車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

バラの庭園を中心にしたフラワーガーデン「東武トレジャーガーデン」は、段差箇所には迂回スロープが整備され、車椅子で利用出来る施設になりました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年4月の取材に基づいています。

 

 

○開園日と入園料金をチェック

東武トレジャーガーデンは、夏季と冬季は閉園します。またその時期の開花状況により入園料金が変動します。開園日と入園料金をHPなどでチェックして下さい。

またウェディングパーティーなどで、園内のレストランが貸切営業になることがあります。

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

○障害者用駐車区画は一般サイズ

有料の時代もありましたが、現在駐車場は無料です。

ガーデン入口近くに障害者用駐車区画が数台分用意されていますが、区画のサイズは一般車用と同じです。広い乗降スペースが必要な方は、利用しやすい場所を探して駐車して下さい。

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

○迂回スロープで受付へ

ガーデンの入口は段差構造ですが、迂回スロープがあります。傾斜角度は標準レベルで一般的な車椅子利用者なら移動可能です。

入園料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が半額に減免されます。

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

○ガーデン入口も段差構造

入園手続きをして園内に入ると、すぐに下りの段差があります。段差回避ルートは右側です。車椅子では受付棟の裏側を廻るようにしてガーデン内に入ります。

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

○ガーデン内は車椅子で移動可能

園内はほぼ全域を車椅子でまわることができます。傾斜が強い箇所はありません。ところどころに、浅いくぼみがある路面箇所はあります。

ネモフィラガーデン側にある低い展望台だけは、階段構造のため車椅子で上ることは出来ません。

積極的に広報されていませんが、諸般の事情により2019年春の芝桜はありませんでした。2020年以後の予定は不明です。

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報

○教会内へはスロープで

レストラン、キッチンカーフードコート、売店へ、段差解消箇所を通り車椅子で行くことができます。売店内の通路はやや狭く、混雑していると車椅子での店内移動は苦戦します。

「聖ペテロ&パウロ教会」の入口は階段。ここも車椅子では段差迂回スロープで上ります。教会内は自由に通行できますが、通路が狭く車椅子での通行は難しい幅です。車椅子では、教会入口から内部を見学することになります。

車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報車椅子で行く館林 東武トレジャーガーデン バリアフリー情報○障害者用トイレの状況

園内の2か所にトイレがあり、それぞれ障害者用が用意されています。

 

例年5月のゴールデンウィークが混雑のピークになります。周辺道路が渋滞し、駐車場が満車になることもあります。車椅子利用者は、混雑ピークをずらした利用をお薦めします。

車椅子で行く東京都足立区立郷土博物館 バリアフリー情報

~奥が深いコレクションを基に、年間4本程度の企画展を開催するバリアフリー博物館~

(2018年11月に取材しました)

足立区立郷土博物館

○無料駐車場あり

電車の駅は徒歩圏内にはありません。「足立区立郷土博物館」へのアクセスは、車椅子利用者は車の利用が便利です。無料駐車場があり、1台分障害者用駐車区画の用意があります。

駐車場から館内へのルートは、フラットな舗装路で車椅子での移動に大きな問題はありません。

足立区立郷土博物館

○障害者減免あり

通常期は常設展の展示。企画展開催時は、常設展はお休みになることが多い運用になっています。

有料の博物館ですが、入館料は障害者手帳提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

館内1Fに障害者用トイレの用意があります。

足立区立郷土博物館

○展示室は2フロア

博物館で一般公開される展示室は1Fと2Fの2フロア。エレベーターがあるので車椅子での上下階移動は可能です。

足立区立郷土博物館

足立区立郷土博物館

1F中央部がホール。その横に第1展示室。2Fホール上部は回廊形式のギャラリー。そして横に第2展示室。いずれもフラット構造で車椅子での利用に問題はありません。

足立区立郷土博物館

○浮世絵ほか充実したコレクション

常設展は「江戸東京の東郊」がテーマ。足立千住エリアの民俗資料などの展示です。

足立区立郷土博物館

企画展の内容はその企画次第ではありますが、近年は博物館コレクションのテーマ展示が多いようです。そのコレクションが凄い。特に浮世絵のコレクションは、広重などを数多く所蔵しています。足立区立郷土博物館の企画展は、注目に値します。

