両国車椅子散歩 旧安田庭園 バリアフリー情報

東京都墨田区、両国駅から徒歩5分にある「旧安田庭園」は、部分的には車椅子で散策が出来る日本庭園です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年10月の取材に基づいています。

 

○庭園の歴史と概要

隅田川の水を引いた汐入回遊式庭園として、元禄年間に造営された大名庭園です。明治時代に安田氏の所有になり、現在では墨田区が管理しています。

来園者用の駐車場はありません。入園は無料です。

池を中心に砂利路面や飛び石のある散策路を巡る日本庭園です。

旧安田庭園

○園内のバリアフリー状況

正門から短い区間ですが二股に分かれる舗装路があります。

旧安田庭園

左側に進むと障害者用トイレがあるトイレ棟があり、「心字池」に続く散策路につながります。

左側に進むと障害者用トイレがあるトイレ棟

右側に進むと「心字亭」があります。出入口に段差回避スロープがある休憩所で、ここにも障害者用トイレがあります。

右側に進むと「心字亭」

○スタッグ防止装置付きの砂利路面

「心字池」が見える位置まで進むと舗装路は終わり、深い砂利路面の散策路になります。

心字池

この散策路には、車椅子のタイヤが砂利に潜り込まないように、円形の金具が埋め込まれています。したがって見た目は深い砂利路面ですが、頑張れば車椅子で進むことが出来ます。

ただし快適なバリアフリー路面ではありません。ある程度、車椅子のタイヤは砂利の抵抗を受けます。また埋め込まれた金具にタイヤが引っかかることがあります。

スタッグ防止装置付きの砂利路面

○心字池の一周は不可

体力のある人なら、円形の金具が埋め込まれた砂利路面を行けるところまで行くことができます。

心字池の一周は不可

その先には飛び石を越える箇所など、車椅子では決定的に通行できない段差箇所があるので、車椅子では心字池一周はできません。

心字池の一周は不可

○刀剣博物館側の出入口

刀剣博物館側の隅田川よりに、旧安田庭園の出入口があります。

刀剣博物館側の出入口

門をくぐるとすぐに円形の金具が埋め込まれた砂利路面になりますが、この出入口から入園すると、短い距離の砂利路面の通過で、より庭園の奥に車椅子で行くことが出来ます。

刀剣博物館側の出入口

旧安田庭園は、車椅子で一周はできません。ただし砂利路面に工夫があるので、体力の範囲で日本庭園を鑑賞できます。

両国 横綱町公園 車椅子からみたバリアフリー情報

東京都墨田区の東京都横綱町公園には、関東大震災と東京大空襲の被害者のための「東京都慰霊堂」、資料館「東京都復興記念館」、そして日本庭園などがあり、いずれも改修されて車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年10月の取材に基づいています。

