沼田・水上 車椅子で行く群馬県北部のバリアフリードライブコース

群馬県の北部、大自然と遊べる「沼田」と「水上」には、車椅子で利用できる観光施設があります。障がいのある家族と一緒に楽しめる、バリアフリーなドライブコースを紹介します。

「沼田コース」

・川場田園プラザ(沼田IC⇒6㎞)

一日まるごと遊べる道の駅。食事、買い物、散策が楽しめる大型施設です。時間の余裕をもって、ゆっくり過ごしてください。

・花の駅片品(川場田園プラザ⇒16㎞)

日帰り温泉、レストラン、農産物直売所、庭園がある施設です。周囲の道は地元の人が育てるお花で飾られます。

・道の駅尾瀬たかしな(花の駅片品⇒9㎞)

2018年に開業した新しい施設です。展望テラスから尾瀬の山並みを眺めることができます。「湧水コーナー」があり、2本の蛇口から片品の名水が流れ出ています。

・道の駅白沢(尾瀬たかしな⇒20㎞)

日帰り温泉と直売所がある施設です。開業年次は古い施設ですが、産直ショップや休憩スペースの車椅子利用に大きな問題はありません。(18㎞⇒沼田IC)

沼田・水上 車椅子で行く群馬県北部のバリアフリードライブコース

「水上コース」

・月夜野はーべすと矢瀬親水公園(月夜野IC⇒7㎞)

直売所と大きな公園そして矢瀬遺跡のエリアがある施設です。「矢瀬親水公園」と「矢瀬遺跡」は、舗装された散策路を車椅子で移動することが出来ます。

・たくみの里(月夜野はーべすと⇒10㎞)

核施設は道の駅登録をしているバリアフリー施設です。広大な敷地に数多くの施設が点在し、一部の店舗は段差構造なので、バリアフリー店舗を選び利用して下さい。

「野仏巡り」は、幾つかの野仏が階段の上なので、車椅子ではすべてを巡るのは困難です。野仏を選び、お参りしてください。

・赤谷湖記念公園(たくみの里⇒4㎞)

猿ヶ京温泉の入口にあるダム湖です。ダム名は「相俣ダム」。公園の先にあるダム管理事務所付近から、堰止湖の全体を眺望することができます。

・谷川岳ロープウェイ(赤谷湖⇒25㎞)

ロープウェイは一般的な車椅子なら乗車可能です。駅構内はエレベーターとスロープを利用して車椅子で移動できます。ロープウェイへの乗降は、スタッフのサポートがあります。ロープウェイ内では、スペースの関係で車椅子は横向き乗車です。終点の天神平周辺は未舗装路面で、車椅子では無理のない範囲で眺望を楽しみます。

・みなかみ水紀行館(ロープウェイ駅⇒11㎞)

道の駅登録がある施設で、直売所と資料館などがあります。名称「諏訪峡」に隣接した施設で、短い急スロープを下れば、車椅子で渓谷を眺めることができます。(水上IC⇒3㎞)

沼田・水上 車椅子で行く群馬県北部のバリアフリードライブコース

「沼田コース」「水上コース」ともに、車椅子で大自然を楽しみ、美味しい空気を吸い、綺麗な水と親しめるコースです。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

群馬県上野村 川の駅うえの 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

車椅子で山の美味しい空気を楽しめる、バリアフリー仕様の清流神流川沿いにある複合型観光施設です。開業後に施設の内容は幾多の変遷がありました。2020年時点での、施設の全貌を紹介します。

