埼玉県 道の駅いちごの里よしみ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

道の駅いちごの里よしみ

2005年に開業した吉見町の「いちごの里よしみ」は、「わんぱく広場」「芝生広場」などの公園スペースがある道の駅で、休日は家族連れで賑わいます。

道の駅いちごの里よしみ

週末には屋台が出店します。大きなスペースを活かした、イベント性が高い人気施設です。

道の駅いちごの里よしみ

駐車場には屋根無しで身障者用駐車区画が2台分あります。

道の駅いちごの里よしみ

そこから24時間利用できるトイレ&休憩所棟にスロープで上る構造です。

道の駅いちごの里よしみ

休憩所内にはパン屋と観光情報コーナーが入り、可動式のフリーテーブルが配置されます。車椅子での飲食利用は可能です。

道の駅いちごの里よしみ

休憩所内のバリアフリートイレは、設備更新されて内部は綺麗なトイレです。

道の駅いちごの里よしみ

ウォシュレット付き便器、オストメイト装置、ユニバーサルベッドが備えられています。

道の駅いちごの里よしみ

駐車場から商業施設と公園があるスペースには、車道を横断して移動します。

道の駅いちごの里よしみ

商業施設エリアへの移動ルートは改修されてフラットになっています。横断歩道を通行すれば、ほとんど段差を感じることなく通行できます。

農産物直売所「JA埼玉中央吉見直売所」店舗周りの小さな段差箇所が、改修されてほぼなくなりました。ややラフな改修箇所もありますが、気をつけて車椅子で移動すれば問題ありません。

道の駅いちごの里よしみ

農産物直売所内の床面はフラットです。店内通路は車椅子が通行できる幅があります。極端な混雑状況でなければ車椅子で買い物ができるお店です。店舗の前での屋外販売コーナーはスペースに余裕があり、少々の混雑でも車椅子で買い物ができます。

道の駅いちごの里よしみ

「吉見直売所」の裏側にトイレがありますが、バリアフリートイレはありません。

別棟の「いちごの里物産館」は、お菓子や加工品の販売と食堂などが入る施設です。入口は段差があり、横にスロープが用意されます。

道の駅いちごの里よしみ

物販コーナーは絶対的なスペースがなく、通路幅はあまり余裕がありませんが、空いている状況なら車椅子で店内移動ができます。

食堂「楽楽庵」は、うどんが自慢。スペースは広くはありませんが、フラットな構造で可動式のテーブル席なので、車椅子での利用は可能です。予約ができる食堂です。

「いちごの里物産館」内のトイレには、バリアフリートイレが1つあります。スペースは広いトイレです。

道の駅いちごの里よしみ

商業施設と公園があるスペースの中心部は「円形広場」。周辺には屋台が出店し、ベンチが配置されます。この広場はフラットでスペースに余裕があるバリアフリー広場です。広場のデザインはイチゴの花がモチーフです。

道の駅いちごの里よしみ

広場の横にはソフトクリームなどのテイクアウトショップが営業しています。

道の駅いちごの里よしみ

ショップやレストランには、いちごの里らしいオリジナル商品があります。「いちごのしずくサイダー」「いちご生どら焼き」、そして「いちごカレーうどん」。夏のかき氷は「雪いちご」。もちろん「いちご大福」「いちごソフト」などもあります。

細やかなバリアフリー改修により「道の駅いちごの里よしみ」は、車椅子で利用しやすい施設に進化しています。

(本稿は2022年4月に加筆修正しました)