渡良瀬渓谷 高津戸峡 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

高津戸峡

渡良瀬川の中流、群馬県みどり市にある高津戸峡は、歩行者専用の「はねたき橋」などから、車椅子で渡良瀬渓谷の景観を楽しめるバリアフリーな観光地です。周辺の施設を含めて、車椅子からみた高津戸峡のバリアフリー状況を紹介します。

〇「はねたき広場」から「はねたき橋」へ

高津戸峡はわたらせ渓谷鐡道の大間々駅の近くにあります。駅から徒歩でのアクセスが可能です。車椅子観光でお薦めしたい「はねたき橋」までは、駅から約500ⅿです。

高津戸峡

車利用の場合、「はねたき橋」に便利な無料駐車場は、「はねたき広場」の駐車場です。身障者用駐車スペースが用意されています。

高津戸峡

広場から「はねたき橋」までは、約150ⅿです。

高津戸峡

「はねたき広場」の公衆トイレには、バリアフリートイレが用意されています。

高津戸峡

舗装路面を通行して「はねたき橋」まで行くことができます。最後の直線路に入る下の写真の地点に、高津戸峡遊歩道まで100ⅿという案内板があります。高津戸峡遊歩道は車椅子では無理な段差路です。

高津戸峡

下り坂を進むと「はねたき橋」が見えてきます。

高津戸峡

「はねたき橋」の入口は車止めがありますが、左から2番目の間隔が少し広く開いています。車椅子への配慮だと思われます。普通サイズの車椅子は通過できます。

高津戸峡

橋面はフラットな構造で、すれ違いができる幅があります。

高津戸峡

橋の中央部に、渓谷を観覧するスペースが用意されています。

高津戸峡

そこから観た下流方面の景観です。車椅子からこのような渓谷美を楽しめるバリアフリースポットは希少です。

高津戸峡

下の写真は、上流方面の景観。ゴツゴツの岩がありますが、すぐ先が高津戸ダムで、一部はコンクリートです。天然と人口が交じり合った姿が眼下にあります。

高津戸峡

〇はねたき道了尊のバリアフリー状況

「はねたき橋」の近くにある「はねたき道了尊」は、「どうりゅうさん」の呼び名で親しまれている、250年以上の昔から地元で信仰されている「ねじりん棒のほとけさま」です。

境内は砂地に舗装通路が整備されています。通路上から車椅子でお参りができます。

高津戸峡

「はねたき道了尊」のお姿は、白狐の背に乗り、右手に子供の心に宿ろうとする悪鬼を懲らしめる「ねじり棒」を持っています。子供がまっすぐに育ってほしいと思う、親の願いを聞き入れてくださいます。

高津戸峡

境内には他に「ねじり棒」の祠、天狗の大下駄、不動明王の祠などが祀られています。

高津戸峡

天狗の大下駄は、天狗のように健脚でいられることを触って祈ります。少し無理をして砂路面に乗り込めば、車椅子から大下駄に手が届きます。

高津戸峡

〇神明宮のバリアフリー状況

「はねたき広場」の南側に、大間々の鎮守様「神明宮」が鎮座しています。参道付近はやや荒れていますが、舗装路面が整備されています。

高津戸峡

鳥居から社殿までは、舗装された参道です。

高津戸峡

手水舎は砂利路面に下りた先の段差の上にあるので、車椅子でのお浄めは苦戦します。

高津戸峡

創建は1347年、この地に遷座したのは1597年と伝えられる古社です。現在の社殿は2000年に再建されました。

高津戸峡

〇ながめ駐車場と高津戸橋のバリアフリー状況

高津戸峡の観光駐車場として「ながめ北駐車場」と「ながめ西駐車場」が用意されています。神明宮の南側に隣接しているのが「ながめ北駐車場」です。身障者用駐車スペースが設定されています。

高津戸峡

駐車場の公衆トイレにはバリアフリートイレが用意されています。

高津戸峡

「ながめ西駐車場」は北駐車場から道を挟んだ反対側にあります。駐車場の最も奥に、身障者用駐車スペースが設定されています。その先にみえる赤い橋が高津戸峡に架かる「高津戸橋」です。車道と歩道が整備されています。

高津戸峡

「高津戸橋」の歩道からも、車椅子で高津戸峡の景観を楽しめます。

高津戸峡

車椅子では行けませんが、渓谷沿いの遊歩道から観た赤い「高津戸橋」は、絶景ポイントとして人気です。

高津戸峡

〇ながめ公園のバリアフリー状況

「ながめ西駐車場」に隣接して、高台に広がる公園「ながめ公園」があります。「ながめ」とは、眺めがよいことが語源ということです。

高津戸峡

今回取材時は、ながめ公園で「関東菊花大会」が開催されていました。パンフレットをみると、例年は有料展のようですが、2021年は無料で観覧できました。

高津戸峡

ながめ公園北口です。公園内ではここがもっとも低い場所。この先は上り坂が続きます。車椅子では園内の移動に体力が必要です。無理のない範囲で園内を散策してください。今回取材時は、園内の約半分を散策しました。

高津戸峡

階段路には段差回避スロープが設置されています。

高津戸峡

見事な菊花を観賞しながら、坂道を上がりました。

高津戸峡

公園の高台から、高津戸峡の景観を楽しめます。

高津戸峡

高台に飾られた見事な菊花の一つです。

高津戸峡

「ぐんまちゃん」菊花がありました。バックにあるのは、いまも生きる芝居小屋、昭和12年築の「ながめ余興場」です。地下資料室があり有料で見学できますが、段差構造のため車椅子では見学できません。

高津戸峡

高津戸峡は「はねたき橋」と「高津戸橋」から、車椅子で渡良瀬渓谷の景観を楽しめます。特に「はねたき橋」はお薦めです。

(本稿は2021年11月に執筆しました)