世界遺産 富岡製糸場 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

群馬県の富岡製糸場は、段差構造の箇所もありますが、公開エリアの多くを車椅子で見学できます。ただし砂利路面やガタゴトした未舗装路を進む箇所があります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

世界遺産 富岡製糸場 車椅子見学ガイド バリアフリー情報なお本稿は2019年12月の取材に基づいています。富岡製糸場は保存整備事業が進行中です。富岡製糸場 車椅子見学ガイド 

○車椅子でのアクセス方法

アクセスは車が便利です。周辺の駐車場の状況です。

富岡駅の近くに市営の無料駐車場がありますが、徒歩10分以上かかります。

一般的によく利用されるのは有料の「市営宮本町駐車場」です。富岡製糸場までは500mの距離で、フラットな舗装路を通行します。「市営宮本町駐車場」には障害者用駐車区画と障害者用トイレがあります。駐車料金の障害者減免制度はありません。

市営宮本町駐車場

富岡製糸場により近い場所に、複数のコインパーキングや、呼び込みをしている民間駐車場があります。

 

○見学料の障害者減免制度

正面入口から敷地内に入ります。入口周辺のアプローチはフラットな舗装路です。

富岡製糸場 車椅子見学ガイド 

見学料の障害者減免制度があり、本人と介助者1名の見学料が無料に減免されます。発券所で障害者手帳を提示して手続きを行います。

解説員による有料のガイドツアーが催行されます。希望する場合は発見所で申し込みます。

その先もフラット舗装路を通行して、「東置繭所」1Fにある最初の展示コーナー「ガイダンス展示」に向かいます。

富岡製糸場 車椅子見学ガイド 

○東置繭所1Fのバリアフリー状況

東置繭所1Fは建物内に展示があります。

建物の出入口は段差をスロープ化しています。ラフなスロープですが、車椅子でそれほど苦労せずに出入りは可能です。

ガイダンス展示は、フラットな床面に大きな展示物や映像コーナーがある施設です。車椅子での見学は可能です。

展示の並びにお土産ショップがあります。店内のスペースに余裕はありませんが、空いていれば車椅子での立ち寄り、買い物は可能です。

東置繭所1F、反対側の屋内にはシルクギャラリーがあります。ここも車椅子で見学可能です。製糸作業の実演、企画展の開催、そして絹製品の販売コーナーがあります。

富岡製糸場 車椅子見学ガイド 

○繰糸所のバリアフリー状況

東置繭所1Fの見学が終わると、次は隣の「繰糸所」内部の見学です。東置繭所から繰糸所までのルートは、フラットな舗装路です。

スロープを上り繰糸所内部に入ります。内部の床面はフラットで、車椅子で問題なく見学出来ます。映像での紹介コーナーもあります。

富岡製糸場 車椅子見学ガイド 

繰糸所内部は一方通行での見学になり、ルートに従って進み外部に出ると、障害者用トイレがあります。

富岡製糸場 車椅子見学ガイド 

○障害者用トイレの状況

繰糸所に隣接する障害者用トイレは、内装がタイル張りのとても広いトイレです。小型のユニバーサルベッドがあります。

富岡製糸場 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

富岡製糸場

今回12月の取材時、トイレの外窓は空けられていました。トイレには暖房はなく、便器はウォームレット付きです。

富岡製糸場にはもう一か所、「社宅群」にある独立棟トイレに、障害者用トイレがあります。

 

○首長館から寄宿舎へ

東置繭所と繰糸所以外は、外からの見学になります。内部見学はできません。

富岡製糸場

次の見学コースは「首長館(ブリュナ館)」。繰糸所から先は未舗装路面です。一部ゴムマットが敷かれた箇所がありますが、固く薄い砂利がある路面を車椅子で進みます。

富岡製糸場

見学コースは「首長館」から「寄宿舎」へ進みます。寄宿舎周辺の路面は、見学コースの中で最も荒れた未舗装路面です。かなりデコボコがあるので、車椅子を慎重に進めて下さい。

富岡製糸場

富岡製糸場

○診療所、女工館、検査人館へ

見学コースは元来た道を引き返しながら、「診療所」、「女工館」、「検査人館」などの横を通ります。

富岡製糸場

富岡製糸場

繰糸所の近くまで、再度同じ未舗装路を通行します。

富岡製糸場

富岡製糸場

○社宅群からエンジン展示施設へ

そのまま東置繭所前まで戻ります。ここから先はルート順の指定はありません。

東置繭所を通り過ぎて直進すると「社宅群」エリアにでます。このエリアは未舗装路面で、一部の悪路区間にゴムマットが敷かれています。

富岡製糸場

社宅群を抜けると「ブリュナエンジン(復元機)動態展示施設」があります。これは古いエンジンを稼働させる新しい建物の施設です。定期的に昔のエンジンを動かしています。

エンジンのまわりを車椅子で一周することができます。エンジンを上から覗き込む台は階段で上ります。

富岡製糸場

○東置繭所の2Fへ

エンジン展示施設から東置繭所へ向かうと、2Fへの階段見学コースがあります。エレベーターはありません。

富岡製糸場

階段を上ると2Fの巨大な空間が見学できます。

富岡製糸場

富岡製糸場

古い施設なので基本構造がバリアフリーではありませんが、見学コース上の決定的な段差箇所にはスロープが設置されています。富岡製糸場の現時点での見学コースでは「東置繭所2F」が車椅子不可。「寄宿舎」前の路面が、車椅子での移動に苦労します。

