赤坂サカス・Bizタワー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都港区にあるTBS「赤坂サカス」は、傾斜地にありますが車椅子で利用出来る施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

TBS「赤坂サカス」

○施設の全体概要

メインの商業施設は「赤坂Bizタワー」のB1から2Fの3フロアです。

その並びにはTBSストアなどが入る別棟があります。

TBS放送センター前に広がる広場は「Sakasu広場」。その横には入場無料の「TBSギャラリー」があります。

文化施設としては2つのホール「TBS赤坂ACTシアター」と「マイナビBLITZ赤坂」があり、エンターテイメントや音楽イベントが開催されます。

TBS「赤坂サカス」

○車椅子でのアクセス

千代田線赤坂駅と直結しています。改札から出ると右側にエレベーターがあり、B1と1Fで赤坂Bizタワーに連絡します。

千代田線赤坂駅

千代田線赤坂駅

赤坂Bizタワーに有料の地下駐車場があります。障害者用駐車区画はB3に1台分を用意。駐車料金の障害者減免制度はありません。施設の利用による駐車料金サービスはあります。

赤坂Bizタワーに有料の地下駐車場

赤坂Bizタワーに有料の地下駐車場

○赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

2008年に開業した施設です。基本的なバリアフリー要件は満たしています。

赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

フロア内はフラット構造で、上下階移動はエレベーターで可能。障害者用トイレはB1から2Fまで各階にあります。

赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

別棟との間の空間は「仲通り」で、フラットな舗装路面です。

赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

飲食店や物販店、サービス店が45店舗入ります。B1の飲食店の中には、店内が狭く車椅子での利用が不向きな店舗もあります。全体としては、車椅子で利用出来るお店が多数です。

赤坂Bizタワーのバリアフリー状況

○Sakasu広場とTBSギャラリーのバリアフリー状況

Sakasu広場とその周辺はフラットで、車椅子で移動できます。

Sakasu広場とその周辺

TBSギャラリーの出入口は小さな段差がある構造ですが、気をつけて移動すれば、車椅子での通行は可能です。

TBSギャラリー

TBSギャラリー

TBSギャラリー内はフラットな構造です。障害者用トイレもあります。

TBSギャラリー

○Sakasu坂の回避方法

赤坂サカス内にある急坂道は「Sakasu坂」。Sakasu広場の横から「TBS赤坂ACTシアター」横までの傾斜路です。坂の横は階段路があります。

Sakasu坂

TBS赤坂ACTシアター

坂の上は赤坂Bizタワーの2Fから横移動で進めます。エレベーターで2Fへ上り、2F出入口から移動するのが便利です。「赤坂アプローズスクエア迎賓館」は、この高さにあります。

赤坂アプローズスクエア迎賓館

周辺はアップダウンが多い地形ですが、赤坂サカスは車椅子で利用しやすいバリアフリー施設です。

伝統工芸 青山スクエア 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都港区、青山通りに沿いにある「伝統工芸 青山スクエア」は、日本各地の伝統的工芸品を展示販売する施設です。車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

伝統工芸 青山スクエア 

○施設の概要

1974年に制定された「伝産法」に基づき、経産省指定の伝統的工芸品232品目を展示販売する施設です。

運営は一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会で、商品は定期的に入れ替わり、常時130品目、3,500品程度が展示販売されています。

池袋メトロポリタンプラザにあった「全国伝統的工芸品センター」が前身で、この青山の地に移転したのが2012年です。

伝統工芸 青山スクエア 

○アクセスの状況

来場者用の駐車場はありません。

青山一丁目駅から徒歩3分の案内です。青山方面からアクセスすると、アップダウンの少ないルートです。赤坂方面からは、坂道を上ります。

エントランスに段差があります。段差解消箇所は正面からみて左側です。

伝統工芸 青山スクエア 

○店内のバリアフリー状況

出入口のドアは自動ドアです。店内はフラットで段差はありません。

実用的な工芸品が並ぶ「常設展示」。その時々で企画される「特別展示」。実演で職人の熟練の技を見る「匠コーナー」などがあります。

店内の通路は車椅子で移動出来る幅が確保されています。車椅子で利用できないコーナーはありません。

トイレはビル供用で、障害者用トイレはありません。

青山通りに沿いにある「伝統工芸 青山スクエア」

青山通りに沿いにある「伝統工芸 青山スクエア」

○展示販売の様子

「全国各地の伝統的工芸品が一堂に集まる日本唯一のギャラリー&ショップ」です。

販売される商品は、高額の逸品から百円単位の商品まであります。買わずに見るだけでも問題はありません。

買い物をする場合は、友の会への入会が検討事項です。入会金・年会費は無料。ポイントは5%の還元率。次回の利用から1ポイント1円で使用できます。年間10万円以上の利用でプラチナ会員になると、ポイントが10%になります。

全国各地の伝統的工芸品が一堂に集まる日本唯一のギャラリー&ショップ

伝統工芸 青山スクエアは、障害者用トイレはありませんが、車椅子で利用出来る施設です。

お台場 パレットタウン 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都江東区青海、お台場の「パレットタウン」は、車椅子で利用出来る施設です。ただし注意すべき点もあります。車椅子での利用に役立つ現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年8月の取材に基づいています。

