伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展」バリアフリー情報

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展」バリアフリー情報

※伊藤忠青山アートスクエアは2021年3月に閉館しました。

「テクニカル北斎展」は、伊藤忠青山アートスクエアで2019年1月17日から2月16日までの開催。技法の秘密や現代の浮世絵師の作品を展示する無料の企画展です。

会場内はほぼフラット、車椅子で見学可能です。

○車椅子での行き方

アートスクエアへの通常ルートは階段です。車椅子での行き方は2通り。駐車場から会場裏のドアから入るルートと、2018年に新設されたロング昇降機を利用するルートです。いずれも初めての利用では戸惑うので、事前にアートスクエアに問い合わせて利用方法をよく確認してください。

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

○北斎の技法を知る

展示内容は、大きく3つに分類されます。

一つは名画「赤富士」を題材にした、北斎の技法の解説。製作の工程などからその技の凄さを理解します。

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

○摺りたての復刻版

次は、誰でも知っている北斎の名画の数々を、現代の彫師、摺師が復刻。摺りたての鮮やかな浮世絵が展示されます。

浮世絵の技術を継承する活動をおこなっているのは「アダチ伝統木版技術保存財団」です。

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

○現代のアーティストの作品

最後のコーナーは、技術を継承している現代のアーティストにより創造された浮世絵の展示。これは面白い。観る価値のある現代浮世絵アートです。

伊藤忠青山アートスクエア「テクニカル北斎展

車椅子での会場へのアクセス方法が分かり難いので、事前に確認することをお薦めします。会場内は、車椅子での見学は可能です。