新井薬師梅照院  車椅子お参りガイド バリアフリー情報

新井薬師梅照院

東京都中野区の名刹「新井薬師」は、境内まではフラットですがご本尊は段差の上です。しかし新東京100景に選ばれた名刹の境内を車椅子で移動することは出来ます。現地の状況を紹介します。

新井薬師梅照院

正式名称は新井山梅照院。新井薬師は通称です。都内にありながら趣ある名刹です。駐車場に関して何の案内もありませんが、境内の2か所が適当に停めることができる駐車スペースになっています。ただし「悪質な無断駐車は警察に通報・・」という掲示があります。参拝時に限った利用を厳守してください。

本堂は段差の上。スロープ対応はありません。8のつく日は本堂で護摩法要がありますが、こちらも畳の上に座ります。車椅子利用者にとってハードルの高い参拝になります。ご本尊は「眼病」のご利益が有名。また「子育薬師」として信仰を集めています。

車椅子では段差の手前からのお参りになりますが、境内には他に見どころがあります。幾つかご紹介をします。

境内の南側が山門です。この門は趣があります。そして驚くほどの桜の古木が参拝者を出迎えます。

本堂の他に、薬師堂、不動堂、鐘楼などが境内に配置されています。いずれもバリアフリーではありませんが、境内の中央部から車椅子で全体を眺めることは出来ます。

新井薬師梅照院

境内北側の区画にまわると、聖徳太子像が建っています。少年期の太子の像です。新井薬師は西新井大師と同門同派のお寺です。真言宗豊山派の寺院で薬師如来と如意輪観音がご本尊ですが、太子信仰の流れもあります。仏教を導入して国内を治めた太子の徳を偲ぶ像です。聖徳太子像は車椅子で近くに行くことができます。

水をかけて洗い清めながら「おねがい」をする「おねがい地蔵」はお参りする人が絶えません。車椅子で「おねがい」エリアにたどり着くのはやや難がありますが、境内一人気がある地蔵様です。絶えることなく「おねがい」をしている人がいます。

新井山梅照院はバリアフリー寺院ではありませんが、車椅子で移動可能な範囲だけでも、お参りに訪れたい趣がある名刹です。

近隣の東京都指定名勝「哲学堂公園」を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2017年10月の取材に基づいています)