東京都横綱町公園

○アクセスの状況

来園者用の専用駐車場はありません。

JR両国駅からは徒歩10分の案内。大江戸線両国駅からも、エレベーター出口を利用すると同じくらいの距離になります。

東京都横綱町公園

正門は清澄橋通りに面しています。公園入口は他にもあり、いずれも車椅子で通行できます。

東京都横綱町公園

○園内通路の状況

「東京都慰霊堂」の周囲は深い砂利路面です。そのなかに舗装通路があり、主要な施設にはすべて車椅子で移動することが出来ます。

東京都慰霊堂

東京都慰霊堂

東京都横綱町公園

○東京都慰霊堂のバリアフリー状況

正面入口は階段ですが、段差回避スロープがあります。車椅子で利用しやすい緩い傾斜のスロープです。

東京都慰霊堂

慰霊堂内はフラット構造で車椅子のお参りは可能です。巨大な祈りの空間が広がるお堂です。

東京都慰霊堂

東京都慰霊堂

○東京都復興記念館のバリアフリー状況

昭和6年に開設された施設で、入館無料です。

東京都復興記念館のバリアフリー状況

正面入口は階段ですが段差回避スロープがあります。このスロープも車椅子で利用しやすい緩い傾斜です。

東京都復興記念館のバリアフリー状況

東京都復興記念館のバリアフリー状況

入口のドアは車椅子で通過しにくいタイプの手動ドアです。今回取材時は、車椅子をみたスタッフがドアを開けてくださいました。

館内は改修されてバリアフリーです。2フロア構造でエレベーターが1基あります。1Fに障害者用トイレが用意されています。

東京都復興記念館のバリアフリー状況

東京都復興記念館のバリアフリー状況

展示室内の床はフラットで、すべての展示を車椅子で見学できます。

1Fは関東大震災の資料展示。2Fは東京大空襲の資料と震災の資料の展示があります。見ごたえのある貴重な資料が展示されています。

東京都復興記念館のバリアフリー状況

東京都復興記念館のバリアフリー状況

東京都復興記念館のバリアフリー状況

東京都復興記念館のバリアフリー状況

○日本庭園のバリアフリー状況

段差の無い舗装された通路があり、段差箇所を避ければ庭園内を車椅子で散策できます。

日本庭園のバリアフリー状況

日本庭園のバリアフリー状況

隣接する「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」まで、舗装路を通り車椅子で行くことが出来ます。

東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑

この碑は上部が花壇です。花壇のデザインは、毎年都内の小・中・高校生から公募し、優秀作品4点が春夏秋冬の花壇デザインに採用されています。

東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑

「東京都慰霊堂」、「東京都復興記念館」、そして日本庭園は、車椅子で利用できます。横綱町公園は、歴史の長い公園ですが、バリアフリーに改修されています。

川﨑 大師公園瀋秀園 車椅子での庭園鑑賞ガイド バリアフリー情報

神奈川県川崎市の「大師公園瀋秀園(しんしゅうえん)」は、車椅子で利用できる入園無料の中国式庭園です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年5月の取材に基づいています。

大師公園瀋秀園

○庭園の歴史

川崎市が管理する市の施設です。川崎市の案内では、中国の友好都市「瀋陽市」から贈られて1987年に開園となっています。手入れが行き届いたとても綺麗な庭園です。

異国情緒あふれる庭園

異国情緒あふれる庭園なので、近年はコスプレ撮影に人気です。撮影をする場合は、事前に川崎市の許可を得る必要があります。

異国情緒あふれる庭園

○アクセス方法

川崎大師駅から徒歩10分の案内です。この間のルートはフラットな舗装路です。

大師公園に60台収容の有料駐車場があります。障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。出庫時に精算機のカメラに障害者手帳をかざす運用です。

大師公園

○トイレは大師公園の施設を利用

瀋秀園の中にはトイレはありません。

大師公園の「子ども広場」近くの公衆トイレに障害者用トイレがあります。

大師公園

○正面入口は段差あり

車椅子で瀋秀園内に向かいます。

「垂花門」が正門ですが、ここは段差があります。

異国情緒あふれる庭園

車椅子の入口を示す案内板があるので、それに従って迂回して下さい。通用口のような箇所から園内へ段差なく入ることが出来ます。

正面入口は段差あり

ちなみに、ベビーカーは入園禁止です。

園内は各所に段差があります。車椅子ではルートを選びながら散策します。

車椅子で瀋秀園内に

車椅子ではルートを選びながら散策

○異国の景観が広がる園内

それほど広くはありませんが、見どころが多い本格的な中国式庭園です。無料の庭園ですが、手入れは行き届いています。

異国の景観が広がる園内

車椅子では園内の約半周が移動可能ルートです。庭園の奥、滝方面は、決定的な段差があるので行けません。車椅子で行けるところまで行って引き返します。

異国の景観が広がる園内

途中には、一見すると段差で通行不能に見えますが、探すと段差回避するルートがある箇所が数か所あります。

異国の景観が広がる園内

車椅子の可動範囲から、滝、池、楼閣、奇岩など、異国情緒あふれる庭園美を十分に楽しめます。

異国の景観が広がる園内

○ベストポジションは秀湖の楼閣

どこから見ても美しい庭園ですが、車椅子での可動範囲でのベストポジションは、「秀湖」楼閣です。

秀湖の楼閣

段差ルートの先に見えますが、いったん「垂花門」側にまわりこんで進むと、段差回避できます。「秀湖」楼閣まで車椅子を進めて、庭園を鑑賞できます。

秀湖の楼閣

この他にも、友好都市「瀋陽市」から贈られた、奇石や獅子像など、見どころは数多くあります。

秀湖の楼閣

大師公園瀋秀園は、車椅子では半周コースになりますが、とても美しい入場無料の中国式庭園です。