塩竃市魚市場・塩釜海の駅 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

2017年に南棟が完成した「塩竃市魚市場」は、セリの見学コースの他に、「展望デッキ」「おさかなミュージアム」「塩釜海の駅」がある、一般客が利用できる観光施設です。新しい施設ですからバリアフリー。車椅子で快適に利用できます。魚市場で一般開放されているエリアの状況を紹介します。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

○一般来場者用の有料駐車場を利用

アクセスは車が便利です。市場の正面に来場者用の有料駐車場があり、障害者用駐車区画が屋根なしで2台分用意されています。

駐車料金は取材時点で、1時間まで無料、以後1時間毎に100円です。「塩釜海の駅」で買い物や食事をした場合、その時点で入庫後1時間を超過していると1時間分のサービス券を発行していただけます。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

○車椅子で中央棟の1Fへ移動

一般来場者は駐車場の横の陸橋に階段で上がり、中央棟の2Fへアクセスします。車椅子利用者は、駐車場からそのまま地上路で中央棟の1Fへ移動して下さい。津波到達地点の表示の横を通り1Fに入ります。そこに2Fへ上がるエレベーターがあります。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

○塩釜海の駅のバリアフリー状況

中央棟2Fは「塩釜海の駅」です。海産物のショップと食事処があり、どちらもフラットでスペースに余裕があり、車椅子で利用できます。

ショップでは「生まぐろ」から各種冷凍モノ、加工品、乾物などが魅力的な値段で並びます。

食事処は食券制のセルフサービス。美味しいものを安くお得に味わえると人気です。一番人気は「船盛セット」という案内です。

中央棟の1Fと2Fのそれぞれに障害者用トイレが1つ用意されています。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

○おさかなミュージアムのバリアフリー状況

中央棟2Fから連絡デッキで南棟2Fへ移動します。南棟の1Fは魚市場の中心、セリなどが行われる広いスペースです。そのスペースの上に「おさかなミュージアム」があります。広くて大きな無料のバリアフリーミュージアムです。障害者用トイレもあります。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

大きく3つのコーナーに区分して、塩竃の漁業の歴史や魚の魅力を紹介しています。記念撮影用企画展示や観光情報提供もある、とても立派なミュージアムです。また2Fには1Fの魚市場を見学する窓が各所に用意されています。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

○展望デッキのバリアフリー状況

「おさかなミュージアム」の外側が広大な展望デッキです。段差箇所にはスロープがあり、デッキの全域を車椅子で散策できます。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

室内からデッキにでる箇所は2ヵ所のドアを通ります。一枚目は自動ドアですが、外に出る2枚目のドアは手動ドアです。ここだけは介助者がいると助かる構造です。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

広大なデッキからは塩竃の港のすべてと、松島湾の入口付近を眺望します。

塩竃市魚市場・塩釜海の駅

塩竃市魚市場の一般開放エリアは、新しい施設だけにバリアフリーで、かつ三密リスクは低い状況です。ショップ、食事処、ミュージアム、展望デッキ、いずれも利用する価値があります。車椅子利用者の観光先にお薦めします。

(本稿は2020年9月に執筆しました)