群馬の大古墳 かみつけの里博物館 車椅子観覧バリアフリー情報

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

群馬県高崎市にある施設です。古墳時代の5世紀に、群馬県地域は「上毛野(かみつけの)」と呼ばれていました。榛名山の噴火で埋没した、古代の王の世界を解説する博物館です。開館は1998年ですが、改修されて車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

○障害者用駐車区画の場所

アクセスは車が便利です。広大な「上毛野はにわの里公園」にある施設で、博物館の前に広い駐車場があります。

障害者用駐車区画が屋根なしで2台分用意されています。直感的には博物館エントランスの近くにありそうに思えますが、エントランスに続く長いアプローチの先にあります。

横幅は十分に余裕がある駐車スペースです。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

○エントランス周辺のバリアフリー状況

アプローチから全く段差なくエントランスに入ります。出入口は自動ドアです。

館内に入ると左側にロッカー、そして右側に展示があります。今回取材時は、古墳時代の馬の等身大パネルと馬のはにわがあり、古代の馬は小さかった、という解説がありました。

エントランスから受付まで、車椅子で問題なく移動できます。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

○障害者減免制度あり

「かみつけの里博物館」の入館料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。受付で手帳を提示して減免措置を受けてください。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

○障害者用トイレの状況

トイレはエントランスホールの横にあります。障害者用トイレは1室。ユニバーサルベッドはありませんが、スペースは余裕があります。設備はウォシュレット付きです。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

○エントランスホールの展示

広くてフラットなエントランスホールには、ミュージアムショップがあります。また「王の石棺」の復元模型が展示されています。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

窓越しに見える中庭には多数の「はにわ」が展示され、目を楽しませてくれます。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

○展示室のバリアフリー状況

展示室は1室で9つのコーナーがあります。室内はフラットな構造で、すべての展示を車椅子でみることが出来ます。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

新幹線の建設工事を契機に、遺跡の大規模な発掘調査が行われたそうです。これまでの調査で、王の館、古墳、水田や畑、人々が暮らした村など、当時の社会要素のほとんどが発見されています。展示では、東アジアの中での群馬の王のポジションなどが解説されます。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

○周囲にある3つの大古墳

5世紀から6世紀にかけて築かれた、3つの前方後円墳がある公園です。写真は「八幡塚古墳」で、車椅子では無理ですが、古墳の上まで上がることができます。

群馬の大古墳 かみつけの里博物館

テーマは「よみがえる5世紀の世界」。「かみつけの里博物館」は、群馬に実在した古代の王の世界を知ることができる、バリアフリー施設です。

(本稿は2020年11月に執筆しました)