大洗シーサイドステーション 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

大洗シーサイドステーション 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

茨城県大洗町の商業施設「大洗シーサイドステーション」は、大洗港に面した大型商業施設です。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

大洗シーサイドステーション

「大洗リゾートアウトレット」が2018年に「大洗シーサイドステーション」に変りました。

大型の独立店舗はスーパーの「セイミヤ」とドラッグの「カワチ薬品」。そして旧アウトレットだった2フロア構造の施設内に25店舗ほどが入ります。取材時の状況では、空きテナント区画が複数ありました。

大洗シーサイドステーション

アクセスは車が便利です。300台超を収容する無料駐車場があります。身障者用駐車区画はカワチ薬品店舗前付近を中心に整備されています。

旧アウトレット施設のバリアフリー状況です。バリアフリートイレは1Fと2Fに計4か所用意されています。今回確認できた限り、設備更新されてウォシュレット付きになっています。

大洗シーサイドステーション 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1Fと2Fをつなぐエレベーターは1カ所1基のみです。

大洗シーサイドステーション 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1F、2Fとも、フロア内は基本的にはフラット構造で、車椅子での移動は可能です。

1F「大洗まいわい市場」への駐車場側の出入口は、手動ドアしかありません。

大洗シーサイドステーション

グルメ店は、旧アウトレット施設2Fの一角に、連なって4店舗が営業しています。見る限りどの店舗も、段差の無い床にテーブル席があるので、使いやすい席が選べれば車椅子での利用は可能です。

大洗シーサイドステーション 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「マリンタワー」と「わくわく科学館」に挟まれた大洗港に隣接した立地です。旧アウトレット施設の2Fからは、海が眺望できます。

大洗シーサイドステーション

大洗シーサイドステーションは、車椅子で利用できる施設です。

大洗町にある「幕末と明治の博物館」を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2020年1月の取材に基づいています)