大洗から那珂湊へ 車椅子で訪ねる茨城バリアフリードライブコース

茨城県の大洗から那珂湊にかけて、車椅子で利用できるバリアフリー施設が数多くあります。その中から障がいのある家族と一緒に利用できる、ドライブでの立ち寄り先にお薦めできる施設、お店、観光スポットを紹介します。

「高速道路から大洗港へ」

「水戸大洗ic」から大洗港に向かいます。この区間の道路は整備が進んでいます。距離は約5km、10分程度でicから港に到着します。

大洗港には以下のバリアフリーな観光施設があります。

〇大洗わくわく科学館

エネルギーに関する展示解説がある、子供向きの有料施設です。入館料金は障害者減免制度があります。

 

〇大洗シーサイドステーション

元はアウトレットだった施設で、産直ショップ、グルメ店、物販店などがあります。

大洗シーサイドステーション

〇大洗マリンタワー

高さ60mの展望タワーです。入館料は障害者減免制度があります。

大洗マリンタワー

〇かねふくめんたいパーク大洗

明太子の製造工場で、工場見学、直売所、明太子おにぎりなどがあるフードコートがあります。

かねふくめんたいパーク大洗

なお魚屋とJA産直ショップがある「海・山直売センターいきいき」も、バリアフリーのレベルは下がりますが、車椅子で買い物が出来ます。

海・山直売センターいきいき

「高台の神社と博物館へ」

港から離れて高台に向かいます。大洗磯前神社と幕末と明治の博物館に立ち寄ります。

〇大洗磯前神社

一の鳥居は海中に建つ大洗を象徴する神社です。神社なので多少のデコボコや段差はありますが、車利用で高台の駐車場を利用すれば、車椅子で参拝可能です。海岸からの参道は階段ルートです。

大洗磯前神社

〇大洗町幕末と明治の博物館

幕末から明治維新の時代に活躍した、田中光顕伯爵が創立した博物館です。「常陽明治記念館」として昭和4年に開館。平成9年に新館を増設し、旧館をリニューアルして「大洗町幕末と明治の博物館」になりました。車椅子で観覧できます。観覧料は障害者減免制度があります。

大洗町幕末と明治の博物館

「水族館から海門橋を渡る」

海沿いに戻り、バリアフリー施設「アクアワールド茨城県大洗水族館」を見学。その先は「海門橋」を渡り、那珂湊に入ります。

水族館はバリアフリー施設です。駐車場は施設に近い大型バス用の駐車場に進み、係員に車椅子利用を申告し、誘導に従ってください。

観覧料は障害者減免制度があり、半額に減免されます。

アクアワールド茨城県大洗水族館

「那珂湊おさかな市場へ」

人気の観光スポットです。公的な市場ではなく、経営が異なるなる多数の魚屋が集積したエリアです。障害者用駐車区画がある大きな有料駐車場が整備されています。週末は有料の臨時駐車場も利用できます。

那珂湊おさかな市場へ

ひたちなか市の神社「酒列磯前(さかつらいいそさき)神社」は100m以上続く樹のトンネル参道「樹叢(じゅそう)」がある趣のある古社ですが、段差や路面のデコボコが激しく車椅子での参拝には不向きです。

酒列磯前(さかつらいいそさき)神社

「干し芋の名店から高速道路へ」

那珂湊おさかな市場から高速道路へのアクセスは「ひたちなかic」の利用が便利です。その通り道にあるバリアフリーな干し芋の名店を紹介します。

〇ほしいも専門店大丸屋

巨大な石の干し芋モニュメントと恐竜の彫刻があるお店です。エントランス周辺はスロープ対応、店内はスペースに余裕があるバリアフリー仕様で、綺麗な障害者用トイレがあります。

大丸屋から「ひたちなかic」までは4km弱で10分かからずに高速道路にアクセスできます。

ほしいも専門店大丸屋

大洗から那珂湊にかけて、車椅子で観光や買い物ができる施設があり、バリアフリードライブが楽しめます。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

足利 ココ・ファーム・ワイナリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

栃木県足利市の障がい者施設「こころみ学園」が運営する「ココ・ファーム・ワイナリー」は、誰でも利用できるワインショップとカフェがある施設です。最低限のバリアフリーは確保されて、車椅子で利用できます。現地の状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2020年1月の取材に基づいています。

足利 ココ・ファーム・ワイナリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○車椅子でのアクセス方法

徒歩圏に駅はありません。車の利用が便利です。

公共の交通機関を利用するなら、地域コミュニティバス「あしバスアッシー」のバス停からになります。ただし「ココ・ファーム・ワイナリー」は山の中腹にあり、バス停からは長い坂道を上ります。車椅子向きではありません。

敷地の最高地に来場者用の無料駐車場があります。その駐車場からワインショップとカフェへは、車椅子では辛い急な下り坂を通行します。

ワインショップとカフェの入口前に、タクシー乗り場になるフラットなスペースがあります。健常者が運転をする場合は、タクシー乗り場で車椅子利用者は乗降して、ドライバーだけが最高地の駐車場に停めに行くことをお薦めします。

足利 ココ・ファーム・ワイナリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○ワインショップとカフェのバリアフリー状況

