車椅子で行く軽井沢タリアセン バリアフリー情報

塩沢湖の周囲に広がる複合リゾート「軽井沢タリアセン」。軽井沢らしい素敵な景観、洒落た洋館・美術館などからなる施設です。

しかしながら園内通路はオフロードで坂道あり、一部の施設は土足厳禁で階段構造ありと、車椅子での利用は苦戦します。主な施設の状況を詳しく紹介します。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○アクセスと障害者減免

アクセスは車が便利です。駐車場は無料ですが、夏休みなどトップシーズンは有料で障害者減免はありません。

入園は有料で「ペンネ美術館」など別に入館料が必要な施設があります。料金は障害者手帳の提示で本人のみ半額に減免。また12月と1月は入園無料になり、別料金の施設の利用料も割引価格になります。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○中央ゲート付近はバリアフリー

ショップやレストランがある中央ゲート付近はバリアフリーです。障害者用トイレは「レストラン湖水」の中にあります。

このバリアフリーエリアからの眺めだけでも、軽井沢らしい素敵な景観を楽しむことができます。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

 

以下、車椅子では苦戦する主な施設を紹介します。

 

○「ことりがよぶ道」はデコボコ

中央ゲートほど近くから始まる「ことりがよぶ道」。素敵な名称の遊歩道ですが、車椅子では苦戦するデコボコルートです。「睡鳩荘」までの道のりは、車椅子ではかなり無理しての通行になります。ゆっくり慎重に車椅子を進めてください。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「睡鳩荘」は土禁でエレベーターなし

タリアセンの景観を引き締める素敵な洋館が「睡鳩荘」。昭和6年築のヴォーリス建築です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報ここは土足禁止でスリッパに履き替えての入館。1Fエントランス部はスロープ対応あり。車椅子を拭いて手動ドアを開けて入館します。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

館内1Fには、ヴォーリス建築風の障害者用トイレがあるので必見です。

2Fのバルコニーからの眺望は素晴らしいのですが、階段のみで車椅子では上れません。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「明治四十四年館」は急坂の上

「野の花美術館」と「レストランソネット」がある「明治四十四年館」は、明治44築の元軽井沢郵便局。ここへのアクセスは「睡鳩荘」横の「近道」からは階段路。「遊園地」経由のルートは急坂路。車椅子では近づくことが難しい場所です。

夏休みなどピーク時は隣接する「北口」がオープン。ただ「北口」から入ると、逆に車椅子で他のエリアに向かうのが困難です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「ペイネ美術館」は土禁、入口は段差あり

「ペイネ美術館」は軽井沢に最初に建てられた別荘を利用した施設。入口には段差があり、土足禁止です。館内の中二階へはスロープですが、車椅子には辛い急坂スロープ。館内1Fの通路も狭い。車椅子ではかなり苦労する美術館です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「イングリッシュローズガーデン」は段差路を回避

6月から9月の間バラが咲き続ける「イングリッシュローズガーデン」。散策路を進むと段差路に誘導されますが、周回路なので平路を進んで下さい。帰りも同じルートです。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

未舗装路もありますが、ここは車椅子でもなんとか通行できるデコボコレベルです。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

 

軽井沢タリアセンは、車椅子では苦戦する箇所が多いリゾート施設ですが、中央ゲート付近は無理なく車椅子で利用できます。