茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺バリアフリー情報

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺バリアフリー情報

創建は745年。平清盛の長男、重盛が眠る古寺です。また小松寺は、枝垂れ桜の古木が何本もある桜の名所として人気です。それでも、人混みが気になるほどの混雑には滅多になりません。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

とても静かな趣のあるお寺で、基本的にはバリアフリーではありません。車椅子でお参りをして確認した、現地の状況を紹介します。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

〇駐車場は参道の上

アクセスは車が便利です。県道に面して始まる参道は階段です。県道沿いに最初の枝垂れ桜があります。とても趣のある階段参道ですが、車椅子利用者は坂の上の駐車場を目指してください。10台強を収容する参拝者用駐車場があります。

駐車場から境内へは、あまり高低差がなく、車椅子で移動できる路面です。境内には巨大な枝垂れ桜の古木が二本あります。樹齢は約100年と伝えられます。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

〇枝垂れ桜の由来

桜ファンの間にでは有名な銘木です。駐車場から移動してすぐの場所にあるので、車椅子で鑑賞できます。

水戸光圀公お手植えの枝垂れ桜の二代目です。初代は元禄六年に植えられた記録があるそうです。

とても重みのある古木で、一本桜としての風格があります。ソメイヨシノよりもやや早い時期に開花します。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

〇境内のバリアフリー状況

枝垂れ桜の横を通過して本堂の前、そして観音堂の前までは、舗装路を通り移動できます。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

ただし本堂、観音堂とも、堂に上がるには階段がある構造です。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

階段参道の先にある唐門は、境内側から鑑賞できます。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

平重盛公の墓は、階段路の上なので車椅子ではお参りできません。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

城里町の小松寺は、車でアクセスすれば車椅子で枝垂れ桜を楽しめます。境内は部分的ではありますが、車椅子でお参りが出来ます。

(本稿は2020年4月に執筆しました)