車椅子で行く LIXILギャラリー バリアフリー情報

~3つの企画展が同時開催される入場無料のギャラリー~

 

○ギャラリーのテーマは3つ

LIXILが文化活動として運営しているギャラリーです。

展示室は3つあり、それぞれのテーマで企画展が開催されます。

ギャラリー1は「建築とデザインとその周辺をめぐる巡回展」の会場。

ギャラリー2は「建築・美術展」の会場。

ギャラリー3は「やきもの展」の会場です。

LIXILギャラリー

○車椅子でのアクセス

所在地は中央区京橋3丁目。中央通りに面した「警察博物館」の隣です。

LIXILギャラリー

エントランスは中央通り沿いの1Fで段差のない構造です。

1Fはショールーム、あるいは広報ルームのような施設で、車椅子での利用は可能です。

LIXILギャラリー

ギャラリーは2Fで健常者は階段の利用。1Fショールームの奥に手動ドアがあり、その先にエレベーターがあります。手動ドアを嫌うなら、いったんエントランスを出て、ビルに沿って廻るとビルの正面入口があり、そこからエレベーターに行くことができます。

LIXILギャラリー

○2Fギャラリーのバリアフリー状況

エレベーターで2Fに上がると、1Fのようなドアはなく直接ギャラリーに入ります。受付がありますが、入場無料なので特に入場手続きは必要ありません。

LIXILギャラリー

LIXILギャラリー

LIXILギャラリー

LIXILギャラリー

3つのギャラリーはいずれも小規模。構造的には段差は無いので、車椅子での見学に大きな問題はありません。

2Fに障害者用トイレの用意があります。

LIXILギャラリー

車椅子利用に大きな問題のある構造ではありません。その時々の企画内容を確認してご利用下さい。

車椅子で行く筑波研究学園都市~サイエンス・スクエアつくば バリアフリー情報

産総研の先端技術ショールーム「サイエンス・スクエアつくば」は、車椅子で利用出来るのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○産業技術総合研究所へのアクセス

アクセスは車が便利です。学園東大通から、広大な敷地の「産業技術総合研究所」内へ入ります。関係者以外立入禁止のような雰囲気が漂う道を進むと、守衛所とゲートがあります。

ゲートスタッフに「見学に来ました」と告げ、横にある守衛所で駐車許可書をもらいます。入場手続きはこれだけです。

健常者が同乗している場合は、守衛所に行くのは簡単です。車椅子ドライバーだけの場合は、その旨をゲートスタッフに申告して下さい。代わりに守衛所に出向いていただけます。駐車許可書はペラ紙1枚で当日のみ有効。返却は不要です。

 

○障害者用駐車区画あり

守衛所で駐車場の案内図も渡されます。「サイエンス・スクエアつくば」正面に専用駐車場があり、障害者用駐車区画の用意があります。

「サイエンス・スクエアつくば」は2015年にリニューアルしました。施設全般快適なバリアフリーで、とても綺麗な障害者用トイレがあります。入場無料。ハイテクな音声ガイド端末が無料で利用できます。2018年現在は、28種の先端技術を展示解説。車椅子での見学に大きな問題はありません。

サイエンス・スクエアつくば バリアフリー情報

○ガイドスタッフの説明を聞く

館内は1Fワンフロア。トイレはフロア奥にあります。

館内に入るとすぐに受付があります。ガイドスタッフから館内の説明、音声ガイドの利用方法の説明などがあります。体験型展示の操作方法も教えていただけます。

 

○障害に関わる最新技術の紹介も

「イノベーションゾーン」という先端技術の紹介コーナーから、障害に関わる展示を紹介します。

身体を動かすことが出来ない障害者の意思伝達装置「ニューロコミュニケーター」。脳と機械をつなぐ「ブレイン・マシン・インターフェイス」技術を用いて脳波で意思を伝達する装置です。まだ研究段階で、想定ユーザーを訪問して実験を重ね、改良を進めています。早期実用化を目指しているということです。

サイエンス・スクエアつくば バリアフリー情報

○解りやすい展示もあります

先端技術の紹介コーナーは、なるべく易しく面白く、という配慮はありますが、内容は難しく大人向けです。

展示の中で、科学好きなら小学生でも楽しめるのが「ワンダーズ・オブ・サイエンス」のコーナー。ロボットの展示や「音の不思議」など、馴染みやすい展示があるコーナーです。

 

○隣は「地質標本館」

「産業技術総合研究所」には、もう一つ無料で一般公開している施設があります。正式名称は「国立研究開発法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センター 地質標本館」。「サイエンス・スクエアつくば」から100mほど隣にある施設です。「地質標本館」も車椅子で見学が可能です。

