尾瀬の郷 花の駅・片品 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

群馬県片品村花咲にある日帰り温泉です。温泉は「花咲の湯」。車椅子利用者のための特別な設備はありませんが、手すりなどの一般的なバリアフリー設備はあります。入浴後の休憩スペース「大広間」は畳敷きです。

「花の駅」と名乗るように、入浴をしなくてもドライブ途中の休憩に利用できる「道の駅」のような施設です。車椅子からみた施設のバリアフリー状況を紹介します。

周囲には商業施設がない、山中にあります。駐車場は第一と第二があり、第一駐車場の施設エントランス横に、身障者用駐車スペースが1台分設定されています。

「花の駅・片品」は傾斜地に建つ構造で、駐車場から入るエントランスが2F、地階の日帰り温泉が1Fです。

花の駅・片品 車椅子利用ガイド

エントランスには段差がなく、出入口は自動ドア。館内は土足禁止で、エントランスでスリッパに履き替えます。車椅子はタイヤを拭いて入館。段差回避スロープを上がり館内2Fに入ります。

館内2Fはフラットな構造で、バリアフリートイレが用意されています。ジェラートコーナー、お土産コーナー、レストランは、無料で利用できます。どちらもスペースに余裕があり、レストランは可動式のテーブル席があるので、車椅子で利用できます。

屋外施設として、平成の名水百選「武尊の恵水」があります。無料で汲み放題です。

農産物直売所は2Fの外側にあります。小規模なお店ですが、片品村産の新鮮な高原野菜などが並ぶ、美味しいものに出会える直売所です。

花の駅・片品 車椅子利用ガイド

ジェラートコーナーは外からでも利用できる構造で、前庭に車椅子で利用できるフリーテーブル席が配置されています。

花の駅・片品 車椅子利用ガイド

第二駐車場には巨木の切り株を利用したベンチがあり、花の駅・片品のシンボルになっています。

花の駅・片品 車椅子利用ガイド

ドライブ途中で休憩できる施設です。「花の駅・片品」は車椅子で利用できます。

(本稿は2021年7月に執筆しました)

大磯港 OOISO CONNECT 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

2021年4月開業。神奈川県大磯町の港に誕生した「大磯港賑わい交流施設」です。1Fがショップとテイクアウトコーナー、2Fはレストランです。新しい施設なのでバリアフリーですが、駐車場からエントランスにかけて、車椅子での移動には注意が必要です。そのポイントを紹介します。

アクセスは車が便利です。来館者用の専用駐車場はなく、隣接する「神奈川県大磯第二駐車場」の利用が推奨されています。

有料駐車場で駐車料金の障がい者減免制度はありません。今回取材時は「OOISO CONNECT」で3千円以上利用すると1時間サービス券が発行されていました。

大磯港 OOISO CONNECT

この駐車場の身障者用駐車スペースは「OOISO CONNECT」寄りではなく、駐車場の中央部に用意されています。

大磯港 OOISO CONNECT

駐車場から車椅子が出ることができる場所は、車の出入口の横にあるスロープの一か所だけです。そこに行きやすい場所に身障者用駐車スペースが設定されています。

大磯港 OOISO CONNECT

「OOISO CONNECT」に近い出入口は、狭い間隔でポールが立てられていて、車椅子は通行できません。

大磯港 OOISO CONNECT

港側の出入口も間隔が狭い柵があり、車椅子は通行不能です。

大磯港 OOISO CONNECT

おそらく、二輪車が料金は支払わずに出庫してしまうことを防ぐために、フェンスやポールがあるのだと思われます。車椅子では港と反対側にある唯一の出入口から駐車場に出入りしてください。

大磯港 OOISO CONNECT

車椅子用の駐車場出入口から「OOISO CONNECT」の近くまでは、舗装歩道が整備されています。そこから車道を横断してエントランスに向かいます。「OOISO CONNECT」のエントランスは1段高くなっていて、段差解消箇所はありません。施設の陸側の歩道から段差を上がります。この付近の舗装路面は経年劣化で荒れていて、デコボコがあるので注意して車椅子を動かしてください。

大磯港 OOISO CONNECT

施設内はバリアフリー仕様です。ただし外観からイメージするほどの大きさはありません。1Fは農産物と海産物が並ぶショップと、カレーパンやハンバーガーを販売するスナックコーナーがあります。「OOISO CONNECT」の指定管理者は、(株)川場田園プラザさんです。ショップでは川場ブランドのヨーグルトが販売されています。

大磯港 OOISO CONNECT

ショップ内からガラス窓越しに大磯港が見えます。

大磯港 OOISO CONNECT

「湘南しらす直売所」は、外に面した窓から販売するカウンターショップです。

大磯港 OOISO CONNECT

バリアフリートイレは1Fにあります。一般的なサイズの個室で綺麗なトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

2Fへは階段またはエレベーターで上がります。

大磯港 OOISO CONNECT

大磯港 OOISO CONNECT

2Fのレストランは一般的なテーブル席なので車椅子で利用できます。「地元の食材にこだわったシェフオリジナルの創作料理」を味わえます。

大磯港 OOISO CONNECT

2Fにはテーブル席が配置されたフリールームが2室あり、今回取材時は自由に利用できました。ここでお弁当を食べているスタッフの方もいらっしゃいました。

大磯港 OOISO CONNECT

車椅子で「OOISO CONNECT」を利用する場合は、駐車場からエントランスまで慎重に移動してください。館内はバリアフリーな施設です。

(本稿は2021年7月に執筆しました)

那須高原のテーマパーク アジアンオールドバザール 観光情報

栃木県那須町、那須ICから車で那須高原のメイン道路を直進して約20分の場所にあるコンセプトショップです。

キャッチコピーは「遊べる!アジアンミニテーマパーク」。傾斜地にメイン3棟とお庭などがある、アジアンな装飾品で溢れる入場無料のショップ&レストラン。来客が絶えない人気施設です。

那須高原のテーマパーク アジアンオールドバザール

バリアフリー施設ではありません。段差があるので車椅子で利用できる範囲は限定されます。バリアフリートイレの用意はありません。

広い駐車場からの入口は「バリ門」。ここは段差なく車椅子で通行できます。

那須高原のテーマパーク アジアンオールドバザール

その先の右側にあるのが「ポカラショップ」。インド、ネパールがテーマのショップです。このエリアは車椅子で利用できます。

那須高原のテーマパーク アジアンオールドバザール

1本100円のお香、ディープ雑貨、民俗衣装などが販売されています。不思議な異空間です。

那須高原のテーマパーク アジアンオールドバザール

坂の上にある「メコンショップ」と「ウブドショップ」は、段差構造で車椅子での利用は困難です。無理のない範囲でアジアンな世界を散策してください。

那須高原のテーマパーク アジアンオールドバザール

バリアフリー施設ではありませんが、那須高原のアジアンオールドバザールは、立ち寄ると面白いミニテーマパークです。

(本稿は2021年6月に執筆しました)