足立区立郷土博物館

足立区立郷土博物館

○屋外展示も必見

無料で利用出来るエリアに展示舞台と屋外展示があります。

展示舞台は記念撮影スポット。段差の上ですが、健常者は舞台に上がることができます。

足立区立郷土博物館

施設の壁沿いには、地域に由来した数多くの記念碑や石仏などの展示があります。いずれも車椅子からの見学は可能です。

足立区立郷土博物館

○隣接して日本庭園あり

博物館の裏側は「東淵江庭園」という入園無料の日本庭園です。博物館と同じく1986年に造営されたお庭で、周回散策路が用意されています。

周回路には、一か所決定的な段差箇所があるので、車椅子では1周できません。段差箇所で引き返すルートになります。それでも車椅子移動可能範囲から、日本庭園美を楽しむことができます。

足立区立郷土博物館

○フリーテーブルあり

日本庭園の一角には、車椅子で利用出来るフリーテーブルが置かれたエリアがあり、飲食が可能です。庭園を眺めながら、ゆっくりとしたひとときを過ごすことが出来ます。

 

 

施設全体バリアフリーな博物館です。足立区立郷土博物館及び東淵江庭園は、車椅子で利用できます。

車椅子で行く横浜三溪園 バリアフリー情報

~園内全域が砂利路面で小さな段差があります、障害者減免制度がある明治の庭園~

(2019年3月に取材しました)

○バリアフリーではありません

公開は明治39年から。三溪園は舗装路が全くない日本庭園です。園のHPで案内されている「車椅子で鑑賞可能な区域」内も、砂利が浅く車椅子が動き、かつ決定的な段差はない区域という意味です。現地の状況を詳しく紹介します。

三溪園

○駐車場は満車の可能性あり

アクセスは車が便利。専用有料駐車場があります。駐車料金の障害者減免はありません。

三溪園は人気施設。週末、特に梅や桜、紅葉の時期は駐車場が満車になります。数台程度なら空き待ちで並べますが、それを超えると三溪園前に向かう道の入口で一般車両の進入が禁止されます。

混雑が予想される日に駐車場を利用する場合は、ピーク時間をずらした利用をお薦めします。

駐車場には整備された障害者用駐車区画はありません。混雑時は誘導スタッフに車椅子利用と乗降方法を相談してください。その時点で最善の駐車場所に誘導していただけるはずです。

駐車場内にある公衆トイレには障害者用が1つ用意されています。

三溪園

○入園料は障害者減免あり

入園料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。入口で手帳を提示して入園する運用です。発券所に立ち寄る必要はありません。

三溪園

○園内用ワイドタイヤの車椅子あり

園入口で車椅子の貸し出しサービスがあります。用意されるのは砂利路面に強い太いタイヤの車椅子。サイズは大小2種類。自走機能はなく、キャリパーブレーキや安全ベルト、ヘッドレストなどの装備はないタイプです。

通常の細いタイヤの車椅子よりも、園内の移動が楽な車椅子です。障がいの状況によっては、入口で車椅子を乗り換えるのも作戦です。その場合、マイ車椅子は預かっていただけます。また貸し出し用の車椅子は駐車場まで利用することが出来、その場合は駐車場のスタッフに返却する運用です。

三溪園

○車椅子で移動が楽な範囲

砂利路面で小さなデコボコはありますが、それでも車椅子での移動が比較的楽な範囲は「正門」から「大池」の右側を通り「三溪記念館」周辺までです。

三溪園

三溪園

「三溪記念館」はバリアフリー施設です。入口は自動ドアで、館内はフラット構造、障害者用トイレがあります。展示室、お茶処は車椅子で利用可能です。

三溪園

○その気になれば移動可能な範囲

路面の砂利が深い箇所や傾斜路、数センチの段差が連続する箇所がありますが、車椅子で移動出来ないことはないのは「鶴翔閣」周辺、内苑の「臨春閣」周辺の「三溪記念館」寄り、「大池」の左側です。

三溪園

三溪園

三溪園

三溪園

特に「大池」の左側は、園の案内では「車椅子で鑑賞可能な区域」ですが、相当数の小さな段差箇所があるルートです。それを避けるなら、帰りも「大池」の右側を通ることをお薦めします。

三溪園

○段差がある箇所

「内苑」の奥は階段ルートです。「三重塔」に向かうルートも階段。「旧東慶寺仏殿」などがある「外苑」の奥へのルートは、園の案内では「車椅子で鑑賞可能な区域」ですが低い段差箇所が連続する難所があります。

三溪園

三溪園

三溪園

三溪園

○ボランティアガイドが活躍

三溪園では、無料でボランティアのフリーガイドを受けることができます。車椅子で無理なく移動できる範囲から三溪園の魅力を知るには、ボランティアガイドのお力を借りるのも良い方法です。

三溪園

 

三溪園は明治時代からの庭園です。基本的にバリアフリーではない庭園だと理解した上で、車椅子で利用してください。