○3棟に6つの機能と川沿いのウッドテラス

施設の全体名称は、現在でも「川の駅うえの」です。

産直ショップは「上野村ふれあい館」。生鮮野菜と物産品が並ぶ広いお店です。店舗に併設して軽食コーナーがあります。メニューは限定的です。

その横に「上野村漁業同組合」の出店があり、水槽の鮎を選んでその場で塩焼きにしていただけます。ただし営業日は限られます。写真は水槽で泳ぐ鮎です。

上野村 川の駅うえの

木工物産品を展示販売するお店は「クラフトマンショップこかげ」。こちらも広いお店です。

上野村 川の駅うえの

別棟で「上野村産業情報センター」があり、産業や観光の「総合案内所」と、各種体験型イベントが開催される「森の体験館」があります。

上野村 川の駅うえの

その横に「森のギャラリー」棟があり、各種のイベントが開催できるギャラリーと、子供向けの遊び場「森っ子広場」があります。

上野村 川の駅うえの

「上野村ふれあい館」と「クラフトマンショップこかげ」そして「総合案内所」は、ほぼ通年営業しています。

「森の体験館」と「森のギャラリー」は、原則イベント開催時だけの開館になります。

他に、清流神流川を臨むテラスが、「上野村ふれあい館」の奥と、「森のギャラリー」の横に用意されています。

上野村 川の駅うえの

○駐車場とトイレの状況

広い敷地に建つ施設です。駐車場は「上野村ふれあい館」側に整備され、障害者用駐車区画が屋根なしで2台分用意されています。

上野村 川の駅うえの

障害者用トイレは、「上野村ふれあい館」がある棟内と、「上野村産業情報センター」内にあります。

 

○テラスは段差あり

駐車場から各棟への動線に段差はなく、車椅子での移動は可能です。各棟内もバリアフリー仕様で、車椅子からみて大きな問題はありません。

上野村 川の駅うえの

唯一段差があるのは、「上野村産業情報センター」と「森のギャラリー」の間にある、川を臨むテラスです。途中までは車椅子で移動できますが、川に近いテラスは段差がある一段低い構造でスロープはありません。車椅子では段差の手前のテラス空間の利用になります。

上野村 川の駅うえの

「川の駅うえの」は、「上野村ふれあい館」と「クラフトマンショップこかげ」を中核にした、バリアフリーな複合型観光施設です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

山梨県北杜市清里の「萌木の村」は、傾斜地の中に、数多くのショップやグルメ、レストラン、ミュージアムなどが点在する、清里を代表するお洒落な観光施設です。ただし、車椅子からみると全般的にバリアフリーではありません。

萌木の村の中で、車椅子で無理なく利用できる範囲を紹介します。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○アクセス方法と駐車場の選択

清里駅からは近く徒歩圏内です。ただしエリア全体が傾斜地です。車椅子で坂道を移動します。

駐車場が北と南にあります。中央部の臨時駐車場は、通路がなく移動には不便です。隣接する「ともにこの森」にも駐車場があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

村内の通路は一部を除き舗装されていますが、とにかく傾斜路です。車椅子利用者は、車でアクセスして、利用したいお店の近くの駐車場を利用することをお薦めします。各駐車場には、今どきの仕様ではありませんが、障害者用駐車区画の設定があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○店舗のバリアフリー概況

数多くのお店や施設がありますが、多くのお店はエントランスなどに段差があり、車椅子で利用できるお店はごく一部です。

「オルゴール博物館」も段差があり「スタッフがサポートします」と案内されています。

その中でレストラン「ROCK」は、新しく建て直されたバリアフリー仕様店舗です。障害者用トイレは、ROCK店内にあります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

レストラン「ROCK」を利用する場合は、「北駐車場」に入り、そのまま右手の坂道を上がり「ホテルハット・ウォールデン」宿泊者専用駐車区画の並びの区画に停められれば、傾斜路を通行せずにレストランに移動できます。

隣接する「ともにこの森」の「ミルクプラント」などの店舗は、傾斜路はありますが決定的な段差はなく、車椅子で利用可能です。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○南北エリアの移動は傾斜が強い

北駐車場または南駐車場に停めて、萌木の村全域を散策したくなりますが、北側が高地、南側が低地で、高低差があり、村内の素敵な散策路は強い傾斜があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

坂道に自信のある人以外は、車椅子利用者は南北それぞれに車を移動して、無理のない範囲で村内散策を楽しむことをお薦めします。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

夏恒例の「清里フィールドバレイ」の会場は、この南北間にある広場が会場です。どちらかといえば、南からのアクセスのほうが傾斜角度は楽です。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「萌木の村」は清里の魅力にあふれる素敵な観光地です。ただし通路の傾斜が強く、店舗の多くは段差があります。車椅子では無理のない範囲での観光に限定されます。

(本稿は2020年8月に執筆しました)