玉川高島屋S・C 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

玉川高島屋S・C 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都世田谷区二子玉川の「玉川高島屋S・C」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。知っていると、より快適に車椅子で利用できる現地の情報を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

 

○施設全体の概況

1969年に開業して、増改築や改修を重ねてきた商業施設です。

二子玉川駅から直結するのが「南館」。その横が「本館」です。玉川通りを挟んで建つのが「東館」。パーキングにつながるのが「西館」です。周辺には独立棟として「東館アネックス」「マロニエコート」「ケヤキコート」「アイビーズプレイス」「花みず木コート」「ガーデンアイランド」そして「タワーパーキング」があります。以上で構成される複合施設が「玉川高島屋S・C」です。

本稿では主要な施設となる「本館」「南館」「東館」「マロニエコート」を中心に、車椅子での利用上の注意点を紹介します。

玉川高島屋S・C

○二子玉川駅からの連絡通路の選択

B1と3Fで二子玉川駅と「南館」が連絡通路で直結します。直結する施設は「二子玉川ライズドックウッドプラザ」です。

「二子玉川ライズドックウッドプラザ」のB1は、隣接する「二子玉川ライズ」の棟に横にそのままつながります。

「玉川高島屋S・C」の3Fと「二子玉川ライズドックウッドプラザ」の2Fが連絡橋でむすばれています。ドックウッドプラザの2Fは、隣接する「二子玉川ライズ」の棟にはつながりません。そのため「二子玉川ライズドックウッドプラザ」の1系統3基のエレベーターで、上下階移動をする必要があります。

玉川高島屋S・C

二子玉川はベビーカーがとても多い街です。そのため週末の日中は、各施設のエレベーターが混みあいます。

「玉川高島屋S・C」の3Fと「二子玉川ライズドックウッドプラザ」の2Fをつなぐ連絡橋を車椅子で利用した場合、ドックウッドプラザ側のエレベーターが混雑して苦労することがあります。特に中間階である2Fからのエレベーター利用は、満員で乗れずに何回も見送ることがあります。

「玉川高島屋S・C」の3F側へのアクセスは手前に段差がありますが、シースルーエレベーターと、その横に段差迂回スロープがあるので、エレベーターが混んでいても段差回避ができます。

玉川高島屋S・C

○本館のエレベーターが1系統

最も大きい建物である「本館」は、エレベーターが1系統しかありません。「南館」には3系統あります。フロア面積からみて、感覚的には複数系統のエレベーターがあるイメージになるので注意して下さい。

例えば、「本館」と「東館」をつなぐ連絡橋は、段差回避ルートでは「本館」の2Fに連絡します。「本館」の2Fは「南館」との連絡通路がないので、1系統のエレベーターを利用して他のフロアに移動する必要があります。

 

○障害者用トイレは各階にはない

「本館」と「南館」の障害者用トイレは各階にはなく、約半数のフロアに用意されています。

「東館」はB1に1つ。無印良品など入る「マロニエコート」は、駐車場階のB1に1つ用意されています。

無印良品など入る「マロニエコート」

○ヴァレーパーキングサービス

車利用の場合、駐車場は複数箇所用意され、それぞれに障害者用駐車区画が用意されています。

有料のサービスになりますが、西館B1では車を預かるヴァレーパーキングサービスがあります。

「玉川高島屋S・C」は、駅からのアクセスルート、本館のエレベーター、障害者用トイレに関する事前知識があると、車椅子でより快適に利用できるバリアフリー施設です。