東京の梅林 池上梅園 車椅子観梅ガイド バリアフリー情報

東京の梅林 池上梅園 車椅子観梅ガイド バリアフリー情報

東京都大田区の池上梅園は、丘陵斜面がある梅林です。傾斜面を上る散策路は階段ですが、正面入口から続く散策路は車椅子で移動できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2020年2月の取材に基づいています。

池上梅園 車椅子観梅ガイド 

○車椅子でのアクセス

西馬込駅から徒歩10分、池上駅からは徒歩20分の案内です。

コインパーキング仕様の来園者用有料駐車場があり、障害者用駐車区画が1台分用意されています。ただし梅の見頃の季節は臨時駐輪場になるため、駐車場の利用は制限されます。

池上梅園 車椅子観梅ガイド 

○梅園出入口の状況

車椅子利用者のために配慮がある梅園です。梅園の正面入口は車椅子で通行可能ですが、50cm幅の小さなデコボコがある石畳があります。この箇所を避けるために、車椅子用のスロープ入口が用意されています。

池上梅園 車椅子観梅ガイド 

池上梅園 車椅子観梅ガイド 

梅園の入口左側に管理棟があり、受付があります。池上梅園は有料の施設ですが、障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入場料が無料に減免されます。受付で手帳を提示して減免措置を受けます。

東京の梅林 池上梅園

○園内のバリアフリー状況

入口からみて正面が斜面の梅林で、右側にフラットな散策路が伸びます。斜面の路は階段で車椅子では通行できません。

東京の梅林 池上梅園

東京の梅林 池上梅園

斜面の梅林は下から見上げても十分に見応えがあります。またフラットな箇所にも梅が植栽され、その間を散策する路は木製デッキで、車椅子で問題なく通行できます。

池上梅園 車椅子観梅ガイド 

東京の梅林 池上梅園

フラット通路を進むと、独立棟の障害者用トイレがあります。広くて綺麗なトイレで、オストメイト付きです。ユニバーサルベッドはありません。

東京の梅林 池上梅園

更に進むと茶室が2棟、和室が1棟あります。この周辺の通路は、段差箇所には段差回避スロープがあります。和室棟の前庭を通過する路はデコボコで、車椅子では通行できません。車椅子での和室棟への出入口は通用口が指定されています。

池上梅園 車椅子観梅ガイド 

東京の梅林 池上梅園

東京の梅林 池上梅園

東京の梅林 池上梅園

○梅の状況

池上梅園には約30種類370本の梅が植栽されています。開花の時期は1月上旬のロウバイから3月上旬ごろまで。2か月間ほど観梅が楽しめます。

池上梅園 車椅子観梅ガイド 

梅の他に、ボタンが50本、ツツジが800株、秋には菊花展示会が開催されます。

池上梅園は車椅子利用者への配慮がある、バリアフリーに改修された梅林です。