湯島天神菊まつり2019 車椅子からみたバリアフリー情報

湯島天神菊まつり2019 車椅子からみたバリアフリー情報

東京都文京区の「第41回湯島天神菊まつり」に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

開催期間は2019年11月1日から23日までです。

第41回湯島天神菊まつり

○車椅子でのアクセスルート

湯島天神は坂の上の高台に建つ社です。車椅子では「唐門」から境内に入るのが最も楽なルートになります。

湯島天神菊まつり2019 

「唐門」までのアクセスルートは、湯島駅方面からは傾斜の強い坂道を上るので、本郷三丁目方面からのアクセスが楽です。ただし春日通りの歩道は幅に余裕がなく、ところどころに小さな段差があります。

湯島天神

参拝者用の専用駐車場はありません。「唐門」の近くにコインパーキングがありますが、障害者用駐車区画の用意はありません。

湯島天神菊まつり2019 

○境内菊飾りの配置

「唐門」から境内に入るとすぐに「盆栽」「切花」の展示があります。

湯島天神菊まつり

その隣が「菊人形」です。湯島天神菊まつり2019の代表作品です。

湯島天神菊まつり

本堂周辺は様々な形式の菊で飾られています。

湯島天神菊まつり

湯島天神菊まつり

湯島天神菊まつり2019 

本堂の裏側の壁側は、すべて菊の展示コーナーになっています。

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

鳥居から境内に入ってすぐの場所も、大型作品の展示があります。

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神菊まつり2019 

○境内のバリアフリー状況

「湯島天神菊まつり」は、春の「梅まつり」に比べると、それほど混雑しません。屋台の出店も少なく、境内は車椅子で移動しやすい状況です。

湯島天神菊まつり2019 

「唐門」から本堂周辺までは、舗装されたフラット通路なので、混雑していなければ、車椅子での菊飾りの鑑賞に大きな問題はありません。

湯島天神菊まつり2019 

鳥居から本堂へ向かう参道の路面は、少しデコボコがあります。そして拝殿の周辺が最も混みやすい場所です。

湯島天神菊まつり

参道脇の菊作品の展示を鑑賞する場合は、一度「唐門」から外に出て、鳥居から入り直した方がフラットルートです。

湯島天神菊まつり2019 

湯島天神は、坂と階段があるので車椅子でのアクセスルートに悩みますが、境内に入れば「菊まつり」は、「梅まつり」よりも比較的楽に車椅子で鑑賞できます。