天橋立四大観 車で行ける大内峠一字観公園 車椅子バリアフリー情報

天橋立四大観 車で行ける大内峠一字観公園

日本三景「天橋立」は、四方向から望むことが出来ます。

天橋立四大観のバリアフリー概況です。

 

天橋立が天に舞う龍に見える「飛龍観」は「天橋立ビューランド」からの眺め。車椅子で行くことができます。スロープ、エレベーター、そしてモノレールを利用して上る、有料遊園地の中にあるビューポイントです。

天橋立四大観

傘松公園からは「斜め一文字」。ここも車椅子で行けますが、ケーブルカーを利用します。

天橋立四大観

「雪舟観」は階段を登る山の上なので、車椅子では困難です。

 

そして「大内峠一字観公園」から望めるのは「一字観」。天橋立が横一文字に見える眺望ポイントです。ここへは、モノレールやケーブルカーを利用することなく、車だけで行くことができます。

車椅子利用者にとって、もっとも簡単にアクセスできる天橋立四大観は、「大内峠一字観公園」から望めるのは「一字観」です。

以下、2016年9月の取材に基づいて、大内峠一字観公園のバリアフリー状況を紹介します。

大内峠一字観公園

「大内峠一字観公園」は、パノラマコテージ、キャンプ施設がある公園です。

ただし天橋立ビューのパノラマコテージは、階段があるので車椅子での利用は難しい構造です。

コテージやキャンプ施設を利用しなければ、公園の利用は無料です。

駐車場の近くにあるトイレ棟には、障害者用トイレがあります。

 

「大内峠一字観公園」は高台にある公園です。ここに至る道路は上り坂で、舗装路ですが、ところどころ道幅がかなり狭い区間があります。特に天橋立方面からのアクセス路は狭い箇所があるので、注意して運転してください。

 

公園の駐車場には障害者用駐車区画はありません。

駐車場の横に公園管理棟があり、そのすぐ横の場所から「一字観」を望むことができます。

更に先に行くと展望台がありますが、そこまではデコボコがある未舗装ルートです。無理をすれば車椅子で行けないことはありませんが、駐車場の横の場所から見ても、それほど景観は変わりません。

「一字観」は横一文字に見えるポイント、天橋立を正面の高台から見ている位置になります。

 

天橋立四大観の中で、一般的な知名度は高くない「一字観」ですが、車でアクセスするなら、もっとも簡単に車椅子で行くことが出来ます。