間宮林蔵記念館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

間宮林蔵記念館

林蔵の出生地である茨城県つくばみらい市にある施設です。復元移築された生家と平屋構造の記念館があります。

間宮林蔵記念館

アクセスは車が便利です。来館者用の広い無料駐車場があります。障害者用駐車区画の設定はありません。乗降しやすい場所に駐車してください。

間宮林蔵記念館

駐車場から記念館まで約50mです。舗装路を移動します。

間宮林蔵記念館

記念館の入口、手前側にあるのが生家です。間宮林蔵は1780年にこの家に生まれ、16歳頃までここで暮らしました。生家の周囲は砂利路面なので、車椅子では記念館のアプローチからの見学になります。

間宮林蔵記念館

記念館へのアプローチは、中央部がデコボコ解消されています。館の出入口のドアは手動ドアです。

間宮林蔵記念館

館内に入るとすぐに受付があります。間宮林蔵記念館の観覧料は、障害者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して減免措置を受けてください。

館内に障害者用トイレがあります。個室は一般的なサイズでウォシュレット付きのトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

館内はワンフロアでフラット構造、展示スペースは余裕がある広さです。車椅子で問題なく観覧できます。

展示室の最初のコーナーは、間宮林蔵の人生と仕事を紹介する9分間の映像コンテンツです。ビジョンの前に可動椅子が置かれている部屋で、適当な場所から車椅子で鑑賞可能です。

次の展示室は、樺太の地図などメインの資料が展示されています。最後がギャラリーで、林蔵をめぐる人々をテーマに、伊能忠敬などを肖像画やパネルで紹介解説します。

間宮林蔵記念館

この地は当時「常陸国筑波郡上平柳村」。林蔵は理数系に強く、幼少の頃から神童と呼ばれていたそうです。そして将来を嘱望されて、16歳ごろに出仕し、役人の従者として20歳で初めて蝦夷地に渡りました。間宮海峡で知られる樺太調査を完成させたのは、43歳の時です。

間宮林蔵記念館

間宮林蔵記念館は、その偉業と幼少の頃からの林蔵を知ることができる施設です。車椅子で問題なく観覧できます。

(本稿は2020年9月に執筆しました)