○palette town(パレットタウン)の5つの施設

現在5つの施設が営業しています。

商業施設の「Venus Fort(ヴィーナスフォート)」。トヨタのショールーム「MEGA WEB(メガ・ウェッブ)」。「大観覧車」。ライブホール「Zepp Tokyo」。そして「team Lab(チームラボ)」。

各施設別に車椅子での利用に役立つ情報を紹介します。

palette town(パレットタウン)の5つの施設

○Venus Fortのバリアフリー状況

3フロア構造の物販とグルメの商業施設です。改修が進み、施設全体に車椅子利用上の大きな問題はありません。

障害者用トイレは各フロアに用意されています。上下階移動はエレベーターがあります。

2Fの「Venus GRAND」フロアは、石畳をイメージした小さなデコボコがある床面です。車椅子で移動すると、ゴツゴツと小さな衝撃がきます。

Venus Fortのバリアフリー状況

○MEGA WEBのバリアフリー状況

MEGA WEBは3つの施設から構成されます。

「Venus Fort」の2Fにある「ヒストリックガレージ」は、往年の名車の展示などがある無料施設です。2フロア構成で施設内に専用エレベーターがあります。障害者用トイレの用意もあります。全ての展示は車椅子で見学が可能です。

ヒストリックガレージ

メイン施設の「トヨタシティショーケース」は、2フロア構成のショールームと有料で試乗が出来る「ライドワン」があります。エレベーターは1基あり車椅子で上下階移動が出来ます。障害者用トイレは1Fにあります。「ライドワン」での福祉車両「ウエルキャブ」の試乗は、無料で出来ます。

トヨタシティショーケース

子供向けの試乗施設「ライドスタジオ」には、足の不自由な人でも手で運転ができる「カマッテ」が導入されています。小学生3年生以上が試乗できます。試乗には障害者手帳の提示が必要で、試乗料金は100円、15分間の試乗です。

MEGA WEBのバリアフリー状況

○大観覧車のバリアフリー状況

大観覧車のゴンドラ64台の内2台が車椅子仕様です。車椅子で乗降する場合は、大観覧車を停止して乗降します。

車椅子で利用する場合は介助者が必要とされます。本人の利用料は減免されませんが、介助者の利用料金は無料に減免されます。

大観覧車のバリアフリー状況

○Zepp Tokyoのバリアフリー状況

車椅子で会場内に入ることが出来ます。また障害者用トイレは用意されています。

これまでの情報によると、ほとんどの場合、最前列などが車椅子用のスペースとして用意されています。

会場内の状況はそのライブ次第なので、詳しくは主催者側に個別に照会してください。

Zepp Tokyoのバリアフリー状況

○team Labのバリアフリー状況

現在のところチームラボは電動車椅子での入場は不可です。貸出する車椅子に乗り換えます。

また観覧料は障害者手帳の提示で本人が無料に減免されます。そのため、混雑時に予約がなくても障害者は入場可能です。

以上の2点は、その是非が問題になっているので、今後運用ルールが変わるかもしれません。

また車椅子ではアスレチックエリアなど、一部のエリアは鑑賞できません。これは施設の構造的な問題です。

施設内に障害者用トイレはあります。

演出上、大きな音やフラッシュ光があります。そういう刺激に問題のある方は、注意して下さい。

お台場 パレットタウン 

○徒歩でのアクセス上の注意点

北側の東京テレポート駅方面から徒歩でアクセスする場合は、連絡ブリッジはありません。メインエントランスは2Fです。エスカレーターの横にあるエレベーターを利用します。

徒歩でのアクセス上の注意点

センタープロムナードからアクセスする場合は「スパイラルウォーク」で直結します。「Venus Fort」の2Fにある「ヒストリックガレージ」の横につながります。車椅子での移動が出来るフラットルートです。

スパイラルウォーク

スパイラルウォーク

スパイラルウォーク

南側の青海駅方面から徒歩でアクセスする場合は、横断歩道で道路を渡り2か所ある「エレベーター入口」から入館し、エレベーターで2Fへ移動します。直接「Venus Fort」1Fへ行くことはできません。

 

○駐車場の注意点

駐車場は2か所あります。

一つは「Venus Fort」の屋上。もう一つは「team Lab」の下の1Fと2F部です。それぞれ入口が異なる、横移動はできない別の駐車場です。

どちらの駐車場にも障害者用駐車区画の用意があります。

どちらの駐車場も「Venus Fort」の施設利用金額に応じた駐車料金の減免サービスがあります。「Venus Fort」以外の施設の利用での減免サービスはありません。

雨天の場合は、「Venus Fort」の屋上駐車場には、屋根は全くありません。「team Lab」の下の駐車場から他の施設に移動する間に、屋根のない区間があります。

駐車場は2か所あります。

お台場の「パレットタウン」は、各施設にそれぞれの車椅子への配慮があります。