富岡市立妙義ふるさと美術館 バリアフリー情報

群馬県「富岡市立妙義ふるさと美術館」は、奇勝妙義山を眼前に見る高台に建つ、車椅子で利用できる美術館です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

富岡市立妙義ふるさと美術館

雄大な自然と一級の建築

上質で上品、そして良い意味で贅沢な空間。自然と芸術を愛する大人向きの施設です。

富岡市立妙義ふるさと美術館

高台のお庭で眺望を楽しむ

立地は小山の頂といった場所。アクセスは車。側道に入り、坂道を上りきった先が「妙義ふるさと美術館」です。駐車場は広大。障害者用駐車区画の設定があります。

美術館前のお庭で眺望を楽めます。季節によってはお花が咲き、いくつかのオブジェや装飾、展望台のようなポイントなどがあります。未舗装箇所もあるので、車椅子では無理のない範囲の散策になります。出きれば天気の良い日のお出かけがお薦めです。

富岡市立妙義ふるさと美術館

本物と絵画で妙義山をみる美術館

昭和58年から毎年開催されている「妙義山を描く絵画展」の入選作が展示されている美術館です。1Fの展示室で多くの画家を魅了する妙義山を絵画で楽しむ。そして3Fの「展望写生室」で本物の妙義山を楽しむ。いずれも静かでゆとりのある空間です。

富岡市立妙義ふるさと美術館

万全のバリアフリー

1994年開館となっていますが、バリアフリー上の大きな問題はありません。エントランスはスロープ対応。ドアは自動ドア。実用に十分耐える障害者用トイレ有り。入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

3Fと2Fの「展示ギャラリー」は一周する回廊形式です。エレベーターは前後両面にドアがあるタイプ。2F・3Fとも前ドアから降りて回廊を一周し、後ろドアから乗る構造です。車椅子で利用しやすいエレベーターです。

富岡市立妙義ふるさと美術館

四季折々の妙義山を楽しむ

妙義山以外の絵画も数点展示されていますが、ほぼすべては春夏秋冬それぞれの季節の妙義山を描いた作品。どの季節の妙義山も魅力的です。3Fの「展望写生室」から、四季の妙義山を楽しみたくなります。冬季に車でお出かけの際には、滑り止め装置やスタッドレスタイヤの装着が必要です。

「富岡市立妙義ふるさと美術館」は、車椅子で利用できる施設です。

群馬県立自然史博物館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

群馬県富岡市の「群馬県立自然史博物館」は、車椅子で利用できる博物館です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

群馬県立自然史博物館

・子供も大人も楽しい本格派

もみじ平総合公園内にある「県立自然史博物館」は1996年に開館した本格的なミュージアムです。膨大な標本、剥製などの収蔵品を展示。展示の切り口は工夫され、詳しい解説があります。また動いて吠える恐竜の模型など、子どもを楽しませる企画随所に。幅広い層の知的好奇心を刺激する博物館です。

群馬県立自然史博物館

・障害者用駐車区画は大型用駐車場の中

アクセスは車です。もみじ平総合公園は人気の施設。駐車場が混み合います。公園の一般駐車場は、美術館側と自然史博物館側の2か所。そして遠くの臨時駐車場が2か所。障害者用駐車区画は、自然史博物館側の駐車場に入り、入口からすぐの場所にある大型用駐車場の中にあります。

一般駐車場そのものが満車の場合、進入路入口でスタッフが立ち、臨時駐車場へ誘導します。臨時駐車場は坂道の先で距離があり、かつ未舗装路面でし。満車の場合は、スタッフに車椅子利用の旨を相談してください。

また障害者用区画が満車だった場合、その先の一般駐車場は一段低い場所なので、車椅子で博物館へ向かうにはスロープを上ることになります。

障害者用駐車区画から博物館へ向かう歩道の脇にも、自然史博物館らしい展示物が多数あります。

また駐車場から博物館までの移動距離は100m以上あるので、雨の日の車椅子でのお出かけは注意してください。

群馬県立自然史博物館

・入館料減免手続きは総合案内で

「県立自然史博物館」は「かぶら文化ホール」と併設した建物です。建物入口付近に「総合案内」があるので、最初にここで障害者手帳を提示してください。本人と介助者1名まで無料の入館券を発行していただけます。無料入館券をもらわずに博物館の入口に行っても、手帳の提示だけでは入館できません。

群馬県立自然史博物館

・障害者トイレはホール側

障害者用トイレは「かぶら文化ホール」側に一つだけ設置されています。博物館内にはないので注意してください。来館後の車椅子での動線としては、総合受付、トイレ、博物館という順が無駄のない動きになります。

群馬県立自然史博物館

・博物館2Fへはスタッフ誘導で

博物館の展示は2フロア構成。健常者は階段利用が前提の展示設定です。車椅子利用者は1F展示の最終コーナーまできたら、近くに立つスタッフに声をかけてください。エレベーターは有料エリアを出た先の無料エリアにあるので、スタッフの誘導で利用するルールです。2Fから1Fへ戻り博物館を退出するルートは、自由にエレベーターを利用できます。

群馬県立自然史博物館

館内の見学通路は広く車椅子で見やすい展示で、地球の、そして群馬の自然史の展示が充実しています。「群馬県立自然史博物館」は、車椅子で利用できる博物館です。