詳しくは「車椅子で行く筑波研究学園都市~地質標本館バリアフリー情報」を参照してください。

サイエンス・スクエアつくば バリアフリー情報

 

「サイエンス・スクエアつくば」は車椅子で見学が出来る、研究学園都市を象徴する産総研の先端技術ショールームです。

車椅子で行く銚子~しょうゆ味わい体験館バリアフリー情報

銚子は醤油の街。ヤマサ醤油工場内に2016年に誕生した「しょうゆ味わい体験館」は、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○工場内に無料駐車場有り

駅からは徒歩7分。工場内に無料駐車場が有るので、車での来場も可能です。

車利用の場合、工場入口に守衛所がありますが、特別な手続きをすることなく、そのまま車で工場内に入ります。

マイクロバスが停められるほどの大きな障害者用駐車スペースが、1台分あります。平常時はスタッフから駐車場所の指示はないので、入口周辺の駐車区画に来場者が自主判断して駐車します。

銚子~しょうゆ味わい体験館バリアフリー情報

○工場見学は平日のみ

工場見学は平日のみで要予約。工場見学コースは途中に階段ルートがあります。

土日は「映画ホール」での映像鑑賞と「しょうゆ味わい体験館」の自由見学ができます。予約は不要で、両施設ともバリアフリーです。他にお土産が買える工場ショップがあります。

銚子~しょうゆ味わい体験館バリアフリー情報

○受付で手続き

工場見学者の受付があり、簡単な入場手続きをします。

映画ホールで上映が始まる時間なら、そのまま映画ホールへ。駐車場から受付、映画ホールまで、すべてフラットで車椅子での移動に問題はありません。

 

○映画ホールのバリアフリー状況

映画ホール内はフラット構造で車椅子の移動は可能です。

シートは背もたれの無い長椅子ベンチ。車椅子用の特別な鑑賞スペースはありません。

車椅子のまま映画を見る場合は、シートの後ろ側か、横のスペースからになります。スペースに余裕があるので、問題なく車椅子で映画を鑑賞できます。

銚子~しょうゆ味わい体験館バリアフリー情報

○映画15分で醤油通になる

映画は醤油の歴史と製法を紹介する内容です。15分の映画ですが、これをみると醤油通になる、良く出来た内容です。

場内に赤ちゃんがいて、途中で泣き出してしまいましたが、それが許される雰囲気です。声が出てしまうタイプの障がいのある人でも、極端に騒がなければ、映画鑑賞は可能かと思われます。

今のところ映画を見終ると、お土産に醤油をいただけます。

銚子~しょうゆ味わい体験館バリアフリー情報

○しょうゆ味わい体験館のバリアフリー状況

「しょうゆ味わい体験館」は、工場見学入口の横に造られた展示とグルメの施設です。

ヤマサ醤油の歴史、醤油づくりの道具などが展示解説されています。醤油の発酵をバーチャル体験できるIT系の展示もあります。

グルメは「せんべい焼きコーナー」と「しょうゆソフトクリーム」の販売。煎餅は1枚100円。これを買って煎餅焼きコンロで、自分で焼いていただきます。

子どもが焼けるように、コンロは低い位置にセット。車椅子からでも煎餅を焼くことが出来ます。焼き上がりまで約10分。館内にフリーテーブルがあるので、そこで焼き立て煎餅をいただけます。無料のお茶サービスもあります。

「しょうゆ味わい体験館」はバリアフリー。車椅子での利用、展示の見学は可能です。

銚子~しょうゆ味わい体験館バリアフリー情報

○工場ショップのバリアフリー状況

「しょうゆ味わい体験館」の並びに、独立棟の工場ショップがあり、各種醤油および醤油関連商品が販売されています。会計はクレジット不可で現金のみです。

逸品として「ここでしか買えない特上醤油」が販売されています。普通の醤油と比べると値段が高い醤油ですが、小さな瓶に入って600円ほど。人気商品です。

ショップ内の通路は並みの幅があり、混雑していなければ車椅子でのショップ内回遊は可能です。

ショップの前にあるテイクアウトスタンドでは「せんべい焼きそば」が販売されています。「しょうゆ味わい体験館」内のフリーテーブルなどで、車椅子でいただくことができます。

銚子~しょうゆ味わい体験館バリアフリー情報

○トイレは独立棟

映画ホールと「しょうゆ味わい体験館」の間にトイレ棟があります。広くて設備が新しい障害者用トイレがあります。

 

○施設間は屋根無し

屋内施設ですが、駐車場から各施設へ移動する間、屋根はありません。雨天は濡れます。

 

 

銚子ヤマサ醤油工場の「しょうゆ味わい体験館」は車椅子で利用できます。映画ホールと工場ショップもバリアフリーです。