森の中の水族館。山梨県立富士湧水の里水族館 バリアフリー情報 

森の中の水族館。山梨県立富士湧水の里水族館 バリアフリー情報

山梨県忍野村の「富士湧水の里水族館」は、車椅子で淡水魚を鑑賞できる森の中の水族館です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年12月、エントランス周辺の改修工事中の取材に基づいています。

 

水槽の水は富士の湧水

「さかな公園」の中にある有料施設。別称は「森の中の水族館」。淡水魚専門の小さな水族館です。

「富士湧水の里水族館」の水槽に使用されている水は、富士の湧水で透明度の高さが自慢です。

山梨県立富士湧水の里水族館

取材時は、キングサーモンとニジマスを掛け合わせた山梨県の新しいブランド魚「富士の介」の展示が行われていました。丸々と太った、とても立派な新種です。

 

2か所の障害者用駐車スペース

「さかな公園」エリアの道を挟んだ反対側が駐車場で、障害者用駐車区画があります。

また施設側のエントランス脇にも障害者専用駐車スペースがあります。どちらも屋根はありません。

少しでも移動距離を短くしたい方は、エントランス脇の駐車スペースを狙ってください。駐車料金は無料です。

入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

エントランスから館内のバリアフリーレベルは、ギリギリなんとかなるレベルです。全般的に狭く、特に受付から水槽ゾーンに下りるスロープは傾斜が強い。

エントランス近くにある障害者用トイレは、やや狭い旧型タイプです。

山梨県立富士湧水の里水族館

魚はアップで鑑賞可

スペースは狭いのですが、水槽の鑑賞はアップで楽しめます。

1Fの鑑賞エリアは中央部に回遊水槽、周辺部にも複数の水槽を配置。いずれも車椅子から淡水魚たちを鑑賞できます。魚との距離が近い水族館です。

希少魚の「イトウ」など、淡水魚を鑑賞できます。

 

エレベーターで2F

健常者は回遊水槽の脇の階段を利用して2Fへ上がります。この階段が鑑賞ポイントの一つですが、車椅子利用者はエレベーターを利用してください。

山梨県立富士湧水の里水族館

2Fは回遊水槽の上。水槽の上部を横断する通路は車椅子でも通行可能です。真上から回遊水槽を鑑賞できます。

2Fには各種の企画展示とシアターホールがあります。シアターホールは車椅子での利用は可。最前列で映像を楽しめます。

山梨県立富士湧水の里水族館

「富士湧水の里水族館」の館内は、スペースの余裕があまりありません。したがって混雑すると車椅子は苦戦します。車椅子では、なるべく空き日を狙って利用してください。