栃木市立美術館・栃木市立文学館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

栃木市立美術館と栃木市立文学館

蔵の街、栃木市の中心部に2022年に誕生した隣接する2つの施設です。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

お散歩が楽しい巴波川網手道の近くにあります。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

県庁堀に沿って逆に進めば蔵の街の中心、メインストリート「蔵の街大通り」にでる観光地にあります。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

2館共用の来館者用駐車場があります。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

身障者用駐車スペースは、市立美術館の前に2台分用意されています。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

新しい施設なので美術館、文学館ともに、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

栃木市立美術館は新築されたワンフロアの施設で、3つの展示室があるバリアフリー美術館です。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

バリアフリートイレは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置、ユニバーサルベッドが備えられています。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

栃木市立文学館は、1921年(大正10年)に建設された木造2階建の塔屋付き洋風建築、2014年まで現役で活躍した旧栃木町役場をバリアフリー改修した施設です。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

2フロア構造でエレベーターとバリアフリートイレが設置されています。正面入口は段差構造ですが、バリアフリーな出入口が建物の横に設置されています。1Fは資料コーナーなどで、展示室は2Fです。車椅子で問題なく利用できます。

栃木市立美術館と栃木市立文学館

栃木市立美術館と栃木市立文学館は、蔵の街栃木に誕生した新しい観光スポットです。

蔵の街栃木のバリアフリー観光情報を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年11月に執筆しました)