山種美術館「色で読み解く日本画」展 車椅子観覧バリアフリー情報

山種美術館「色で読み解く日本画」展 車椅子観覧バリアフリー情報

東京都渋谷区広尾の山種美術館の特別展「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」を車椅子で観覧しました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

本展は2019年11月2日から12月22日までの開催です。

 

○8色で分類展示

青、赤以外に、緑、黄、黒、白、銀、金で分類された日本画が、51点展示されます。

東山、奥田の他に、川端龍子、平山郁夫、小林古径、山口蓬春、河合玉堂、奥村土牛、加山又造、横山大観、千住博・・・らの作品が並びます。

すべて山種美術館の所蔵作品です。

 

○美術館のバリアフリー状況

アクセスは恵比寿駅から徒歩10分の案内です。

身体障害者の利用に限り1台分の来館者用無料駐車スペースがあります。利用には事前予約が必要です。

入館料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

この制度は2020年3月14日から改訂され、本人と介助者1名の入館料は団体料金に減免されます。

館内の障害者用トイレは1Fのパブリックスペースにあります。

展示室があるB1へはエレベーターで移動します。展示室内はフラットで車椅子での移動に大きな問題はありません。

山種美術館の特別展「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」

○展示のバリアフリー状況

山種美術館の第一展示室内の観覧順は、動線としては行ったり来たりになります。会場が混雑している状況では、車椅子では観覧順に拘らずに、一方通行の動きで作品を鑑賞すると便利です。

展示は壁掛け展示で車椅子から問題なく鑑賞できます。

色を引き出す顔料の紹介など、一部の資料は中台ケース内に展示され、車椅子からの目線ではやや見え難い展示が一部あります。

第二展示室の展示は車椅子での鑑賞に問題はありません。

東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画

「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」は、東山と奥田の二人展ではなく、多数の日本画家の名画を車椅子で楽しめる特別展です。