葛飾区郷土と天文の博物館 車椅子からみたバリアフリー情報

葛飾区郷土と天文の博物館 車椅子からみたバリアフリー情報

東京都葛飾区の「葛飾区郷土と天文の博物館」は、車椅子利用者への配慮がある大型の施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年8月の取材に基づいています。

 

○施設の概要

市区町村の博物館としては大規模な施設です。

2Fが「郷土のフロア」で、葛飾区の歴史民俗資料館的な常設展示があります。他に特別企画展示室があります。

5Fに「天体観測室」とホールがあり、3Fは常設の「天文展示室」と「プラネタリウム」があります。

博物館としては大規模な施設

○アクセス方法

お花茶屋駅から徒歩8分の案内です。

収容が15台の来館者用の無料駐車場があり、身体障害者の利用に限り予約が出来ます。博物館に電話を入れ、来館日時、氏名、車種などを連絡してください。原則、予約は1台のみ受け付けるそうです。現地で駐車場スタッフに予約者であることを申告すると、駐車スペースに誘導していただけました。

駐車場内には障害者用駐車区画が1台分ありますが、やや駐車が難しい場所にあります。今回取材時は、一般駐車区画の右端のスペースが、車椅子利用者予約用として確保されていました。

 

○障害者減免制度あり

博物館は有料の施設です。常設展とプラネタリウムは別料金になります。

障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者2名までの入館料および観覧料が無料に減免されます。ただしコンサートなど特別なイベントはその企画次第です。

1Fの受付で障害者手帳を提示して入館手続きを行ってください。無料券を発券していただく運用です。

障害者減免制度あり

○館内のバリアフリー状況

博物館のエントランスから館内入口まではフラットで自動ドア。車椅子での利用に問題はありません。

館内のバリアフリー状況

障害者用トイレは1Fと2Fにあります。大型のベッドはありません。赤ちゃん用のベビーシートやベビーベッドは用意されます。

障害者用トイレは1Fと2Fにあります

エレベーターは1基。各フロア内はほぼフラット構造で、段差箇所には迂回スロープが用意されます。

エレベーターは1基

3Fのエレベーターホールに、数種類の望遠鏡を実際に覗き見るコーナーがあります。ここだけは2段上る構造で、車椅子では利用できません。

 

○展示のバリアフリー状況

2Fの「郷土のフロア」は、「かつしかと水」「かつしかのあゆみ」そして「かつしかのくらし」の3パートで構成されます。

展示のバリアフリー状況

展示のバリアフリー状況この内「かつしかと水」「かつしかのあゆみ」は、フラットでスペースに余裕があり車椅子で問題なく見学できます。また段差箇所には迂回スロープがあります。

段差箇所には迂回スロープがあります

フラットでスペースに余裕があり車椅子で問題なく見学できます

「かつしかのくらし」コーナーは、昔の家屋の再現展示などがあり、一部車椅子では見学ができない箇所があります。このコーナーは2019年10月から閉鎖されてバリアフリーに改修される予定です。リニューアルオープンは2020年7月の予定です。

かつしかのくらし」コーナーは、昔の家屋の再現展示

3Fの「天文展示室」は、2018年6月にリニューアルオープン。前出の「望遠鏡コーナー」以外は車椅子で見学できます。今の太陽を観察できるコーナーもあり、天文展示室の内容は大人も楽しめるレベルです。

3Fの「天文展示室」は、2018年6月にリニューアルオープン

○プラネタリウムのバリアフリー状況

3Fのプラネタリウムも、2018年6月にリニューアルオープンしました。座席を外した車椅子用のスペースが、館内最前列に用意されています。

 

「葛飾区郷土と天文の博物館」は、3Fの改修が2018年に完了しました。2020年には2Fの改修が完成し、更にバリアフリーレベルが上る予定です。