茨城工場直営 日本ハム下館工房 バリアフリー情報

茨城県筑西市の「日本ハム下館工房」は、日本ハムのハム・ソーセージ製品の3割を生産している「茨城工場」の敷地に2002年に開業した施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年5月の取材に基づいています。

・工房と売店・レストラン

下館工房は、ソーセージ作りが出来る工房と、売店、レストランの構成です。

来館者用の無料駐車場があります。

工房は独立棟の平屋構造で、駐車場から店内まで段差はなく、車椅子で移動ができる施設です。

今回取材時した時点では、障害者用トイレはありません。一般的な洋式トイレだけです。

 

・ソーセージ作りは予約制

専属のマイスターが指導するソーセージ作りは予約制。一人500円+材料費肉1kg千円という料金設定です。

主要時間は製造に1.5時間、加工に1時間で合計2~3時間コース。

車椅子での参加も可能ということですが、食品製造ですから衛生管理は重要。消毒、エプロンや衛生帽子の着用など、その方の障害の状況に応じてご照会下さい。

また、3時間コースで障害者用トイレがないことも、考慮に入れて下さい。

 

・売店コーナーにはオリジナル商品

冷蔵ショーケースに「下館工房」ブランドのハム、ソーセージ、ベーコンなどが並びます。ここだけのオリジナル商品です。

いずれも高級品で、お値段もそれなり。豊富に試食が用意されていました。

商品別のお薦め調理方法やいただき方がかかれたレシピがあります。

例えば「アイスパイン」は「食べやすい大きさに切ってゼラチンと一緒に。また梅肉に付けると美味しい。」そうです。

日本ハム下館工房

・レストランメニューは、サンドイッチ

レストランコーナーは可動式のテーブルの椅子席なので、車椅子での利用は可能です。

メニューはサンドイッチ。売店コーナーで販売している「下館工房」ブランドのハム、ソーセージ、ベーコンを使った、かなりボリュームのあるサンドイッチです。

具材が足りないと、冷蔵ショーケースから商品をもってきて、開封して使います。

ランチセットは、各種のサンドイッチに、ソーセージ2本、サラダ、ドリンク付き。普通の人は、満腹になるボリュームです。

 

・アウトレット品はありません

工場直営の売店ですが、品質には問題のないアウトレット品はありませんでした。

工場では約1,000人の社員が働いているそうです。取材した時点では、茨城工場は日本ハムで最新かつ最大規模の工場です。

フラット構造の施設ですが、障害者用トイレがないことに注意してください。

車椅子で行く横浜 崎陽軒横浜工場バリアフリー情報

工場見学が大人気の「崎陽軒横浜工場」。予約不要で利用出来る「プチミュージアムショップ」もあります。崎陽軒横浜工場は車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年9月の取材に基づいています。

○アクセスは車が便利

崎陽軒横浜工場は港北インターチェンジの近くにあります。アクセスはバスか車。車椅子利用者は、車を利用出来ると便利です。

来場者用駐車場は5台分の駐車スペースがあり、一番奥のスペースが障害者用になっています。工場見学が開催される日は、駐車場は予約制です。予約方法など、さらに詳しく紹介します。

崎陽軒横浜工場バリアフリー情報

○工場見学は水曜日から土曜日

工場見学の実施日は水曜日から土曜日。毎月月末と年末年始はお休みです。

予約制で3か月前からネット予約ができます。ネット予約時に駐車場も予約します。すでに満車の場合はその旨が表示され、「交通手段を修正」すると予約ができるシステムになっています。

崎陽軒横浜工場バリアフリー情報

○車椅子の受付は各回2名まで

工場見学は一日4回実施。車椅子利用者の受付は、各回2名までです。こちらも予約申し込み時に、システム上で車椅子利用を指定します。

 

○工場エントランスのバリアフリー状況

来場者用駐車場の横に、入口への段差回避スロープがあります。スロープの先、工場建物入口のドアは手動式です。

駐車場からエントランスまでは屋根はありませんので、短い距離ですが雨天は濡れます。

崎陽軒横浜工場バリアフリー情報

○工場内は土足禁止

ここは食品工場。工場内は土足禁止です。車椅子で工場内を利用できるように、粘着マットが敷いてある段差解消ルートが用意されています。車椅子では粘着マットルートで工場内へ入ります。

建物入口を入った左側に、広くて設備が新しい障害者用トイレがあります。

「プチミュージアムショップ」は入口右側で、土足でそのまま利用できます。

崎陽軒横浜工場バリアフリー情報

○「プチミュージアムショップ」は毎日営業

崎陽軒横浜工場内に2013年にオープンした「プチミュージアムショップ」は、崎陽軒の焼売についての勉強をしながら、アツアツの焼売をいただくことが出来る、面白いミュージアムショップです。予約不要で毎月月末と年末年始以外は営業しています。

工場見学がない日曜日から火曜日は、駐車場は予約不要で利用することができます。そして、現在のところそれほど混みあうことはありません。

 

○工場できたてアツアツメニューをいただく

「プチミュージアムショップ」には焼売弁当など崎陽軒の人気商品が並んでいます。イートインで楽しめるのが「工場できたてアツアツメニュー」。アツアツの焼売やまんじゅうを、市価よりも少しお得にいただけます。

崎陽軒横浜工場バリアフリー情報

○列車シートが3ボックス

旅のイメージで、ショップ内に列車シートが3ボックス配置。そこに座って「工場できたてアツアツメニュー」をいただく企画です。昔ながらの列車のボックスシートを再現しているので、車椅子での利用はできません。ショップ内には車椅子用のイートイン設備はないので、ボックスシートの横に車椅子をつけて、アツアツメニューをいただくことになります。

崎陽軒横浜工場バリアフリー情報

○車窓で工場見学

ボックスシートの車窓がタッチパネル式モニターで、焼売の製造など工場見学で学ぶメニューが用意されています。崎陽軒の歴史などのメニューもあり、アツアツメニューをいただきながら、社会科見学ができる趣向です。面白いコンテンツが用意されています。ただしボックスシートの横に車椅子をつけた状態だと、タッチパネルまでは手が届きません。

崎陽軒横浜工場バリアフリー情報

○車椅子で快適に利用する知恵

「プチミュージアムショップ」アツアツメニューをいただく場合の知恵です。

ボックスシート、車窓がタッチパネル、という設定は、車椅子利用を想定していません。したがって健常者と同行すると何かと便利です。

また車椅子につけるテーブルがあると、より便利です。

そして、お茶のサービスはありません。焼売やまんじゅうに合う、お好きな飲料を持参することをお薦めします。

 

 

崎陽軒横浜工場見学は曜日限定開催で予約制。各回2名の車椅子定員あり。駐車場も予約が必要です。

「プチミュージアムショップ」は毎日営業。工場見学が無い日は、予約不要で駐車場が利用できます。