タクシー乗り場からスロープを上り建物入口へ向かいます。ドアの下には小さな段差があるので注意して下さい。

足利 ココ・ファーム・ワイナリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

足利 ココ・ファーム・ワイナリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

建物に入ると手前がワインショップです。ワインの他に、採れたて野菜、ジャムなどの加工品、クッキーなどのお菓子類、チーズやハムなどワインのおつまみ類が販売されています。

木の床面は小さなデコボコがありますが、車椅子がひっかかるほどではありません。

店内通路は車椅子が通行出来る幅が確保されています。

建物の奥がカフェです。ランチメニューもあります。床面には小さなデコボコはありますが、ゆとりのあるスペースに可動式のテーブル椅子席なので、車椅子で利用できます。

開放的なテラス席があり、季節の良い時は、急斜面のブドウ畑を眺めながら、お茶や食事を車椅子で楽しめます。

足利 ココ・ファーム・ワイナリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ワインショップとカフェに隣接するスペースがワインの醸造室で、ガラス越しに巨大なタンクが見学できます。

 

○ワイナリーイベントのバリアフリー状況

ワインテイスティングは、その時期お薦めのワイン5種類をおつまみ付きで試飲する有料企画です。10名未満の人数なら、予約なしでその場申し込めます。ワインショップの試飲コーナーのイベントで、車椅子で参加可能です。

有料のワイナリー見学コースがあります。アップダウンがある道を移動し、施設内は一部に段差があるので、車椅子では無理のない範囲での参加になります。

「ココ・ファーム・ワイナリー」のワインは、国際線ファーストクラスや、有名レストランのスペシャルコースに採用された実績があります。

 

○障害者用トイレの状況

トイレはタクシー乗り場の横にある独立棟です。ワインショップとカフェの建物内にはありません。

足利 ココ・ファーム・ワイナリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

障害者用トイレが1つ用意されています。スペースはやや狭いトイレですが、設備は更新されて綺麗なトイレでした。

足利 ココ・ファーム・ワイナリー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○台風の傷跡

2019年秋の台風で、最高地駐車場横の山の斜面が崩れました。2020年1月現在、まだそのままの状態で、駐車場の一部は土砂で閉鎖されています。

なお台風による人的な被害はなかったそうです。

 

ブドウ畑は、1950年代に施設の少年たちによって手作業で開墾されました。そしてワイン造りは1984年から始まりました。山の中腹にありますが、車の利用で上手にアップダウンを避ければ、「ココ・ファーム・ワイナリー」は車椅子で利用できます。

めんたいパーク伊豆 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

静岡県函南町、明太子の「かねふく」が運営する「めんたいパーク伊豆」は、2018年に誕生した最新の「めんたいパーク」です。車椅子からみた、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年12月の取材に基づいています。

「かねふく」が運営する「めんたいパーク伊豆」

○ノウハウ満載、5軒目のパーク

「めんたいパーク大洗」から始まった工場直売所企画も、「めんたいパーク伊豆」で5軒目になります。「めんたいパーク伊豆」には、これまで培われた運営ノウハウが詰め込まれています。

めんたいパーク伊豆

大型バス用の駐車場を整備して、館内は団体客に備えた休憩スペースを確保しています。

2フロア構造で、2Fは来客が遊び、くつろぐためのスペースです。

めんたいパーク伊豆

また無料給茶機を複数箇所に導入して、来客のお茶ニーズに応えます。

めんたいパーク伊豆

そして工場見学コース「つぶつぶランド」は、インスタ映えする企画に進化しています。

「かねふく」が運営する「めんたいパーク伊豆」

めんたいパーク伊豆

○車椅子でのアクセス方法

伊豆仁田駅から徒歩20分の案内です。

車椅子利用者は車の利用が便利。180台を収容する無料駐車場があります。

障害者用駐車スペースは、エントランスを正面からみて左側にあります。

車椅子では、そこからスロープを上り館内へ入ります。

「かねふく」が運営する「めんたいパーク伊豆」

「かねふく」が運営する「めんたいパーク伊豆」

めんたいパーク伊豆

○館内のバリアフリー状況

フラットな構造でスペースに余裕があるので、館内全域車椅子で問題なく利用できます。

障害者用トイレは1Fに2つ用意されています。

めんたいパーク伊豆

2Fへはエレベーターで上ります。エレベーターの内装は、独特の世界観です。

めんたいパーク伊豆

ガラス越しにみる工場見学。車椅子からの低い目線でも、明太子の製造作業の様子を見学できます。

めんたいパーク伊豆

めんたいパーク伊豆

○車椅子利用上の細かい注意事項

2Fバルコニー「富士見エリア」の足湯は、構造的に段差があります。

1F「つぶつぶランド」内にある記念撮影用のセットの内、左側にある明太子のパッケージの中に入るセットは、出入口の幅が狭く、一般的なサイズの車椅子では利用できません。

つぶつぶランド」内にある記念撮影用のセット

隣接する「伊豆ゲートウェイ函南」と併せて、バリアフリーな観光エリアです。「めんたいパーク伊豆」は車椅子で楽しめる施設です。