法乗院 深川えんま堂で説法を聴く 足が悪い人のための参拝ガイド

東京都江東区深川の法乗院は、日本最大の閻魔大王座像が安置されています。そして閻魔様の説法を拝聴するシステムがある、ユニークな寺院です。

えんま堂は5段の階段の上にあり、スロープやエレベーターはありません。したがって車椅子でのお参りは困難です。なんらかの方法で5段を上がることが出来る人は、閻魔様の説法を拝聴することができます。

法乗院 深川えんま堂

アクセスは門前仲町駅から徒歩5分の案内です。地下鉄駅からの地上行きエレベーターは設置されています。参拝者用の駐車場はありません。

境内への出入口に段差はありません。正面左側のお堂がえんま堂です。

5段を上がるとフラットな空間があり、そこからお堂の中の閻魔大王座像を拝顔します。お賽銭箱の替わりに「家内安全」など19種の祈願が記された賽銭投入口があり、お賽銭を入れると説法が始まります。

本堂の1Fには、16枚の地獄・極楽図が展示されています。

半地下のようなフロアですが、スロープで段差回避ができます。スロープの横に「曽我五郎の足跡石」があります。

法乗院 深川えんま堂

本堂2Fは参拝所です。

法乗院 深川えんま堂

えんま堂から更に10段の階段を上がります。階段に手すりはついています。

法乗院 深川えんま堂

法乗院の創建は1629年。江戸時代から「江戸三えんま」のひとつとして信仰を集めていたそうです。現在のえんま堂は、平成元年に建立されました。

法乗院 深川えんま堂

深川えんま堂は、車椅子でのお参りは階段の下からになります。5段の階段を上がることが出来る人は、日本最大の閻魔大王座像にお参りできます。

(本稿は2021年1月に執筆しました)

東京十社 江戸最大の八幡様 富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

東京都江東区の富岡八幡宮は、段差箇所にスロープが設置されたバリアフリー神社です。永代通りから表参道を進み、2つのスロープを上がれば車椅子で参拝できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

〇アクセス方法

門前仲町駅から徒歩3分の案内です。永代通りの歩道から表参道に入ります。歩道、参道ともほとんどデコボコがない、フラットな車椅子で移動しやすい路面です。

参拝者用無料駐車場が境内の裏側にあります。この駐車場からのアクセスルートはデコボコ路があり、通行不能ではありませんが、あまり車椅子向きではありません。参道の前の永代通りは、パーキングメーターが設置されています。

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

〇バリアフリー参道から手水舎へ

車椅子で通行しやすい参道です。そのまま本殿方面へ進みます。

左手に手水舎があります。すぐ手前までは段差なく進め、最後は手を伸ばします。なんとか車椅子で利用できる構造です。

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

その先は十数段の階段があります。正面からみて右側に段差回避スロープが用意されています。

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

〇スロープで拝殿へ

本殿拝殿は、もう一段高い位置にあります。

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

7段の階段を避けるスロープ路が、左右両側に用意されています。どちらも折り返しスロープです。

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

〇お末社へもスロープで

本殿の正面から見て左側が、深川七福神の恵比須社などが祀られるお末社エリアです。

本殿境内から、スロープでこのエリアに移動することができます。また側道からそのままお末社エリアに入る参道にも段差回避スロープがあります。

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

〇横綱碑や力石

境内には様々な碑や像などがあります。

富岡八幡宮

この中で「横綱力士碑」の周辺は、路面が荒れています。車椅子では慎重に移動してください。

富岡八幡宮

また資料館の見学は予約が必要で、施設はバリアフリー仕様ではありません。その他の主な碑や像は、すべてがフラットな舗装路面ではありませんが、それほど苦労せずに車椅子で近づくことができます。

富岡八幡宮 車椅子参拝ガイド

富岡八幡宮は決定的な段差箇所にはスロープがある、バリアフリー改修された神社です。

(本稿は2021年1月に加筆修正しました)

竹中工務店東京本社「ギャラリーエークワット」バリアフリー情報

東京都江東区「ギャラリーエークワット」は、東陽町の竹中工務店東京本社1Fにある、車椅子で利用できるギャラリーです。ギャラリーの概要とバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年9月の取材に基づいています。

・竹中工務店のCSR活動

「ギャラリーエークワット」は、2005年より活動開始。2012年に一般財団法人となりました。

竹中工務店のCSR活動の一環として、広く建築に関わることをテーマに定期的なイベントを開催します。

今回取材時は、2017年8月21日から10月6日までの企画「千年の甍」を開催中。飛鳥時代の瓦に関する企画展です。入場は無料です。

ギャラリーエークワット「千年の甍」展

・会場内はバリアフリー

場所は東陽町駅の近くです。

来場者用の駐車場は障害者用も含めて用意されていません。

竹中工務店東京本社の敷地に入り、そのまま本社ビルの正面玄関から中へ入ります。

この間の路面はフラットで車椅子での通行に問題はありません。

ビル内に入るとすぐ右手が「ギャラリーエークワット」。段差もなくギャラリーに車椅子で行くことができます。

内部も段差は無く、通路は幅広く、車椅子で鑑賞しやすいギャラリーです。

来場者用のトイレは特に用意されていません。ギャラリー入口の先に竹中工務店の受付があるので、トイレ利用を希望する場合は相談してください。

ギャラリーエークワット「千年の甍」展

・「ギャラリーA4」と表記します

エークワットとはAの4乗のこと。

パンフレットに記載されている解説によると、Aはアーツやアミューズメントを象徴し、Aの3乗が空間、すなわち「建築」を意味する。4乗とはさらにもう一つの要素を加味した4次元空間。このような意味という事です。

建築プラスアルファのギャラリーという理解で正解です。

 

・土曜日は開館しています

完全週休二日制の竹中工務店に準じ、以前は土日祝日お盆年末などが休館でしたが、「千年の甍」の開館予定をみると土曜日は開館します。

ただしイレギュラーな休館日もあるので、お出かけ前に開館予定は確認してください。

ギャラリーエークワット「千年の甍」展

・年間8本程度の企画を開催

過去の実績では、年間8本程度のイベント・企画を開催しています。

小さなギャラリーですが「ギャラリーエークワット」は、車椅子で利用できます。