フェスティバル」は、アート、ハイテクノロジー、グルメが楽しめるイベントです。3月中旬から4月中旬まで開催されます。

福徳の森、コレド仲通りがイベントの中心で、春をイメージする装飾、光や音を用いた演出、そして日本橋の名店が出店する屋台が並びます。

夜は三井本館などが「桜ライトアップ」で照らされ、日本橋の町全体が幻想的に彩られます。

会場周辺は再開発が一段落したバリアフリー環境で、車椅子でイベントに参加できます。

コレド室町

「東京ミッドタウン」

ミッドタウンガーデンと檜町公園は桜の名所です。東京ミッドタウンの春のイベントは「MIDTOWN  BLOSSON」。3月中旬から4月中旬に開催されます。

館内は春をイメージした特別装飾やアート作品が展示され、屋外にはイベント期間限定のラウンジが営業。そして夜は200mの長さがある「さくら通り」がライトアップされます。

東京ミッドタウンは屋内外ともにバリアフリー。車椅子でイベントに参加できます。

MIDTOWN  BLOSSON

「六本木ヒルズ」

ヒルズアリーナを中心に開催される「六本木ヒルズ春まつり」は、桜の名所である毛利庭園、さくら坂の桜が満開になる週末の金土日3日間開催されます。

ステージでのショーやアトラクション、屋台グルメ、そして桜のライトアップがあります。

さくら坂は傾斜が強い道なので、車椅子での散策は力が必用ですが、ヒルズアリーナや毛利庭園周辺は、車椅子で問題なく移動できます。

六本木ヒルズ春まつり

「アークヒルズ」

桜並木に囲まれたアークヒルズでは、桜の開花が予想される週末の金土日に「アークヒルズさくらまつり」が開催されます。

メイン会場はカラヤン広場で、車椅子で利用できるバリアフリー環境です。

ガーデンコンサート、ステージでのアトラクション、グルメ屋台の出店、ヒルズマルシェが開催されます。

近年企画されている「芝生でお花見」は、カラヤン広場に人工芝を敷き、靴を脱いで座って飲食を楽しむ企画で、車椅子向きではありません。

またスペイン坂など周辺の坂道は急坂で、車椅子での散策は困難です。

車椅子ではカラヤン広場で、参加可能なイベントを楽しみます。

アークヒルズさくらまつり

「東京ミッドタウン日比谷」

2018年に開業した施設。春のイベントは「HIBIYA BLOSSON」です。3月下旬から4月中旬にかけて開催されます。

フラワーアートなど春をイメージした装飾と、マルシェ、そしてステージでの音楽イベントがあります。

ステップ広場周辺と1Fアトリウムが中心会場で、車椅子で問題なく利用できます。

東京ミッドタウン日比谷の誕生日は3月29日です。その前後には特別な企画が用意されます。

HIBIYA BLOSSON

「東京国立博物館」

上野公園のトーハクでは「春の庭園開放」が行われます。本館の北側にある日本庭園には、移築された5棟の茶室、心字池があり、約10種類の桜が時期をずらしながら開花します。

庭園内は一部に段差路がありますが、車椅子で庭を一周散策することができます。

庭園開放は3月中旬から5月中旬まで行われます。

トーハクでは「春の庭園開放

「国立劇場」

皇居に面した国立劇場の前庭には、神代曙や駿河桜などの希少品種の桜が多数植栽されています。

桜の開花にあわせて開催されるイベントは「国立劇場さくらまつり」で、お茶の無料サービスや、伝統芸能の実演などが行われます。

公演スケジュールと絡みますが、日時によっては劇場内部が公開され、売店が営業し、館内の絵画や彫刻などの展示物が見学できます。

前庭から劇場内にかけては、車椅子で問題なく利用できるバリアフリー仕様です。

イベント開催期間は年により変わりますが、概ね3月下旬から4月上旬です。

半蔵門 国立劇場

イベントの詳細は各施設のHPなどで確認してください。

(本稿は2020年2月に執筆しました)